和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

和金稚魚誕生


生まれました~!!朝はまだだったんですけど、夜に覗いたら、舟に張り付いてました、ベイビーズ。飼う方としてはちと複雑ですが、可愛いもんだなぁと。

chigyo1L.jpg
部分トリミング。写真原寸大。100mmMacroなので、あんまり寄り過ぎると、ピントが合う範囲が狭すぎになります。若干遠目からの撮影です。今度、もっと寄って撮ってみようと思います。

brine_11.jpg
早速、ブラインシュリンプ湧かしをスタート。バケツだとどうも狭いので、600LOW水槽で。2Lのペットボトルに、ブラインシュリンプエッグ2g、塩40gを入れて、ヒーターで約28度設定。真水から温める時間が勿体ないので、温水を入れてスタート。手でこのくらいかなと測って適当にスタートしたのですが、エドちゃんトロ舟から水温計を借りて来て投入してみると、ほぼ28度でした。手水温計スゲェなと。
まぁ、24時間で孵化されると夜遅い時間になってしまい、給餌出来ませんけどね。その翌朝まで放置となると、今から32時間後ぐらいには成ってしまいます。明日1日は給餌ナシということでも有りますが、稚魚達も、1日は、お腹の袋の栄養を摂って過ごすようですから、丁度良い頃合いの初回給餌になると思います。
去年は、未孵化のブラインの卵は戻したりしましたが、そうすると、その次の回のブライン湧かしと孵化するタイミングが別に成り、給餌が面倒な事になるので、今年からは、多少時間を長めに湧かして、未孵化のものもおかまい無しで一緒に濾して、未孵化のものも、卵の殻も、全部舟に投下することにしました。この方が手間が省けるし、トロ舟も水量が有るのでそうゴミだらけという感じにもなりにくく、ゴミは、網で掬ったり、水換えで取り除けばいいやということで。

60cm水槽に取り残された卵の方も孵っているでしょうけど、そう数が居ないところへ湧かしたブラインを入れるのも効率が悪いです。60cm水槽へのブライン投入は、数回に抑えて、早いうちに、稚魚をトロ舟140の方へ合流させる予定です。
2009-04-16 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。