和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

エーハイム バイオパワー 2411

上部濾過器は隙間が無い。小型の外部濾過器はホースが邪魔。ということで、水中フィルターを物色し、エーハイムのバイオパワー 2411(PDF)を手に入れた。「バイオパワー」、サブストラット使用ということで、生物濾過向きのようで、SUZUKI 60x45x30の糞濾しに使うには不向きだったが、まぁ、いいやと。

濾過槽は3層。
2411_01.jpg
付属の新品サブストラットプロのレギュラーを、和金親魚の上部濾過器で使っているものと交換した。スポンジにも、少しだけ上部濾過器のウールフィルターの泥水を染み込ませた。

で、設置。
2411_02.jpg
濾過槽容積が380mlと非常に少ない。大量に糞が出る金魚には不向きだ。流量225L/h~660L/h、適応水量80L~160Lと、SUZUKI 60x45x30には、オーバースペック。

吐出口は、シャワータイプの他に、ディフューザータイプのヘッドが付属しているが、そっちの方が水流がきつくなるので、シャワータイプを使う事にした。エーハイムには、より安価で、物理濾過向きな水中フィルター、2006、2008、2010というのも有る。

まぁ、買ってしまったんだから、使うしか無いやね。濾過槽の掃除は、5日に1回ぐらいでいけるかな?写真では、最低流量にしている。最大にすると、水流もきつくなるし、水の音も大きく成る。これまで、ダブルのスポンジフィルターを2つ使っていたが、片方を、外の和金2歳のプラ舟FP-60に回した。これで、FP-60は、ダブルのスポンジフィルターが2つに成った。ちなみに、今日、昨年譲る予定だった和金を数匹譲っている。

で、水槽底面の反射がきついので、ADAの黒いスクリーンを貼付けた。濾過増強ということで、タマエ♂は、このままここに居させる事にした。
2011-06-12 : 飼育環境 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。