和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

EV.THERMO 600-WR

heater.jpg
エヴァリスの、6度から設定出来るサーモ、EV.THERMO 600-WRを購入。ヒーター管は、ニッソーのパワーセーフプロ500。計1万円弱。相変わらずの使い過ぎだ。1年越しでのやっとの購入ではあるんですけど。

で、FRPジャンボ280のここ最近の最高水温、最低水温は、23.6度と19.0度。天気予報では今日辺りから最低気温が下がって来そうだったが、明日朝はどうだろう。

私の場合、1日の水温差を抑える為にヒーターを使用するのですが、例えば今日の場合(雨)、水温はほぼ一定だったようだ。今日のような日は、差は、有っても2、3度か。今夜、冷たい雨が降り続き、明日朝が冷え込んだとしても、1日の水温差は4度ぐらいかな。ヒーターは必要無いなと。元々、金魚にヒーターは要らない派、ではあったんですけどね。
で、もう少し寒くなり、水温差が激しい時は、6度差、7度差、ぐらいにはなるでしょうか。それでも、通常ならヒーターは要らないか。

現在薬浴中の3匹の60cm水槽の場合は、ヒーターを入れ、19度設定にしていますが、明日朝に冷えたとしても、1日の水温差はほぼナシに。体調が悪い金魚を、室内より水温差が大きい外で飼う場合は、ヒーターで水温差を減らすということです。

このEV.THERMO 600-WRは、これから春まで、同じように、外での養生、治療時に、1日の水温差を無くす為に使うのがメインに成るでしょう。あとは、水温が変わりやすい春でしょうか。春は、産卵時期も重なるので、仮に卵が生まれれば、稚魚にも使うことになるかなと。真冬の急な冷え込みを抑える為に6度設定で、とか、春に冷えないように13度設定、とかになるかなと。真冬に6度は高いんですけどね。

で、このEV.THERMO 600-WR、コンセントが2口で、ヒーター管が2本差せますが、合計で605Wまでということで、300W2本が限界。今回買ったヒーター管が500W1本ですから、ちょっと失敗か。もう1本付けようとしても100Wのものしか付けられない。
この500Wのヒーター管自体が、水量の目安が200Lまでということで、FRPジャンボ280には足りないです。300Wのヒーター管が2本なら、260L(130Lx2)までいける。まぁ、承知で買っているので、このまま使っちゃいますけど。1日のうちの最低水温を維持という使い方ですから、昼間は通電しませんし、夜も、そう加熱するわけではないので、いけるだろうと。本来は300W2本が正しい使い方ですから、真似されませんように。

あ、EV.THERMO 600-WRの温度調節のダイヤルがちと軽いですなぁ。うっかり触れてしまって、気が付かないうちに設定温度が変わっている、ということも起きかねないと感じたので、使う時は、テープをグルッと巻いて、ダイヤルが回らないようにしようと思います。
2009-10-05 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。