和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

レナ死亡

レナも死なせてしまった。

金魚をしっかり観察して、面倒くさがらずに水換えをしっかり行い、病魚発生時にはしっかり養生させないといけない。

カラスの件もそうだが、手を抜いたのは間違いない。面倒に成り、手に負えなく成って来ているのかもしれないな。
2013-05-23 : レナ(故らん) :
Pagetop

浜男死亡

5月半ば、急に暑い日が2日続き、その後の雨で気温が下がり、その2日後に、FRPジャンボで大量死が有った。その中に浜男も入ってしまった。

私の飼うらんちゅうでは、松と共に、最も大きく、立派ならんちゅうだった。浜男並みのらんちゅうを手に入れるには、結構な出費が掛かるだろう。当歳から育てるのもなかなか大変だ。

やっぱり、高価な金魚を飼うには、時間的に余裕が有り、集中して管理が出来る人間が行うべきで、私の様な若輩者には、ちょっと無理なのかもしれない。やりたいことが沢山有って、金魚にばかり時間を割いて居られないのでね。

新たにらんちゅうを仕入れるのは、来年以降かなと。
和金を減らさないといけないし。
2013-05-23 : 浜男&松(らん) :
Pagetop

大量死

先週、FRPジャンボで、らんちゅう、桜錦が15匹ほど死んでしまった。

らんちゅうでは、松、レナ、大吉、桜錦では、ノンなど。あとは誉の仔や松の仔。今思えば、さくらが死んだときに、既に病気が拡がっていたようで、薬浴が1日だけでは足りなかったようだ。

大量死後、薬浴を2日行い、水を全て換えたが、まだ、完治していない個体も居るようだ。更に薬浴を行うかは、今後の魚達の調子を見た上だ。

外から魚体を見て充血している場合はすぐ分かるが、体の内側で細菌が増殖している事も多いようだ。この場合、ちょっと見ただけでは分かりにくい。まぁ、毎日しっかり観察していれば分かるんだろうけど、私の場合、そうでも無いからね。

親と成るらんちゅうが居なく成ってしまったな。松ももう年だし、ジュンはイマイチだし、オス親がカジオさんだけだからなぁ。今後数年は、桜錦に専念しようかなぁとか考えたり。
2013-05-23 : 飼育環境 :
Pagetop

少し大きく成った

孵化から一ヶ月ぐらいだったか、桜錦の仔達とらんちゅうの仔がほんのちょっと。300匹は居る稚魚達には、コトブキ600LOWだけでは狭く成ったので、ADA60x30x18cm水槽も使用開始。

600LOW
3daime03.jpg
200匹は居るだろう。う〜ん、分けたばかりなのに過密だな。近いうちに60cm水槽も再稼動か。ブラインシュリンプも倍増だな。
稚魚用のスポンジフィルターが小さ過ぎて、使用翌日には、テトラのブリラントスーパーフィルターへ変更している。おかげで水が澄んでいる。ブラインシュリンプ給餌時も、エアーの量は絞っていない。給餌後は仕事で出掛けるので、絞ると、帰って来るまでそのままに成ってしまうので。
それでも、水流が殆ど起きないよう、吐出口からの水の出はチョロチョロにしている。稚魚が吐出口から入らないように、吐出口は水面より上にしている。その方が水流も起きない。

ADA60cm水槽
3daime04.jpg
立ち上げたばかりなので、水が白濁している。ゴミも溜まっている。水を換えないとな。
こちらは100匹余りかな。合計で350ぐらいは居るのかなぁ。稚魚が成長するにつれ、いつも、見積り数が増えて行く。
600LOWには20度設定のヒーターが入っているが、ADAの方はヒーター無し。もう、ヒーターは要らない時期かなと。600LOWのヒーターも、近いうちに外す予定。


平日は、ブラインシュリンの給餌は、朝と夜の2回だけだ。最低でも3回は与えた方が良いのだろうが、仕方が無いね。

そろそろ、不良魚をハネる時期に来ている。毎年先延ばしにしてしまうが、いつかはやらなければ成らないんだよね。思い切って。私の場合は、和金の餌行きなんだけど。
2013-05-12 : 飼育環境 :
Pagetop

屋根

大工の真似事など殆どしたこと無いが、必要そうな材料を購入し、半日でほぼ完成。
yane.jpg

サイズは1800mmx1800mmほど。波板が3枚、角材を12本使用。あと接合金具や、防腐用水性ペンキ、モルタル20kgかな。波板が900mmx2400mmのつもりだったのだが、勘違いで、角材を切るハメに。

地面が土なので、4本の角材の土に埋まる部分には、防腐ペンキを塗り、波板が風に煽られて角材が地面から抜けないように、周りにモルタルを流し込んだ。埋め込みの深さは、屋根が高い方が25cmほど、低い方が30cmほどでしかない。屋根の高低差が5cmという事に成る。

日曜大工も殆どしたことが無いので、接合金具選びと、その取り付け位置を間違えてしまった。屋根が飛んじゃう事は無いだろうと、そのままにしちゃったけど。

教訓としては、角材は少し長めに、はみ出すようにしないと、ビス止めした時に角材が割れやすいってことかな。まぁ、先に一度、細いビスで穴明けしておけば割れないんだろうけどね。あと、しっかりサイズを確認しながら材料を仕入れることかな。こっちは基本だけど。

1800x1800だとちょっと小さい。今のままでは、雨が多少、FRPジャンボ280とプラ舟ジャンボ180に入ってしまう。まぁ、今度の水換え時に、舟の間隔を詰めて、雨が入りにくくすればなんとか成るかなと。

強度がまだ少し足りないかもしれないので、接続金具を追加するかもしれないし、波板がバタついてしまい、波板のビス止めを追加しないといけないかもしれない。

費用は、2mの角材12本で2,000円弱、波板が、600mmx1800mmが3枚で3,000円ほど。モルタル20kgで600円、接合金具が全部で1,000円余り。ペンキが800円ほど。計7,400円ほどだ。痛い出費だ。
もう今月、余計な物をな〜んも買えないぞ。赤虫も止めて、粒餌オンリーだ。猫除け、鳥除けの金網も買えないな。カメラも買ってるし、GWでも散財したし。
2013-05-08 : 日常 :
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。