和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

2匹を外へ

jumbo_06.jpg
室内のWIDE900のタイガーと紅緒を、水温がほぼ同じになる朝に、外のFRPジャンボ280に移した。写真手前、左が紅緒、右がタイガー。外で冬を越し、春を迎えれば、抱卵するだろうということで。

これで、FRPジャンボ280は、オス1匹、メス3匹になったと思われる。確かじゃないですが。オスがもう1匹欲しいので、赤虫追加ついでにらんちゅうを物色。うちの6匹より全然大きい、赤の濃さも比べ物に成らないらんちゅうが1匹約4,000円。2匹居たが、どうもメスじゃないかとパス。追い星が出ていれば、1匹買って来たかもしれません。

タイガー、紅緒と、太助、お仲のサイズを比べたのですが、そう変わらないなと。全長8.5cm~10cmってところかなと。長いのがお仲、短いのが紅緒。奥行きの無い水槽で飼っていた為か、タイガー、紅緒が右か左に傾いているか。広いジャンボで、水平を取り戻せばいいなと。タイガーの尻上がりも治ればなと。それから、水槽ではあんまり期待出来ないと思われる、瘤の発達、色揚がりも期待している。

jumbo_05.jpg
ジャンボには網を被せていないので、隠れる場所、落ち着ける場所が必要だろうと、土管も買って来た。840円。写真を撮る際も、日除けのすだれは外さず、水面を揺らすスポンジフィルター、エアーストーンのエアーも出来るだけ止めないようにしている。

jumbo_08.jpg
並ぶと、紅緒とよく似ている太助。マツモに隠れています。マツモは、精神的なストレスを軽減させる役目も担っている。水草が有るというだけでも、違うだろうと。人も、木が目に入ると、無意識のうちに安心感を得ているだろう。それと同じだと。

jumbo_07.jpg
反射が有り、水面が揺れて、ブレたように成っている写真では分かりにくいですが、お仲の尾筒が少し荒れている。尾ビレには白い点々も2つ発見。ちと病気を持ってしまったよう。餌も食べるし、元気はまだ有る。隔離、薬浴は避けて、ジャンボの水換えを少し増やし、塩を使おうかと思う。水質が少し悪いかもしれないというのと、疲労蓄積、体力低下を和らげられればということ。塩分濃度を0.1%にするにも、水240Lでは240gの塩が要る。0.2%では480g。480gを使い続けるのもきついので、0.1%か。業務用の、20kg入りぐらいの安価な塩を手に入れればいいんでしょうけど、まだ入手方法を調べていない。

4匹に成って、水の汚れも早く成るので、濾過装置を増やそうかと思ったのですが、底面が広いので、底のゴミが濾過されにくそうだなと。ゴミ取りは、網か、GEXのそうじやさんか、タオルで拭き取るか、水換え時に底から抜くか、になるかなと。
2009-08-23 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。