和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

元気に成って来ました


朝、エルバージュ+塩水浴の時点でも、両鰓を使って元気そうに泳いでいました。鰓病回復、のようです。赤虫も食べました。昨日食べた赤虫の糞が白かったので、消化不良が有ったのも確かですね。消化不良は今もですけど。
朝の水換えで0.3%の塩水浴にするつもりでしたが、念のためにと0.55%の塩水浴にしました。0.7%、0.8%という話も有りますので大丈夫だろう、消化不良にも良いだろうと。水10Lに対し55gの塩を投入し0.55%に。動画はその水換え後のものです。
その後、夜になってもまだ活発に泳いでいるので、落ち着いてくれと、水を2L、新水と交換しました。計算すると、10Lで44gに成りますから、0.44%ですかね。
う~ん。塩分濃度、微妙だなぁ。重体で塩水浴を開始した途端、刺激が強すぎて耐えられず、命を落とすという事もあるようですしね。その時その時で判断するしか無いでしょうね。

再隔離前の本水槽に居る時から、暴れるように、擦り付けるように、体を水槽底面などにぶつけていましたが、一部出血気味です。今朝発見しました。鱗が1枚はがれたのは、1号かトンボに底石に押し付けられる厳しい追いだろうと思っていましたが、こっちの可能性も有りますね。
tiger21.jpg
鰓病などでは、金魚が暴れて怪我をする、というのも水槽飼いでは割と有るようですね。となると、隔離には、ぶつかっても大丈夫な、柔らかい素材がいいのかな。発泡スチロールは、水槽よりは柔らかいですね。大きめのものをひとつ用意したいところです。白ではなく、青いやつかな。

出血痕が治るのも待たないといけないですね。消化不良も見て行かないと。明日こそは、全換水で塩分濃度を0.3%にしようと思います。明日も隔離のまま様子見。その後本水槽へ戻す予定です。復帰後1日は、セパレーターを使う予定です。

初動画投稿です。いやぁ、面白いかも。
2008-07-01 : 病気について : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。