和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

和金の稚魚



らんちゅうから若干離れてしまいますが、フナをそのまま赤くしたような和金に、稚魚が生まれ、今100匹以上居ます。親のサイズは10cm程度。産卵後、卵を別の45cm水槽に移しました。
粒状の金魚の餌をすりこぎで粉状にしたり、卵焼きを網で吊して与えましたが、粉状のものは水をひどく汚しています。そこで、らんちゅうの稚魚でもよく用いられる、ブラインシュリンプの卵を買ってきて、孵化させ、それを餌にしてみることにしました。稚魚のサイズは、現在6~7ミリほど。口に入るのかも含め、試してみます。
写真の水が緑色ですね。この水槽は、外に置いているので、苔が付きやすく、底にうっすら溜まってます。ゴミもだいぶ混ざってますけど。水換えは1/3ずつ行います。濾過装置は、稚魚を吸い込んでしまいそうなので付けていません。弱めのエアーのみ。ヒーターも付けていません。最近寒いので、水温は15度無いでしょうけど、なんとか成るだろうと思っています。


shrimp.jpg

買ってきたのはこちらの、ブラインシュリンプエッグ。620円ほど。20ml入りで、20回ほど孵化させることになるでしょうか。


shrimp_huka.jpg

バケツに水、ヒーターで水温を28度に保ちます。今回使用したヒーターは、温度調節機の無い、25.5度に勝手に保ってくれるものなので、水温も、測ったところ25.5度。
ペットボトルに水1Lと、塩20gを入れ、ブラインシュリンプエッグ1cc。2.5gの小さじ約半分を入れてみました。たぶん量的には合っているかと。
エアーを送り続けます。24時間で孵化するということですが、水温が若干低いので、もう少し掛かるかもしれません。

らんちゅうの繁殖も睨んでの、ブラインシュリンプの孵化になります。
ただ、らんちゅうと、桜錦、江戸錦の交雑は、避けた方が良いのは分かっているので、どうしようかしばらく考えたいと思います。親とする魚をもっと増やすのはなかなか難しいなぁと。
先の話ですけどね。
2008-05-15 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。