和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ナノスポンジフィルター使用開始


本水槽で丸2日以上濾過させた、少しは濾過バクテリアが付いたと思われる、ナノスポンジフィルターLS-30を、溜置きの水でゴミを落としてから、エドちゃんのトロ舟へ設置しました。
ナノの使用感ですが、本水槽のエアーポンプ水心SSPP-3Sのダイアルを回して、エアーの出を抑えても、吐出口の泡の音がしますね。う~ん、テトラに軍配を上げざるを得ないかな。見た目が黒っぽいので、目立たないのは良いです。水位が足りず、上の写真を撮ったあと、トロ舟に溜置きの水を追加。水深13cmほどにしました。それでもまだ、吐出口は出ていますので、通常なら、水位は最低でも15cmぐらいは要りそうです。パイプをカットして、スポンジ部分を寝かせて使えば別ですが。
たぶん、今の状態では、濾過バクテリアが十分ではないので、ここ数日での増殖を期待。水温は15度ぐらいは有る。外の場合の水温5度という環境で、濾過バクテリアが十分増えるのかは知りませんけど。

トロ舟、日がよく当たる箇所に苔が生え始めました。緑色をしていますね。いい事だなと。もっと増えろ~って感じです。

600low4.jpg
さくらを隔離している、エドちゃんのトロ舟の上に設置している600LOW水槽に、エドちゃんで使っていたブリラントフィルターを移動。今はもう、薬も塩も入れていません。細菌が少ないと思われる更水のみで、さくらのウロコの付け根の自然治癒を待っています。まだ本水槽へは復帰しない。まぁ、戻してもいいのかもしれませんけどね。ウロコが一カ所剥がれ気味というのは、ほぼ治っていますので。ウロコの付け根はもう少し。

だんだんと600LOW水槽での通常飼育環境が整って来てますが、さくらを本水槽へ戻したら、エドちゃんを薬浴させるかもしれない。つまり、取り敢えず、隔離、薬浴用の容器としてこの600LOWをキープしておかなければいけないので、さくらをこのまま、とか、タイガーをこっちに、とかは、まず無理です。そうしてしまった場合、さらに薬浴用容器が必要になる。外のマツモを入れるというのも、止めておいた方がいいなと。
2008-12-30 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。