和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

冷え込み

冷え込みました。朝、外の水が冷たく感じるくらい。室内の水は22度、外が18度。4度差。これだと、室内の水換えの時は温度を合わせないといけないなと。水深が浅いので水量が少ない、トロ舟のエドちゃんの場合は特に。転覆していますし。

同じ外でも、火鉢の水の方が暖かい。手を入れてすぐ分かる。1度以上違うかも。設置場所が、和金親魚水槽、子赤のプラ舟FP-60は、少し風が吹き抜ける家の裏。焼き物の火鉢の方が断熱力が有るという事も有るかな。となると、やはり外飼いでは、保温効果の有るものの方がいいという事。分かりきってますけどね。

外の90cm水槽に温度計を入れているので、FP-60の水温はきっちりとは分かりませんが、90cm水槽より冷えやすいかなと。やはり少し対策した方が良いのかもしれない。子赤なら、らんちゅうなどより寒さにも強いのかもしれませんが、らんちゅうを外飼いする場合を考えるとそうなるなと。底にウレタン板、サイドをプラ舟高より高い風避け、で違うかなと。

室内への換水は、溜め置きとの水温差が2度なら、50Lぐらいの水量が有れば、換水量を25%ぐらいにしてそのまま換えてしまいます。この場合の温度低下は、え~と例えばで計算すると、(19 + 3 x 21) ÷ 4 =20.5度、0.5度下がる。あ、2度 x 25%ですか。温度差 x 換水パーセンテージか。
更に考えちゃいますが、2度差で40%換水の場合、2 x 40% = 0.8度。これが、4度差なら25%換水では4 x 25%で1度、40%換水では4 x 40%で1.6度。
私の感覚的な限度、2度差で25%というのは、0.5度の下げまで、ということですかね。3度差が有ったら、25%換水も出来ないなぁ、というのは、3 x 25%で、0.75度の下げはしたくないということか。なるほど。

換水の水をヒーターで暖める場合で、90cmワイドの時は、45Lのポリバケツ全部の水を温めないといけない。一晩ヒーターを入れっぱなしというのは有り得ないかな。8時間待つ間、水が冷たくなる作用も働きっぱなしで、やかんなら数分で沸く。塩素を抜くために5分沸かしっぱなしというのもエネルギーを余計に使うという面が有りますけど。
やはり、やかんで水温調節かな。
2008-09-28 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。