和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

分けてどうだ

100匹ほどの桜錦の稚魚を、トロ舟40とADA60cmの2つの飼育槽に分けたが、1日経って亜硝酸はどうだろうとテスト。水は、それぞれ、古水1割、親達の青苔だらけの600LOWの水を1割、新水8割って感じだ。ADA60cmのみでテストは済ませた。

こんな感じ。
ttest6.jpg
取り敢えずは、毎日水換え、は、回避出来そうかな。明日赤く成っていれば、水換えしないとね。

水量30L弱、2cmほどの稚魚50匹ほどで、生物濾過が追いつくか。ダブルのスポンジフィルターのエアー吐出量は、水流があんまり無いようにチョロチョロ。餌は、普通よりは多い。普通ってどれくらいだ、ってのも有るが。

トロ舟40
sakurako36.jpg
フィルターはナノスポンジフィルターのLS30だ。

ADA60cm
sakurako37.jpg
フィルターはダブルブリラントフィルターだ。


エアーポンプが足りないので追加している。
e-air1.jpg
GEXのe-AIR 6000WB。2,500円弱で、2口。トロ舟40とADA60cmでは、スポンジフィルターとエアーストーンをそれぞれ使うので、2又分岐コックも2個購入し、2口をそれぞれ分岐させる。

サイドに吐出量調節ダイヤル
e-air2.jpg
強弱切り替え式じゃなくて良かった。

最大エアー吐出量3.5L/分という水心SSPP-2Sを使って、3つ又分岐コックを付けたりしていたが、流石に、2口の、吐出量も、水槽4ついけるぐらいのポンプが欲しいということで、2.5L/分x2のこれに。
騒音的には、まぁ、いいかなと。安いポンプだし。分岐させずに2口でOKなら、一つ下のe-AIR 4000WBが、より静かだろう。4口有るポンプやハイブローも試したいが、ちと手が出ない。

3つ又で使っていた水心SSPP-2Sを、2又でブライン湧かしにまわした。ブラインは、SSPP-3Sを2又にして、ペットボトル2本の水を撹拌させていたが、ちと非力だった。空いたSSPP-3Sを、桜錦の親達の600LOWのダブルブリラントフィルターへまわした。で、テトラのOX-45が余った。古いSSPP-7Sが、少し前にオシャカになっている。余分はOX-45だけだ。
2010-05-10 : さくらと誉の仔 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。