和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

茶色い苔、フィルター



西日によって、特に正面から見て右サイドに、茶色い苔が生えてます。あそこが一番日が当たるところです。画用紙で両サイドを外から塞いだのも、関係あるかもしれないですけどね。光が通過しないということが。
日の光を当てると言っても、直射日光が当たるのは、水槽の一部を一日2時間程度です。設置環境が、もっと当てたくても当てられないという状況なのですが、ちょうどいいだろうと思ってます。「日の光を当てる」は、ほとんど「外の光を通す」という意味ですね。日が低い冬場は直射日光は届かないと思いますが、外の光は通そうと思います。
茶色い苔が、水の濁りも引き起こし初めているようですが、今回は、写真に写っている辺りの苔は放っておこうと思います。週に一度くらいの、50%ぐらいの水替え、手前の水槽面の汚れ落としは行うでしょうが。

茶色い苔は珪藻だそうですが、これの栄養になるのが硝酸だそうですね。水中にたくさん硝酸が有るなら、バクテリアの増加の3段階で見れば、3つ目の、亜硝酸を硝酸にするバクテリアが増えつつあり、水質が安定へ向かっている、ということしょうか。過度な硝酸は命取りでしょうけども。また、現在pHを下げているのかと言えば、今日は7.0ぐらいです。アルカリ下での硝酸は金魚には良くないようですが。
水槽立ち上げ後の、安定への通過点と考えると、緑の苔はOKで、茶色は水が安定していない、茶色はダメ、というわけではないのだなぁと思いました。緑の苔も増え過ぎはまずいよなぁ、と。
茶苔が硝酸を減らしてくれるという面と、水槽の水が安定すれば茶苔も増えなくなるとか、自然に消えるという面があるようで、少し様子を見てみようと思います。水が安定していれば生えない、というものでもないようなので、今は水槽立ち上げ途中、という点からの、苔の一部の放置です。

上部濾過のフィルターもまた汚れて来ました。先日フィルターを洗ったのは水道水でした。「水槽の水で軽く洗う」ということも知ってはいたのですが、「水槽で洗ったら水がえらい事になる」と、またアホな事思っていました。「水槽の水で」というのをそのまま受け取ってしまったので。
今度からは、水槽の水を汲んで、その水で適当に洗うようにします。フィルター掃除と同時の水替えはしないというのも、行おうと思います。フィルターの交換も、上層、下層いっぺんにやらず、別々に行おうと思います。上層の繊維状のフィルターは長く使えそうなので、しばらくは、下層の綿状のフィルターの交換になると思います。

コメットの時は何だったんだって感じですけどね。ブログでも始めなければ、調べもしなかった、考えもしなかったかなと。
2008-05-24 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。