和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

和金稚魚共食い

和金稚魚のサイズに個体差がだいぶある。共食いが有るようです。今日、見ちゃったような。素早いのでしっかりとは見ていないんですけどね。稚魚の数もな~んか減ったんじゃないかと。
そこで、大きい奴を少しずつ火鉢へ移すことにしました。

ありゃ、大きいものを移したつもりが、こちらでも個体差が。ま、いっか。比較的大きい奴って事で。今20匹ぐらいです。小さうちなら、あと10匹ぐらいいけちゃうかなと。明日また、大きめの奴を移そうと思います。

水草のマツモが邪魔になるので、和金親魚水槽、2つの和金稚魚水槽へ分けました。それでもまだ多いか?マツモの栽培は各水槽で育った分で十分でしょうから、新たにマツモ用の入れ物を用意する気は有りません。和金親魚水槽では食べられて坊主になりますが。

水槽が4つ、火鉢飼い、で作業時間が増えています。火鉢が疎かに成る予感。エアレーションしてないし。火鉢は、殆ど直射日光は当たりません。朝日がもしかしたら入るかも。稚魚達が赤く成れば、また風情が出て来るかなと。今は見にくく成るので入れていませんが、赤く成ったら底石を入れた方がいいかなぁ。火鉢は、直径45cmほど、容量的には30Lぐらいでしょうかね。エアレーションも濾過装置も無いので、5cmの金魚で3匹でしょうかね。水質管理、気をつけねば。あと猫、鳥。風流じゃなくなりますけど、フタしとかないとなぁ。まぁ、今のサイズの稚魚を爪に引っ掛けるのは、弱ってない限りほぼ不可能でしょうけど。
2008-07-05 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。