和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

トロ舟40にマツモと底石


エドちゃんの居るトロ舟40の1/3の水換え。う~ん、やりにくい。ゴミはスポイトで吸い取り、水は味噌カップでバケツに汲み取る。
ブリラントフィルターの掃除では、こちらもブワッとゴミが散ります。散った後のゴミをスポイトで吸い取りました。網を使うのを忘れてました。いづれにしても、その際エドちゃんは一時味噌カップで脱出していてもらいます。フィルターを底にびったり設置すると、ゴミが底に付着するので、今回はスポンジを浮かせて設置。底石は、以前のクリーナーポンプは使えなく成り、掃除が面倒に成るので少なめに。もう少し入れてもいいかな。

昼尚暗い室内の隅です。気休めに白熱灯を付けていますが、なんの効果も無いでしょうね。マツモを成長させるのは、外のプラ舟、火鉢で済むし。「昼だなぁ」とエドちゃんが感じるか?暗くなれば、「夜だなぁ」ぐらいは分かるかもしれませんが、このライト無しでも十分昼だと分かるでしょうね。真っ暗になるわけでは無いので。
電球を替えようかな。太陽光に近い色温度のものも有るようですね。高いか。普通の電球型蛍光灯かな。白熱電球はエコじゃないですし。温かいのは転覆病には良いかもしれないけど、室内なので、気にするほどの温度変化でもない。
家人は必要ないと思っているようだ。昼間、鑑賞するわけでもないのにと。まぁ、有っても無くても、大差は無いでしょうね。病気の原因と成る細菌などの繁殖を抑えるかと言うと、そうでは無いでしょうしねぇ。太陽光には勝てません。
薄暗い、部屋の片隅、というのが、ちょっと可愛そうだというだけなんですけどね。

らんちゅう達がマツモをよく食べるようになったのと、プラ舟の小赤もマツモを食べるように成って来たようなので、マツモが不足気味です。もっさり買って来ようかなと。
外の小赤のプラ舟でマツモ、底石に緑の苔を付けさせて、それを室内のらんちゅう達の90cmワイド水槽に移す計画の第2弾も発動させたので。まぁ、この計画はただの私の興味本位ですけどね。何かイベントが無いと面白くない、って感じなのです。(笑)
2008-10-26 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。