和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

小赤を頼まれて

去年、和金を70匹ほど譲ったが、今年も、産まれたらちょーだいと、家の者が頼まれたらしい。去年もそうだが、私の知らないところで事が進んでいる。

去年は気前良く100匹という話で進んでいたが、実際は数が足りないので、琉金やら、琉金ミックスを私が買い足して引き渡している。引き渡し当日、念の為、一緒に引き渡すように伝えておいた琉金、ミックスのうち6匹が、家の者の好みで残されもした。その水槽(室内のWIDE900)の管理は私が行っている。

今年は、去年の夏前とは違い、琉金は居るし、らんちゅうの数は増えているし、桜錦の稚魚が産まれているし、らんちゅうも仔引き出来れば、それに手間暇掛けようと思っていたが、「産まれたらちょーだい」と言われると、産まれた卵を孵化させない訳にはいかなくなる。負担が増えるが、らんちゅう隔離用でたまに使うプラ舟FP-60を、和金稚魚用とするかなと。

昨年4月に産まれた和金稚魚では、7月の夏祭りには小さかった。3cmぐらいだったかな。譲った殆どは、一昨年生まれの、当時明け2歳の7cmほどの個体ばかりだった。最低でも、譲る時点で5cm弱にはしたい。それには、早めに産ませないといけないということで、外の和金の90cm水槽用に、サーモ、ヒーター管を注文することにした。
サーモは、FRPジャンボで使っているのと同じ、エヴァリスのEV.THERMO 600-WRで、ヒーター管が、ニッソーのパワーセーフプロ300Wを2本。FRPジャンボではパワーセーフプロの500Wを使っているが、EV.THERMO 600-WRが、ヒーター管を2本させるという事で、今回は300を2本にする。

和金の仔引きはしないと、この間書いたばかりなんですけどねぇ。私の気持ちを知りもせず、和金の稚魚を譲る話が進められてしまう。まぁ、家の者には、私の思いは話しませんけどね。私が少し頑張ればいい話ですから。金魚掬いにはサイズが小さいだろうからと、ヒーターも買っちゃう私。

誉がまた産んだら、それも付けちゃおう。らんちゅうが産んだら、それも。琉金も、この際、産んでしまえ。(笑)
と言うか、桜錦、らんちゅうの稚魚が産まれれば、和金ではなく、こっちを譲ればいいかな。そうすっぺか。
2010-03-08 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。