和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

釣りはお終い

2泊3日ならなんとか、という話が、いつの間にか3泊4日に成っていたので、話が違うということを話しましたが、逆ギレされる始末で、釣行はパスに。今後も魚釣りはナシだ。ステージ4の癌を抱えて、富山まで運転するんだと。運転はダメだと言えば、「人の事は放っとけ」とさ。同行、同乗者のご家族も心配されるだろうが、もう知らん。
まぁ、これで、釣行の間に金魚の世話が出来ず、帰って来たら死んでいた、ということは、これからは起きない。死んだとしても、出来る限りの世話をしての結果になるので、死んだ金魚に対しての私の気持ちも違ってくる。

本題はこちら。
wide900_22.jpg
更紗琉金3匹、ミックス金魚2匹の、室内のWIDE900。それらが以前居た、外のプラ舟FP-60から、水を15Lほどと、ダブルのスポンジフィルターを移しているので、青苔が沢山付いた。水も少し青いかもしれないが、WIDE900では、そのスポンジフィルターの他に、濾過器AX-60も使っているので、そう青くも無い。週に1回ぐらいのペースで水換えしてもいるので。

この青さ、いい感じだなぁと思っています。金魚の健康にもいいだろうと。少し前、ミックス1匹、琉金1匹の白点が消えましたが、アオコ、青苔が生えない環境、新水からの飼育だった場合よりは、その回復が良いんじゃないかと。まぁ、これは、実際比べた訳では無いので、思い込みなんですけどね。
底石は入れていない。以前らんちゅう達が居た時は、入れていましたが、それは、底石が濾過バクテリアの住処と成る事、水槽の白い底面、底面反射により、らんちゅうが色抜けしやすいだろうという理由からでした。今のサイズの琉金、ミックスが5匹なら、今の濾過装置や水槽内に付着した濾過バクテリアで十分だろうということと、更紗琉金、ミックスが色抜けしても構わないということで、底石はナシ。まぁ、糞濾しが楽というのも有りますけどね。
これを、らんちゅう用の外のFRP280で考えると、黒いFRPの舟であり、内面の反射もほぼ無く、ダブルブリラントスーパーフィルター、ダブルブリラントフィルターが入っているので、濾過バクテリアが付着する容積も十分有るだろうということで、FRP280も底石は無しです。らんちゅうの舟での外飼いでは底石無し、という情報を、単純に真似ている訳でもない。予定していた、ダブルブリラントフィルターを外す、というのを行った場合は、もしかしたら、代わりに底石を入れるかもしれない。まぁ、ここ数日は、ダブルブリラントフィルターは、このまま、寒く成る頃まで使い続けようかと思っていますけど。11月ぐらいになったら、青水の濃さ、濾過の必要能力から、抜いちゃうかもしれませんけどね。エアレーションの必要量も下がってくるでしょうし。
2009-09-19 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。