和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

エサ~

shopping2.jpg
餌を購入。冷凍が、まるとく赤虫100g10枚とベビーブラインシュリンプ50g1枚。人工餌が、テトラフィン200gと咲ひかり金魚100g。計2,800円ほど。
昨年秋に購入した、テトラフィン200g入りと咲ひかり金魚100g入りが、まだ殆ど残っているのですが、古いので廃棄です。咲ひかりは冷蔵庫に入れておいたのですが、もう8ヶ月ぐらい経っているので無理だなと。両方で1,200円分ぐらいは残っていますが仕方が無いです。
で、ベビーブラインシュリンプですが、1枚で450円する。稚魚数百匹に対して量が全然少なく、メインで与えるとしたら10日分無いかなと。メインは卵から孵したブラインで、その孵化のタイミングの谷間でこの冷凍を使うのですが、和金の餌としては割高だなぁと。ブラインシュリンプの卵の方も、結構いい値段ですけどね。で、小赤の値段が10匹で210円だったりするので、単価を考えても、通常は使うべきでは無いのでしょうね。まぁ、金魚で儲けるつもりは無いですけど。
で、今回は、冷凍のブラインシュリンプというものを、金魚の稚魚がしっかり食べるのかをチェックする為の購入でもあります。将来のらんちゅう稚魚飼育を見据えてでもあります。
先ほど1ブロック与えてみたのですが、水が青い為、ブラインが5cmも沈むと、ブライン自体が良く見えなく成ってしまいます。分からないのでは、使い続けられるかも判断出来ないのですが、ブライン孵化の谷間での使用と割り切って、与えないよりはマシだろうという感覚で、今日買った1枚は使い切ろうと思います。

和金稚魚のトロ舟140ですが、だいぶゴミが溜まって来ていました。舟の底に沈殿していました。稚魚達を傷つけないように、プラ舟底のヌメリを指先で落とし、ゴミも浮かせてから、6割の水換え。水換えしてもゴミ、ブラインの卵の殻が多く残ってしまったので、その後、ブリラントフィルターを投入。キスゴムが効かないので、石を重りにして沈めました。
brillant8.jpg
餌でもあるアオコも吸着してしまいますが、濃すぎるくらいなので丁度良いかなと。取り敢えずは、今日、明日、ブリラントフィルターを回しっぱなしにして、水の状態をチェックしようと思います。ブリラントフィルターを使い続けてもそこそこ水が青ければ、そのまま継続使用。水が澄んでしまうようなら、エアーポンプの流量を抑えるか、撤去して、週末のみの使用にしようかとか思っています。まぁ、継続したいんですけどね。
ブリラントフィルター投入2時間でかなり汚れを吸着しているようで、吐出口からの水の出が悪く成ります。その度にスポンジを濯いで、水質改善を目指します。ブラインシュリンプの卵の殻が多すぎて、稚魚達が、パクついては吐き出しで、ちと可愛そう。

chigyo4_20090509160051.jpg
稚魚。いくらか育って、体がしっかりしてきました。全長としては孵化直後より1mmか2mm大きく成ったかなという程度で、まだ7mmぐらいですかね。レンズは100mmマクロ使用。

anacaris5.jpg
火鉢のアナカリスが、暖かく成って来て、やけに伸びて来ていました。半分以上を和金稚魚達のトロ舟140へ移しました。束ねて居ないので、プカプカ浮いちゃってますけど。マツモと違い、やっぱり束ねておいた方がいいかな。マツモもでさえ束ねているし。


で、今日の買い物で見て来たらんちゅう。なかなかのお手頃。色変わりが始まったかな、という感じの5cmぐらいの黒子が、1匹198円だって。しかも、見たところ瘤が発達しそうな感じのものが殆どでした。ハネ魚の持ち込みで、仕入れ価格は1匹数十円か?もしかしたら無料の引き取りかも?お客のおっちゃんが、10匹ぐらい選んで買ってました。私も、飼うスペースが有れば欲しかったかもなぁと。まぁ、おっちゃんの残り物じゃあなぁ、と言うのは有りましたけど。
実は、和金子赤、稚魚を飼育している外の舟2つは、らんちゅう飼育へ辿り着く為の口実みたいなものでもあります。生まれちゃったんだからしょうがないだろう、という言い訳も一応出来るので、取り敢えず和金。つまり、らんちゅうを買って来て、いきなり外で舟飼育では、家の人間になかなか理解されないかな、というとこと。
で、舟は準備出来た段階で、そのうち和金を全部始末して、らんちゅうへ突入予定。何年も先でしょうけどね。

話を戻すと、他、国産らんちゅう、赤勝ちの更紗6匹が水温合わせ中でした。サイズが10cmぐらいかな。2歳魚ですかね。3,000円強。目先も有り、瘤もなかなかの、赤も濃い、奇麗ならんちゅう達でした。1号、トンボとはだいぶ違うなと。これも欲しいとは思うのですが、やはり、1号からタイガーまでの5匹を飼っているし、これ以上飼うスペースは広げられないしで、買おうとは思いませんでした。以前の薬浴売れ残りとは別だと思います。
和金達が居なく成ったら、らんちゅう追加も可能、というところです。採卵して、何百匹も和金稚魚を孵化させたばかりで言うのも何ですけど。
2009-05-09 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。