和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

いぶきと貴族

行った事が無いペンギンビレッジ本店へ、スカイウェイブで行ってみた。熱帯魚、水草水槽などが主であり、金魚はそう売り場面積は無い。ADAの水槽などでの水草水槽、熱帯魚水槽のセットものが多く飾られ、サイズの大きい、台付きのセットものはかなりのお値段。私には手が出ない。らんちゅうは、5~6cmほどのものが一つの水槽で沢山。ちと手に入れる気には成らなかった。桜錦が、値段に差が有る2つのランクのものが売られていて、値段の高い方はまずまずの質だと感じた。うちのさくらの相棒に、メスの桜錦が欲しいという気持ちも有るが、それでも今回はパス。もちっと他をあたってみたいなと。

で、いぶきのエアーストーンとらんちう貴族当歳用を買ってみた。
ibuki-kizoku.jpg
なかなか置いている店は少ないので、これらを手に入れたのは初めて。通販でこれらを買おうとは思わない。

らんちう貴族の成魚用も有ったが、粒が当歳用より大きく、一袋の量も多いので、当歳用にした。今飼っているらんちゅうは、当歳が多く、シュンとジュンはまだまだ小さい。
春に買った咲ひかり金魚育成用が、まだ殆ど残っている。分けて使っているが、冷蔵庫に入れっぱなしでも、半年も過ぎるとちとまずいかな。夏に買ったテトラ ランチュウの方も、まだ半分ぐらい残っている。取り敢えず、咲ひかりを廃棄して、これからは、テトラ ランチュウとらんちう貴族当歳用を使うかなと。

いぶきのエアーストーンは、直径23mm、長さ15cm、粒度が#100の方で、粗い方だ。より細かい泡が出る#150も有るようだが、違いが有るとは知らなかったのでこれになった。

ストーンのサイズが違うので、参考にしにくいかもしれないがテスト。まず、ずっと使っているスドーのバブルメイト。直径15mm、長さ7cm。
bubblemate2.jpg
まぁ、十分なんですけどね。

で、いぶきのセラミック。
ibuki_01.jpg
#100でも、結構細かいかもしれない。クリックで開く2枚の拡大写真の縮小割合は同じ(拡大写真も縮小している)。拡大写真でのストーンの長さの比が、2倍ちょい、いぶきの方が長いので、だいたい同じ距離から撮ってるかな。つまり、拡大写真での泡のサイズの差が、実際の差に成るかなと。
で、長い分、同じエアー吐出量でも泡も多いかな。同じメーカーで比べても、長いもの、大きいものの方が、同じエアー量でも沢山泡が出るだろうなと。試してませんけどね。まぁ、これは、メーカー比較では無く、サイズの違いの話ですけどね。
買ったはいいが、どこで使うか決めていない。私の場合、エアーストーンはあんまり使っておらず、ポンプにはスポンジフィルターを付ける事が多い。エアーストーンは、普段は、FRPジャンボ280の直径132mmの円形バブルメイト、和金親魚の90cm水槽での7cmバブルメイトを使っている。あとは薬浴で。あ、FRPジャンボでいぶきを使って、90cm水槽で円形バブルメイトを使ってみようかな。そうすっぺ。

で、スカイウェイブ、ハンドル周り。
skywave3.jpg
iPhone用のホルダー、ドリンクホルダーが付いた。iPhone用は以前書いた自転車用。ドリンクホルダーは、MOTO FIZZ:タナックスのもの。ハンドルパイプにだけではなく、サイドミラーのネジ穴に、ミラー根元のネジと挟むようにも付けられる。私の場合、ハンドルパイプにはスペースがほぼ無いので、ミラーのネジ穴に付けた。これで、ハンドルブレースを買わずに済んだ。まだiPhoneのナビは、スカイウェイブでは使っていないんですけどね。
2009-11-15 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。