和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

貝の卵混入&マツモ水槽の最高水温


らんちゅう達4匹の90cmワイドに入ってしまった貝の卵。最近購入した、数日前にマツモ水槽から補充したマツモに付着。入れたときザッと見たんですけどね。もう一回しっかり見たら、やはり。卵もサカマキガイっぽいですけど、似た種類の貝も有るでしょうから、断言出来ません。卵は撮影後撤去しました。
カメラのピントがオートしかないので、ピントが合わせられませんでした。細かい事はやりにくいなぁ、コンパクトデジカメ。シャッター遅いからブレるし。はやいうちにデジイチが修理から戻って欲しいところです。ISO感度は、800は粗すぎなので手動で400、F5.6、1/5秒。手持ちで1/5秒は無いな、失敗。絞りもいじれるので、F2.8まで開けば良かったな。

外のビニール温室内のマツモ水槽の最高水温、23.8度。18度設定のヒーターで、水面近くの水温は20度台にはなり、以前の設置場所では21度に成る事は無かったという事から、この23.8度というのは、設置場所を変えた事によって日射時間が長く成り、水が温められたと言えるでしょうね。日だまりへ移した結果です。
もう少しこの場所で様子を見てから室内へ移そうかなぁという気持ちもチラホラ。夜はヒーターが点きっぱなしなので、だんだん電気代が勿体なく感じて来ました。まぁ、今の常態で育ちが良ければ、続けるかもしれませんが。
室内へあの60cmx30cmx36cm(H)の水槽を追加するのは嫌ではあるんですけどね。薄い、60cmx45cmx23cm(H)ぐらいの水槽ならいいかもなぁと。
あぁ、でも室内へ入れると、今度は生体を入れたく成って、小赤を何匹か入れてしまいそうだなぁ。自分の負担を考えると、小赤の容器はもう増やさない方がいい。そうならないためには、やはり外のまま、ですねぇ。
2008-12-09 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。