和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

あと10匹

今月下旬に、夏祭りの金魚掬い用に引き渡す予定だったトロ舟140の和金稚魚が、残り10匹ぐらいになってしまった。800~900ぐらい居たので、無理矢理選別、親魚の餌にしたりしたのに、何だったんだ。ここ最近のお陀仏は、水カビが多いかなと。あとは見た目ではあんまり分からないような、次の日にはバタバタと死んで行くようなもの。まぁ、水カビも水質でしょうから、水質ということでしょう。水を換えてもバタバタ死んじゃうんですけどね。

で、残りの10匹は、60cm水槽へ移しました。そのうち3匹は、既にカビが付いているようなので、これもダメでしょうね。もうたぶん全滅だなぁと。こんなことになるなんて、って感じですが、どうしようもないなと。薬使ってもバタバタ死んで行く気がします。らんちゅう青仔達の様に。

ということで、トロ舟140でらんちゅう当歳を飼う気も失せてしまいました。と言うか、今、トロ舟140の後ろの物置を入れ換え中で、今度は地面もコンクリを打つ事になったので、トロ舟140でセメントをこねる事にしました。土の上にブロック置いて物置を乗せると、湿気で傷みが早いので。モルタルでタタキ池、という気は起きません。生活優先です。貯水槽も私以外の人間には、はっきり言って邪魔なものなので、撤去の話もチラホラ。物置を更にもう一つ、と言う事です。

今週末、来週末も魚釣りになりそうなので、金魚掬い用の琉金を仕入れに行けないかもしれません。近所の金魚屋に、今のうちに頼んでおけば、仕入れておいてくれるかな。近くなら、平日でも何とか取りに行く時間を作れるでしょう。
はぁ、参った。100匹譲る、なんて言ったのは私ではないんです。しかも、プラ舟FP-60姉金の方を金魚掬い用に100匹という話で進んでしまい、その時点で、姉金は、数が70ぐらいしか居なくて、しかもポイで掬うにはちと大きい、6cmぐらいのが居るため、金魚掬いに使えるのは40がいいところです。そこで、私としては、ずっとお陀仏続きでしたが、稚魚の方を80ぐらい出せるかな、と思ったのですが、やはりお陀仏が続き、無理でした。私の関わらないところでの100という数字を達成する為に、琉金、最悪、小赤も仕入れなければならない、という状況になっていた、いる、訳です。
2009-07-08 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。