和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

1号9ヶ月余


9ヶ月が経った1号。水槽で鑑賞し、飼育も楽しみ、大事に飼うと決めて手に入れたらんちゅう第1号。それはトンボ、さくら、エドちゃんも同じ。4匹は1,000円から1,500円ほどでした。金魚1匹に4,000円なんて有り得ない、と思っていましたからね。
1匹、ちょっと踏み込んでみようと、5,000円のタイガーを手に入れた。

私の意識の根本では、1匹の素赤和金も5,000円のタイガーも同じ一つの命で、差は無いと思っていると言って良いかな。まぁ、金魚屋の餌金を救う事なんて出来ませんけどね。

例えば犬。血統書付きの犬も、雑種も、私にとっては同じ1匹の犬で、命の価値に差は無く、人為的に交配され続けた、不自然に小さくされた犬などを見ると、悲しくもなります。雑種しか飼った事無いからそう言う面も有りますが。
可愛くて小さい犬が買われて行くその裏で、雑種だったり、可愛く無かったり、飼いきれなく成った邪魔な犬が、処分されて行く。犬種を選び、可愛くて小さい犬を手に入れようとする、一人一人の意識が変わらなければ、不幸な犬達が減る事は無いだろうと思っています。罪深きは人間だと。
私には、らんちゅうもそれに重なるんです。人為的に繁殖し、良いものを手に入れ、良く無い物は排除するというのが。
命をもて遊ぶとは、本当はこういう事ではないのかなと。「らんちゅうのすべて」では、本気になって繁殖を行わないのなら、それは命をもて遊ぶ事になるというように書かれていましたけど、違うべ、と。

不格好だから始末する、命を奪うと言うのなら、逆らう事が出来ない圧倒的な存在が仮に現れ、人間が飼われる事になった場合、自分が始末されて、それでもいいのかと。私なら、そんな始末は絶対にされたくない。逃げようとしますね。まぁ、圧倒的存在なので、抵抗できないんですけどね。
2009-02-01 : らんちゅう1号 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。