和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

そろそろ容器替え

桜錦の誉の仔達の、ADA60cm水槽の底面に溜まるゴミ、カビにより、寄生虫、細菌などが増えて来る頃かもしれないということで、明日(土曜)、飼育槽を替えようかなと。
痒いのか、痛いのか、一瞬、狂ったように暴れる個体が数匹見受けられる。

サイズが40cmx30cmx17cm(H)ぐらいの青い舟へ移すので、引っ越しても、数日でまた、掃除して干したADA60cmに戻すんですけどね。

リセットする必要は無いだろう、しない方がいいだろう、ということで、古水は半分使用、スポンジフィルターも継続使用する。寄生虫、細菌も、一緒に付いて来るだろうが、ADA60の底面付近に多いだろうから、量的にはだいぶ減るだろうし、水質の激変も避けたいので、そんな感じで。

GROW Aですが、生き餌では無いという事で、生き餌と併用していると、どうしても食いが悪く成るようだ。生きブラインを卒業して、冷凍ミジンコに成れば、もう少し食いも良く成るかなと。


孵化22日目の稚魚達の画像

平均以上に育ちが良い個体
sakurako24.jpg
ひと腹目より、かなり水流が少なく成ったからか、横見での体型が整った個体が多いようだ。無理に泳ぐことが多く成ると、背骨がグニャッと波打って来てしまうのかもしれない。

細め
sakurako25.jpg
もっと細くて小さいのも居るが、極端な個体になるので、やや細め、ということでこれで。

栄養良さげ
sakurako26.jpg
稚魚全体的に、もっと尾が開いて欲しいんですが、今回は、多少悪くても残そうと思う。金魚掬い向けというのも有ったりして。

平均よりやや細め
sakurako27.jpg
親から考えて、稚魚全体的に、目先、幅の期待は、あんまり持てないかなと。
稚魚達のサイズは、1.1cm~1.3cmって感じかな。

写真は、α Sweet Digital ミノルタ100mmマクロで撮影。
F2.8 1/100秒 ISO800フラッシュなし 元画像の約80%サイズ シャープ補正
2010-04-10 : さくらと誉の仔 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。