和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

レコルト アイ LED 3W

オサレなライトを、ということで、600LOW水槽にカミハタのクリップライトを設置。600LOW用にほんの数ヶ月前に買ったコトブキの1WのLEDクリップライト、Eco Spotはトロ舟40へ移動。留めネジが一個抜けててカサがブラブラだった古い家庭用のクリップライトはお蔵入り。

で、カミハタの、レコルト アイ LED 3Wの光量をチェック。
600low9.jpg
まぁ、こんなもんです。水槽の左右10cmぐらいずつが写ってませんけどね。まともに魚体が見えるのは、ライト下、幅30cmがいいところ。30cm~45cm水槽用のライトですからね。というのも、そんなに煌煌とライトを照らす気は無いのと、1万円を超えるようなライトはそう買えないし、幅広のライトもイマイチ目障りなので、比較的安価な暗めのスポットライトで、私としては十分満足です。
普段は後ろの青いボードは使わないのですが、撮影のため使ってみました。
600LOWのマツモが増え過ぎたので、半分を外の60cm水槽へ出しました。昨年使ったビニール温室は面倒なのでやめましたが、ヒーター17度設定で、外でも育てる事に。二酸化炭素、光量が足りないので、殆ど育たないんですけど、現状を維持出来るだけでも十分で、暖かく成ってからまた育てばいいやということで外へ。室内にマツモ水槽、は、去年同様有り得ないです。
琉金達も、水温が18度を切った辺りから、餌食いが落ち、マツモを食べる量も減ってますので、以前より総量が増えつつ有るマツモです。

コトブキの1W LED、Eco Spotになったトロ舟40。
toro40_28.jpg
実際以上に青く写っちゃってます。もっと白いんですけどね。撮り直すのも面倒なので、この写真で。
以前のクリップライトは、設置が水面から近過ぎて、エドちゃんには眩しくてストレスになるんじゃないかなぁと思いつつ使ってました。Eco Spotだけだと、通常の鑑賞には暗いんですけど、室内の明かりを消している場合、舟の中や魚体は見えますから、そういう鑑賞の仕方も有りだろうし、室内の灯りが点いていても、いくらか明るく成りますので、無いよりは全然いいです。


で、ハンダ付け部分で配線が切れた、マルチ水温計を修理。今まで調子が悪かったのは、水が入ったため、ボタン周りが汚れ、ボタンが押し下げ不良、接触不良だったのと、液晶の内圧過多による表示不良でした。
配線をハンダ付けして、ボタン周りを掃除して、液晶を入れ直したら、直りました。
multi-thermo9.jpg
ということで、マルチ水温計を外のFRPジャンボへ戻し、クリスタル水温計は、ヒーター17度設定の、外のマツモ水槽で使う事になった。もう一個マルチ水温計が有ってもいいと思っていたんですが、直ったので、追加購入は取り敢えずナシ。
2010-01-12 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。