和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

水温差が

FRPジャンボ280に入れているエヴァリスのサーモの設定温度を少し下げたところ、ここ2日の最低水温が5.6度になった。最高水温が13.8度と、日当たりが良い分結構上がる。水温差が8度以上。ちと大きいかなと。
和金の90cm水槽は、フタが有り、風もそう当たらないし、日当たりも悪い方なので、水温的には安定している。1日の水温差は大きくても4度ぐらい。

これまでは、急な気温低下による水温低下を避けるために、ヒーターで水温差を減らして来たが、これからは、繁殖を促すための低水温を、ということで、ヒーターで水温差を縮めるのはパスしたい。となると、日光を少し遮るしかない。水を青くしたいということで、夏場でも使っていたすだれを、11月ぐらいから日中は掛けずに来たが、また使うようだなと。水を青くするのは諦めるかなと。光合成のために外の舟にライトを使う気は無いし。

今年の仕事も終わり、休みに入ったので、らんちゅうを眺めて過ごそうと思う。FRPジャンボは、日当たり最高の風も吹き抜けない場所にあるので、座って眺めていると、真冬でも結構暖かい。ゆっくりと優雅に泳ぎ、壁面の苔をちぎって食べるらんちゅうを眺めるのはいいものだ。私にとってのFRPジャンボは、良いらんちゅうを作る為の、或は、仔引きをする為の道具、と言うより、それぞれが尊い命を持つ生き物を飼い、見た目にも風情を感じたい、様子を眺めて心を癒す為の、「庭の池」である。繁殖をさせたいとは思っているが、強制的に飢えさせて繁殖を促すのは、私には出来ないなと。餌を切るのは、餌が必要でも代わりの苔が有るとか、水温2度とかで、餌を与える必要が無いと判断出来る場合とか、金魚の健康上今は与えるべきでは無い、といった場合にしたい。10度以下でも、らんちゅうは苔を食べている。つまり、10度以下でも、餌が要るんだと私は思っている。小麦粉が入った粒餌はまずいかもしれませんけどね。


今日の買い物。久々のまるとく赤虫10枚と糞濾しで使うフィッシュネットSサイズとバイオスリーインワン。
shopping3.jpg
赤虫・・・今月初めぐらいから、外の和金もテトラフィンはナシで赤虫のみになっている。室内組も、人工餌の量は夏よりだいぶ少ない。
網・・・魚を掬う為の網なので、ほんとに細かいゴミは掬えないんですが、糞濾しでは通常の網を使っている。もっと目の細かい物が欲しいかもしれない。
調整剤・・・ビタミン、ミネラルを、ということでバイオスリーインワンを使っているのですが、ボトルの説明書きには、直接ミネラルという表記が無いので、ミネラルは期待出来ないのかもしれない。ということで、太古の海泥とか、モンモリロナイトとか、怪しい粉などもお店で見ましたが、どうなんだかなぁと。そこまでするかというのも有るし、効果もよく分からない。ちと調べないとなぁ。まぁ、バイオスリーインワンも、何が入っているのかよく分からないで使っているんですけどね。で、硝化バクテリア系調整剤を使う気も、今は無い。あれこれ同時に使ったら、化学変化を起こしかねないと思っていて、特に人工的な調整剤は、混ぜて使う事は避けようと思っている。
2009-12-29 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。