和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

さぶっ

日曜は水換えデー。和金親魚の90cm水槽以外の飼育槽の水換えを行った。にしても、やけに涼しい、と言うか、肌寒いぞと。

桜錦稚魚は、尾の開きのイマイチなもの、背が妙に高いものなどから、外のプラ舟FP-60へ半分を移した。
室内のトロ舟40には、比較的良いものを残している。50匹ぐらいかな。
sakurako45.jpg
青苔も生え始めている。マツモが足りんということで、ここでも育成。

外のFP-60
sakurako46.jpg
こっちの方が余裕が有るので、もう10匹、トロ舟40から持って来るかなと。一度、この中から15匹ほど、スボ尾を除けたが、金魚掬いなら貰ってくれるかなぁと、また舟へ戻してしまった。また考える。
成長度合いを室内組と合わせようということで、この舟には、20度設定のヒーターを入れている。ここでもマツモ育成中。

外のFRPジャンボ280。タマエ♂が写ってないが。
jumbo44.jpg
丁度いい隔離用の容器が無いので、らんちゅうを入れたまま、7割の水換えを行った。ゴミが残るし、青水が濃く成るのが早いだろう。タライとか、コンテナボックスとか、使えなくは無いが、専用容器が要るなと。
で、少し前、Michikoが、1号、トンボに追われていたが、Michikoのお腹が張った感じは見られないので、放置している。産むとしてもまだ先だろう。それより、ジュンのお腹を気にしないとね。松も、産卵が有るとしても、まだ先だろう。


和金稚魚の外のFP-60から、和金の4腹目の卵が付いていたシュロの皮を撤去。カビだらけ。新たに孵化した稚魚は見当たらない。なんでやねん。カビのせいか?舟には、一腹目の30匹余りが居るだけだが、まぁ、いっかと。
で、室内の桜錦の稚魚のトロ舟40の方が過密なので、和金稚魚と容器を入れ換えてもいいかなと。和金稚魚を室内で飼う気は無いので、トロ舟40も外へ出すことに成るが、その際、どこへ置くかだなと。FP-60を並べたいが、周辺の整理が要る。まぁ、また今度だなと。

先日買った、冷凍ブラインシュリンプだが、シュリンプが大っきいですなぁ。稚魚が食べるサイズではない。稚魚用の餌を急いで買って来ないといけないが、冷凍ベビーブラインは割高感が有るので、人工餌かなぁ。またGROW Aかも。
2010-05-30 : さくらと誉の仔 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。