和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

1号も1年9ヶ月余

ichigo29.jpg
益々トンボと似て来た1号。実際には1号の方が2cmほど大きいので、見分けやすいんですけど、写真で見ると似ている。胸びれ、尾びれの赤が多い方が1号、で見分けようと。

弥富のらんちゅうだったと、購入後1年以上過ぎてから、購入店で言われた1号とトンボだが、有名どころ、品質がいいと素人には思えてしまう弥富産にも、1,000円で売れるくらいの、一般家庭での水槽飼育向けの、入門レベルのらんちゅうも、沢山繁殖されているんでしょうね。私がらんちゅうの事を何も知らずに飼い始めたのが、この1号、トンボ。

トンボもなんですが、FRPジャンボに移って上から見るように成った為か、以前のような元気な印象が落ちてしまった。尾がダラ~ンと垂れた感じで、力が無い感じ。トンボの泳ぎも、頭をフラフラ左右に動かすように成ったような気が。以前からもその傾向は有ったんでしょうけど。で、室内の水槽で追い星出っぱなしの頃は、もっと活力を感じたなぁと。FRPジャンボに移って元気が無くなったと感じるのは、水温は別として、上見になったという事の他、FRPジャンボの広さ、加齢も有るのかなと。
暖かく成れば、もっと動くように成るんでしょうけど、どうも見た目的にもショボーンとしちゃった感がある。


ついでに。
Michikoの目の白い膜は殆ど消えたようだ。黒目がはっきり見えるように成った。良かったなと。写真はまた今度。

あと、今日もまた、誉の無精卵を30粒ほど廃棄。無精卵はあと10粒ぐらいかな。ホント、受精卵は50ぐらいかなと。今日で4日目なので、明日あたりに孵化するのが良いのでしょうが、ちょっと遅いかもしれない。ヒーターを使っていないので、水温は16度から18度程度。冷え込みはしないが、もう少し高い方がいいのでしょうね。まぁ、卵を産んだという事は、水温的に産んでもOKという、生物の本能的、生理的行動でしょうから、ヒーターは無しです。基本的に、金魚にヒーターは要らない派なので、20度キープで5日で孵化が良い、と知っていても、まず使わない。奇形が産まれたら、それは、その個体が弱かったから、と判断します。今の水温で産まれたのだから、そのままの水温で、卵の中でしっかり体を作れないのは、そういうことだろうと。
2010-02-11 : らんちゅう1号 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。