和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

忙しー

今日も水換えデーだ。
まず、マツモ水槽10割、和金90cm水槽5割。暖かく成ったので、和金90cm水槽のヒーターは撤去。

で、桜錦の稚魚達のADA60cm水槽は半分の水換えかな、と思ったが、最近の給餌量、特に人工餌が多く成っているので、亜硝酸がやばいか、ということで、テトラテストでチェック。ブラインシュリンプを与えていたときには、そんな心配はしなかったが、生き餌の場合どうなのかは、よく分からない。

で、結果、やばいぞと。
test01.jpg
まず、6割の水換えを行って、再度亜硝酸テスト。しかし、上の写真以上に真っ赤になった。底の方の亜硝酸が舞ったかな。更に6割の水換えを行って、もう一回亜硝酸テスト。が、まだ真っ赤。溜め置きの水か?ということで、溜め置きの水の亜硝酸チェックを行ったが、問題無し。結局、ADA60cm水槽の古水は全部捨て、溜め置き70%とFRPジャンボの青水30%にした。

mini3.jpg
稚魚達の飼育槽はミニ舟にし、スポンジフィルター、エアーストーンをADA60から移して継続使用。稚魚達を数日ここで過ごさせ、ミニ舟が汚れて来たら、トロ舟40へ稚魚達を移す予定。
もう冬は来ない、ということなので、桜錦の稚魚達には、今後はヒーターは使用しない。

餌が多過ぎると亜硝酸が溜まりやすいのだろう。生物濾過も追いつかなく成るようで、大きくする為に給餌量を増やしたときは、こまめに9割換えるぐらいが望ましいのかもしれない。いわゆる夏の飼い込みでの頻繁な水換えは、この為でもあるのかなと。


Michikoとエドちゃんの新水100%だったトロ舟40も、バクテリア環境が整っていないだろうと、こっちも亜硝酸テストを行ったが、これまた真っ赤。新水100%が、5日で亜硝酸だらけ。糞が分解されてアンモニアへ、アンモニアが分解されて亜硝酸に、と言うより、食べ残しが亜硝酸を増やすのか?まぁ、両方考えるべきかなと。

空いたADA60cm水槽に、新水70%、FRPジャンボの青水30%を入れ、2匹をそこへ。
ada01.jpg
スポンジフィルターをトロ舟40から移し継続使用している。

桜錦のさくらと誉の600LOW水槽も、5割の水換えを行っている。

和金の稚魚が孵化し始めているが、今のところ、ざっと見て20匹ぐらいかな。全部で50居ないかも。
2010-04-30 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。