和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ひまわり準備

今日は、室内のコトブキ600LOW水槽、ADA60cm水槽、トロ舟40と、外のトロ舟G-100の水換え。昨日、和金親魚の90cm水槽で産卵が有り、水が汚れているが、今日も水換えパス。庭の雑草の一部を刈る時間が無くなる。水換えは明日以降。今日は、放射性セシウムが付いているだろう草を、マスクをしながらちょっとだけ刈った。庭のレイアウトも今後変更するだろうし、徐々に、考えながらという事で、取り敢えず一部だけ。

今日の買い物。ブリラントフィルターの替えスポンジとひまわりの種。他に、観葉植物用の培養土を10kg買っている。
shopping7.jpg
日当りがいい場所でスポンジフィルターを使うと、苔が付いてドロドロして目詰まり感がひどい。スポンジ自体も傷みやすい。この2つはトロ舟G-100用で、ダブルで使っているので、片方ずつ、1週間、間を空けて取り替える予定。
ひまわりの種は、庭の土の放射性物質を吸収させる為だが、ここ数年、育ててみたいとも思っていた。セシウム除去には、今すぐ庭の表土を廃棄するのが手っ取り早いが、濃度も分からないし、土を捨てるなんてのは、農家だとしても、今の東京ではちと過剰だろう。捨てるとしても、庭だけで済まなく成るので無理だし。

取り敢えず、オレンジの「ビンセント クリアオレンジ」だけを発芽させる。
himawari01.jpg
種が青いが、食用には成らないよ、ということで着色されているんだろうなと。メチレンブルーの青みたいなもんか?
袋には、発芽率75%以上と書かれている。12個ぐらいは発芽するのかなと。
種の背に、カッターで縦に傷を入れ、芽が出やすくしてから水に浸ける。ひまわりの場合どっちが背かよく分からないので適当なんだけど。朝顔の場合、夕方に水に浸ければ、次の日には芽が出る。通常、夜に芽が出るものなのかは知らないが、種は、夕方に水に浸けるのがいいそうだ。

こっちは朝顔。4年前から育てているが、3年前から、毎年この時季に種を発芽させている。
asagao1.jpg
こっちも、種の背にカッターで傷を入れ、発芽しやすくしている。開花すれば、自家産4代目に成るが、何代も同じ種から育てるのは良く無いそうなので、一度、別の種を買って来て、掛け合わされるようにしている。来年また、別の種を買って来て、遺伝子が混ざるようにする予定。人工受粉を行ってるわけじゃ無いんだけど。

朝顔は鉢植えだし、ひまわりも大きな花を付けさせたいので、セシウムを吸収させたいと言っても、庭の土だけで育てるわけではない。培養土も必要だ。趣味で庭の土のセシウムが減るなら、一石二鳥だ。
今日刈った草は、しばらく放置して枯らせてから、ゴミに出す予定。放射性セシウムを被ってるとすると、ゴミ焼却場の煙突から放射性セシウムをばらまいちゃうのかもしれないので、もしかしから穴掘って埋めるかもしれないが、たぶんゴミ出しかな。そこは焼却場でなんとかすべきなんじゃないのかなぁと。焼却場の排煙処理方法が、どういう仕組みか知らないんだけど。
2011-05-15 : 日常 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。