和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

水換えで大忙し

水槽4つと火鉢で、水換えが忙しい。毎日です。200匹ぐらい居る和金稚魚達の水槽が頻繁で、水質悪化が早く、濾過装置も付いていないので、ここ数日の天気の良さも有って、青水がすぐ濃く成る。水槽ごとにその頻度と割合を書いてみます。水換えには貝沼産業の「サイホン式クリーナー フィッシュポンプDX」を使っています。

まず、室内のらんちゅう達5匹の90cmワイド。これは、3~4日に一度、1/3~50%の水換え。他に、ゴミが気になったときに、GEXのそうじやさんを使います。ですが、そうじやさんを使い、上部濾過装置をパワーアップしても、水質維持のための水換えは必要で、機械に頼って必要な水換えを怠ったら、病気が待っているだろうと思っています。それでも、濾過装置についていろいろ調べたいこの頃で、水流を押さえ、底のゴミを奇麗に掃除してくれるものないかなぁと思っています。オーバーフローはあり得ないでしょうけども。良く分からないけどね、オーバーフロー。この水槽、一時、バーッと茶苔が広がりましたが、それも今は落ち着いてます。茶苔はまだらになりました。バクテリア環境が落ち着いたのかなと。
koke_90wide1.jpg
って、汚すぎですかね。

10cm~15cmぐらいのが10匹居る、和金親魚達の、屋外の90x45x45のアクリル水槽は、良くて週に1度の1/3の水換え。2週間って感じも有り。元々私が飼い始めた和金ではないので後回し気味です。今は私が主に世話をするようになっているだけで。水量も多いし、3面苔だらけで、餌の量が少なめなので、水質的には安定している。
oyagyo1.jpg

和金稚魚軍団の2つの60cm水槽。濾過装置を付けていない屋外飼育です。青水が3日で濃く成り過ぎますので、2日に1度は50%水換えが必要のようです。実際は、毎朝、時間を取って、底の糞などのゴミを取りつつ、40%ほど水換えしています。稚魚達が大きく成って来て、冷凍ミジンコの他にテトラフィンベピーを与え始めたので、こちら2つの水槽も、茶苔がバーッと付いて来ました。水質安定の過程には必要だろうと放置していますが、やはり、前面ぐらいは、奇麗にしたいです。今日投げ込み式の濾過装置をまた試しに入れてみましたが、水流が強くてやめてしまいました。外掛け式にしたところで、底の糞などがきれいに成る訳でもないしなぁ、そうなると、今より水量が多いプラ舟にして、水質悪化のスピードを遅らせるのがいいのでしょうねぇ。って、いつまで200匹の稚魚を育てるのか、ってのもありますけど。地域の祭りに無料提供ってどうなんでしょうねぇ。まだ小さすぎなんですけどね。あと3週間は掛かるかな。それなりのサイズになるには。

屋外の火鉢の方は、水量が30Lほどと少ないし、濾過もエアレーションもしていないのと、そこに2cm~3cm弱のが30匹は居るのもあって、一番不安があるところです。餌の量も多いでしょう。これは、2~3日に一度、50%の水換えです。パッと見で、ちょっと数が多いかなと感じたら、減らして行く予定。

なんでこんな事に成ったのか。和金稚魚の誕生は予定外でしたからねぇ。卵を放っておけば、親魚達の餌に成ったでしょうから、今の忙しさは無かったでしょうねぇ。まぁ、らんちゅうの稚魚を育てる練習で始めた和金稚魚飼育ですが、そう遠く無いうちに、稚魚の数をぐっと少なくしないといけない状況です。
らんちゅう達の水槽の水も、こう頻繁に換えるように成るとは、思っても居ませんでした。
やはり、コメットを1匹だけ飼っていた時とは比べられないんですね。
2008-07-13 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。