和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

頭の雲に紫外線


以前知らずに使ってしまった、は虫類用の紫外線蛍光管、ポゴナクラブのパワーUVBを、殺菌作用を期待して、エドちゃんの頭の白い雲撲滅用に使ってみる。点灯は1日1時間ほどで、薬の無い状態、つまり塩水のみでの養生時での使用です。
殺菌作用が有ると、容器内の濾過バクテリアも死んでしまうでしょうが、今は療養中なので、関係ナシです。薬浴前のトロ舟のバクテリアのバランスが整っていた、水が出来上がっていた、とは思っていませんので、そういった場合や、敢えてバクテリアバランスを整えずに、更水で水換えを頻繁に行って飼育する場合、通常の紫外線殺菌灯(は虫類用蛍光管では無い)を使い、細菌の繁殖を抑える、という方法は有ってもいいなぁと思います。まぁ、エドちゃんの体調が良く成ったら、今度は、本水槽からの水と底石を、エドちゃんのトロ舟に使うつもりなので、パワーUVBは必要無いですけど。
それと、生体に必要な紫外線を確保するには、太陽光がなによりですし、今回の場合のUV蛍光管は、は虫類用ですから、金魚には使わない方がいいでしょう。以前、紫外線とはよく知らずに5時間点灯しただけで、1号、トンボの頭と背中がただれて赤斑病のようになりましたからね。

薬浴を行い続けても雲が消えない可能性が有る。つまり、薬が効かない、効かなく成る可能性が有る。また、今はインターバルをとって、濃度を少し上げた塩水のみにしているところで、その場合、殺菌においては、魚体の免疫力が十分無いと難しいかもしれない。それから、細菌は0.5%塩水では生きられないとも言われているようですが、殺菌効果が有る紫外線を使えば、多少は殺菌効果が上がるかもしれない、と考えてのUVB使用です。

紫外線は、細胞内の遺伝子を傷つけ、細胞死が起こる。それは、細胞を活性化し、免疫の働きを活発にし、新陳代謝を上げるとも言える。UV蛍光管を使って、わざわざ金魚の細胞を殺す事は無いのですが、細菌、細菌が取り付いた細胞は殺したい。
金魚への直接の悪影響としては、紫外線が強すぎる場合、細胞死が増える事で、体表がただれてしまうこと。人間で言うと、夏の海水浴後、赤く炎症を起こしたり、皮がむける、というのとほぼ同じでしょう。炎症は免疫反応でもある。
UV蛍光管をうまく使えば、金魚の細胞、免疫を活性化し、体表の細菌を殺せるだろうと。パワーUVBは紫外線蛍光管では紫外線が強い方なので、さじ加減が難しいかもしれませんが、1日1時間程度の照射なら、魚体を傷める事もそれほど無いでしょうし、使わない場合と比べれば、体表の細菌を殺す作用が期待出来るのではないかということ。
濾過バクテリアは、療養中の今は全く関係ないです。2~3日に1度、100%新水へ換水しますので。ヒーターは、体を活性化して免疫も働くようにはさせるでしょうが、水温が15度有る今は、出来れば使わずに済ませたい。ヒーターを入れて冬を越すつもりは無いというのと、これからますます寒く成るので、慣らして行く為にも使いたくない。

トロ舟を設置している場所が、今は全く日光が入らない場所で、今回、頭に白い雲が付いた、エドちゃんの体調が悪いようだというのが、日光が差していた場合起こらなかったとしたら、今後、このパワーUVBでは無く、より紫外線が弱い、ソフトUV(蛍光管)を使うのも有りなのかもしれないなと。まぁ、日光は殺菌作用だけではなく、暖かかったり、緑の苔を付けさせたりする働きが有り、紫外線蛍光管ではとても太刀打ち出来ませんが。

エドちゃんの頭の白い雲が消えるまで、塩水だけの場合に、1日1時間程度、このパワーUVBを点灯させようと思います。使える物は使おうと。薬を入れている場合は、薬が光で分解されてしまうそうなので、ライトの使用は控えます。室内の日当たりの良い場所にトロ舟を移動させれば済む事でも有るのですが、出来ません。外はエドちゃんには過酷でしょうし。

このパワーUVBは、は虫類用ですから真似しませんように。紫外線が1/6程度のソフトUVも基本的には、は虫類用です。通常の飼育環境で、細菌の繁殖を抑える場合に紫外線を使うとしたら、設置構成上魚体には影響が無く、飼育水のみに働くと言う「紫外線殺菌灯」と言われるものをお勧めします。まぁ、バクテリアバランスがとれていない、水が出来上がっていないとしても、通常は殺菌灯は必要無いのでしょうけど。
2008-11-26 : 病気について : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。