和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

鱗が1枚&復帰と思いきや、えらが片方


24時間の塩水浴から復帰したタイガーですが、本水槽で横からよく見ると、鱗が1枚はがてしまっていました。追われて、底石にこすったのかもしれません。はがれたのは、鰓(えら)の後ろの、濃く成っている箇所。鱗がはがれた場合、細菌感染の心配も有るようですから、昨日の塩水浴は良かったことになるでしょうかね。まぁ、24時間では十分ではないかもしれませんが。

で、鱗って、再生するそうですね。ただし、色が変わる場合が多いとか。素赤と思われるタイガーですが、鱗が再生したら、あそこだけ1枚、色が違って来るかもしれません。そう言えば、コメットも何枚か鱗がはげましたが、その後、鱗の色がまだらになってたなぁ。
あ、和金の親魚、病的に鱗が変色していると、少し前に書きましたが、鱗のはがれでした。1枚ではなく、何枚も抜けたのが数匹居るようです。春の追い行動によるものだろうと思います。これもまた、再生するのでしょうね。大したものだ、鱗の再生。

後から追加したタイガー。体が他の4匹より小さい黒仔、虎ハゲなので、4匹と混ぜるのも、出来れば避けた方が良いのは分かっているのですが、なんとか一緒に眺めて行きたいので、仕方が無いと思っています。

で、復帰後も水面近くで休んでいる事が多かったのですが、一度、暴れるような妙な動きをしたので、どうも変だと思って、近づいてよく見たら、右の鰓(えら)が動いて無いじゃないですか!(←もっと前に気がつかねば)
体の表面には1枚の鱗のはがれ以外特に異常はなく(頭の境目の白い箇所は異常かと思えるようなものは無くなったと思います)、色変わりによる体力の消耗かなとも思いましたが、あと考えられるのは鰓の動きかなと思い、鰓の動きを見たんです。右側を閉じてました。
タイガーが、浮いたままほとんど動かないというわけでもなく、大きく動いた時は右の鰓も使っているようで、食欲も今は有りますが、塩水浴へまた戻しました。

最初に水面近くでプカーッと傾いたのを見たときには、既になっていたのかもしれませんね。
本水槽合流は慎重にした方がいいかもしれませんね。数日かなぁ。右鰓が動かないとね。数日となると、7L発泡スチロールでは水量が心配に成って来ます。30cm水槽で12L。そっちの方が良さそうですね。溜置きのpHが6.0も無いようなので、今は、100%溜置き水にせず、本水槽の水40%ほど、溜置き60%ほどですが、明日、30cm水槽に替える時、新水(溜置き)100%の塩水浴に切り替えます。
2008-06-28 : タイガー(故らん) : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。