和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

冷たい


外の小赤プラ舟FP-60の、数日間の最高水温と最低水温をマルチ水温計で計った。
最高水温10度、最低水温4.7度。ここのところ朝の給餌時の水温が6度弱なので、冷えているのは分かってますが、4.7度かぁ。冷たいですなぁ。

この水温でよく死なないものだと、その適応力に感心します。環境に体温を合わせる能力も大したものだということ。小学生でも知っているような事ですが、観察して改めて思わされます。
ほ乳類のクジラは、冷たい海でも生きられる。分厚い脂肪が体温低下を防いでいるのかな。イルカはどちらかというと暖かい水域に居るようですから、クジラほどは脂肪が付いていない感じですかね。まぁ、イルカ、クジラと呼ばれるものも曖昧で、生物学的にはそう違いが無かったりするようですけど。
東北でもイルカが水揚げされることも有るようですが、冬場はどうなんでしょうね。南へ下るとか?

写真は、和金親魚水槽のフタの上です。今は与える事がほぼ無い、テトラフィン、テトラフィンベビーなどの容器が写ってます。たま~に与えて来ましたが、ほぼ、もう与えていません。そのうち廃棄かな。室内のらんちゅう達の粒餌、咲ひかりも、たまにしか与えていませんので、これも使い切らないでしょうね。
あと写っているのは、このスペース上の天板の上に有る小赤約70匹のプラ舟FP-60で使っているブリラントフィルター用のエアーポンプOX-45。振動防止の為に、ウレタンを敷いてます。これでも、置き方に寄っては振動が有る。

今日は本水槽90cmワイド、エドちゃんのトロ舟40、薬浴中のさくらの30cm水槽の水換えと、90cmワイドのフィルターのストレーナースポンジの掃除。
ちゃっぷい、ちびたい。
2008-12-21 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。