和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

朝が大変

う~ん、和金稚魚が孵ってから、金魚達への朝の給餌で結構時間が掛かる。ブラインを塩水から濾し、まず和金稚魚へ、これが、今は、トロ舟140と60cm水槽の2つ。給餌後、ペットボトルを洗って、翌日用に再セット。その後、子赤プラ舟60、小赤火鉢、和金親魚90cm水槽、らんちゅう達のWIDE900、エドちゃんトロ舟40への給餌。計飼育容器7本分だな。えー、7本も有るんけ!って感じだ。まぁ、稚魚の60cm水槽は、近いうちにトロ舟140に合流させますけど。で、水換えが入る事も多いので、朝1時間ぐらいは給餌の時間をとらなければならない。寝過ごすとやばいっす。
で、和金稚魚への給餌が、ほぼ1日1回になってしまっている。夜に与えても食べそうも無いですから、2回分湧かしても、1日1回になってしまう。給餌の方が追いつかず、必要以上にブライン孵化後に時間をおいてしまっています。で、「こりゃ時間経ち過ぎだな」となったときには、夜に青水を入れ、朝、2回分をいっぺんに給餌してしまいます。ブラインシュリンプエッグ2gを入れたペットボトルが2本で4gになります。量的にはこの4gが1回分でもいいのかな、というのは有りますし、ブライン湧かしに失敗することも有るため、念のための2回分湧かしでもあり、あまり気にする事ではないでしょうね。とにかく稚魚の数が去年より多い。

chigyo3_20090427114847.jpg
26日、日曜日の写真。上からだとよく分かりませんが、お腹がオレンジになってるな、ブラインシュリンプを食べているかなと。食べている最中の写真ではないですが。
ミノルタマクロ100mmで、少し退いて撮影。寄り過ぎると、このレンズの特徴であるボケがきついので。写真は元の写真を縦横半分ぐらいにトリミングして、サイズを少し縮小しています。
水面に浮いているツブツブは、ブラインシュリンプの卵の殻です。
2009-04-27 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。