和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

陽だまりの水温


日当たりのいい場所に移した、小赤20匹ほどが居る火鉢の1日の最低水温と最高水温を測った。最低水温3.1度、最高水温10.1度。撮影した正午が5.4度。プラ舟の1日の最低水温は0.9度で、2度ほど違う。

火鉢の方は、以前より環境がいい感じだなと。プラ舟の小赤達が可愛そうだなと。今の火鉢の場所は、北側に物置が有り、西に塀がある。風が吹き抜けない、まさに日だまりなんです。東から昇った太陽の光が少し高く成った頃に当たりだし、日が沈む前まで当たり続けます。プラ舟の方は、正午頃から、午後2時までがいいところで、北風が吹き抜ける。

しかし、プラ舟まで移動する事は出来ないなぁ。差別的だ。(笑)やはり、もう少しプラ舟の保温を考えるかなぁ。まず風避けでしょうねぇ。は虫類用の、マットヒーター、パネルヒーターというのも考えた事も有るのですが、通常のヒーターが15度設定からなのに対し、25度からになるようですね。水槽の下に敷いた場合、水温を測るサーモが有るわけでは無いので、25度設定でもそこまで水温は上がらないようですね。それで水温5度くらいを保てるといいのですけどね。しかし、何度に成るかも分からないので、水の入った水槽には使いにくい。となると、5度からの設定が可能な、アクアリウム用のサーモ+ヒーター管になりますが、これはやはり高価すぎて手が出ません。
う~ん、やっぱり風避けが限度かな。氷る寸前の水温でも、死ぬわけじゃないので、その程度でいいかなと。
2009-01-03 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。