和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

実は金網を

外のFRPジャンボ280に、実は金網を乗せている。鑑賞には邪魔なんですが、猫、鳥がやっぱり気に成る。プラ舟FP-60が空く前には、フタ、網が無く、日除けのすだれを水面上30cmほどのところに掛けていただけ。
jumbo13.jpg
金網は、2つ使っており、ひとつは写真には写っていませんが、プラ舟FP-60で使っていた90cmx60cmのもの。もう一つが、写真の、2週間ほど前に2,500円ほどで買って来た90cmx90cmのもの。90cmx60cmのものより網目が粗いです。木枠を組んで自作するのは面倒なのと、網を乗せた状態での見た目もいいだろうと、これらの市販の金網に。鑑賞時には外します。
今日は冷え込んでおり、FRPジャンボの水温が、午後でも14.5度。もう、消化を考えた餌やりをしないといけないかなと。粒餌を減らし、赤虫が8割ぐらい。結果、量的には、夏場よりは若干少ないくらい。
昨日、6日ぶりに、糞濾し、水換えを行ってます。糞濾しは3日に1度は行いたいところですが、忙しくてなかなか。今のところ、FRPジャンボの7匹の体調は良いようではある。

ecospot1.jpg
室内の600LOWの照明が無かったので、買ってみた。コトブキのEco spot。約2,000円。30cm水槽以下用で、LEDが8個付いており、定格消費電力が 1W。
30cm水槽以下用ということで、60cm水槽では光が当たる幅が狭いのですが、幅広のものはイマイチカッコ悪いなというのと、魚体が見えればいいということでこれにしてみた。45cm水槽用、ホームセンターのクリップ式ライトがベターかもしれませんが、これがどんな物かと。
ecospot2.jpg
写真が、夕方撮ったものなので、窓の外の光が少し入ってますが、ライトの明るさは、この写真でだいたい分かると思います。通常は、30cm水槽以下で使用すべきですね。
マツモの育成の為にも、もっと光量が有った方が良いのでしょうが、それより、夜の8時、9時に点けたとしても、そう魚のストレスに成らなそうだし、薄明かりの雰囲気がいいかなというのも有ったし、私の目にも優しいだろうということで、後悔は無い。


で、琉金・ミックス7匹の餌と成るマツモですが、約25cmの長さのもの3本が、2日でほぼ食べられてしまうこの頃で、トロ舟40、600LOWでのマツモ育成でも、ちょっと間に合わない感じです。これ以上マツモ育成槽を増やす気は無いので、あとは、与える量を減らすしか無いなぁという感じ。
2009-10-25 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。