和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

そろそろ餌切り仕様

今年の冬は、外でらんちゅうを飼っているので、巷の「餌切り」を試してみようと思っているが、最近の最高水温はまだ15度ぐらいになる。餌切りはまだだなぁと。金魚もよく動いている。1号だけは、ここ1ヶ月、ずっと動きが若干少ない感じだが、こういう奴なんだろう。

jumbo_17.jpg

水をそろそろ青くしたいということで、FRPジャンボ280のブリラントフィルターを抜いた。代わりに、先週、ペンギンビレッジで追加購入した、直径23mm、長さ6cm、孔の粗さが#100の、いぶきのエアーストーンをチューブに繋げた。広いFRPジャンボには小さいが、長さ15cmのいぶきのストーンも入っており、サブだからいいやと。フィルターのスポンジ表面のゴミを落としてから、4回ほどジャンボ内で絞って、アオコをジャンボに落としておいた。

FRPジャンボの、糞濾し、水換えも行った。緑色の糞が結構多い。ジャンボに付着した苔を食べているからだろう。餌切り後の餌として、十分な量の苔が付着していると思う。あまり濃い青水にしたくいので、苔もある程度必要だろうと。と言うか、私としては、苔がメインで、アオコはサブと考えている。

今年の春、和金小赤のFP-60で病気が出たわけだが、それは、春の「床直し」が遅れた為だ。3月半ばの水温が上がってからでは遅かった。最低でも3月上旬、出来れば2月末には行おうと思っている。ヒーターを使ってらんちゅう達を「起こす」場合、1月末、2月という事も多いようだが、私としては遅くても3月頭。昨年春の病気発生という経験後から思っている事だ。濾過の効いた、水量も有る、同じ外の和金親魚の90cm水槽では大丈夫だったので、床直しの重要性も、環境で違うだろう。春のプラ舟FP-60には、小赤が約80匹居た。真冬でも餌を与え続け、水換えも行っていたが、春、水換えの予定をたまたまサボってしまった直後に病気が発生した。水を青くしたいという事で水換え頻度が下がり、放置気味で、水質を見る事が疎かに成り、汚なすぎた。真冬でも水換えを行う室内の水槽でも、春は気をつけないといけないのは同じだろう。コメットのお陀仏も春で、水換えを怠った時だった。外飼い、青水、餌切り、のらんちゅうに限った事では無い。何も特別な事ではない。

FRPジャンボに入れているエヴァリスのサーモは、9度設定にしているが、ここ最近の最低水温が、何故か8.6度と、設定を下回った。まぁ、そんな事も有るかと放置。フタも有る和金親魚の90cm水槽の最近の最低水温は10度ぐらい。フタも無く、冷たい空気にさらされている水面の面積が広く、雨も入るFRPジャンボは冷えやすい。折角買ったので、もう少しヒーターを入れておくことにした。最低水温維持という事で、今月半ばには、設定を8度~7度ぐらいにしようかな。

jun04.jpg
薬浴を行ってから合流させたジュンだが、薬浴後現れた尾筒辺りの黒斑がまだ消えていない。細胞の再生中だと思っているがどうなんだか。さくらの薬浴後の尾の黒斑も2ヶ月以上掛かったっけか。


iPhoneネタだが、先日初めてスカイウェイブでiPhoneのナビを使った。やはりスカイウェイブで使える充電器が要るかなぁと。で、私のiPhoneには、a-haの曲ばかり入っている。80年代、日本でも人気に成ったが、私はずっと聴き続けている。人生を共に歩んでいる気分、と言っていいくらいで、日本ではあまり話題にならなく成ってからの曲の方が好きなものが多い。25年が経ち、2010年、解散するそうだ。彼らの音楽活動は、解散後もそれぞれ行われるだろう。モートンの声に癒され続けたいと思っている。
日テレ「ザ!世界仰天ニュース」のエンディングでも使われている新曲「Foot Of The Mountain」
2009-12-06 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。