和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

室内外水温差

涼しくなってきました。らんちゅう、桜錦、江戸錦を飼い始めて5ヶ月が経とういうこの頃。室内の水槽、トロ舟と、外の溜め置きの水の水温差が出てきました。2~3度。今春まで飼っていたコメットの時は、真冬はもっと有り、水換えでは、やかん2つにお湯を沸かして外まで運び、水温を合わせてから、水槽へ入れていました。温度計は使わず、手を突っ込んで水温差をみてました。若干暖かめにもしていたな。やかん2つ分で40Lぐらい水温を合わせられたかな。まぁ、バクテリアの事、冬の水換えは避けた方が良い事、冬は餌を減らすことなどまったく知らなかったので、水が汚れたら換えてはいました。コメットは7年生きました。最後は水換えを怠り、水カビ病かな。

これからもやかんで良いのですが、エドちゃん、さくらの冬場の転覆を考えると、1個、温度調節が出来るヒーターが有って良いし、そのヒーターを普段は溜め置きの水の温度調節に使っていいかなとも考えたりしてます。前の晩ぐらいに仕込んでおいて。

エドちゃん、さくらの転覆のためだけに使うのもどうかというのが有るんです。室内の金魚にヒーターというのが。不確定要素が増えるというのも有って。真冬の室内水槽では、低くても13度ぐらいはあるのかな。計った事ありませんけど。真冬の転覆時では、上げるとしたら15度がいいところか?
それから、冬場、暖房を入れている時と、切った夜中では温度差が大きい。コメットでは全く気にもしなかったことですが、転覆が分かっているエドちゃんには、これを考えておかないといけないなと。つまり、夜中に下がりすぎても良くないなと。餌やりは夜は避けるべきなのは今も同じですが、真冬に転覆した場合には、水温差があまり出ないように最低温度を保った方がいいだろうと。昼18度、夜中13度とすれば、夜中でも15度ぐらいには保ちたいかなと。13度は別にして、温度差があれば、それを緩和した方がいいかなと。

溜め置きメインで使うつもりで、1個仕入れておこうかなぁ。
エヴァリスの「プリセットオートヒーター 金魚150w(18℃固定式)」もいいか。 60cm水槽以下用だけど。ダイヤルいじられてお湯にされる事も無いし、安い。90cmワイドでは使わない、トロ舟40用、溜め置きの45Lのポリバケツ用だし、ブラインシュリンプを湧かす場合も26度固定のヒーターは有る。

あ、ちなみに和金親魚の水換えでは、45L溜め置きプラス20Lほどの水道水です。水撒き用の2Lのペットボトル4本も溜め置きとして使います。それでも1度に換えられるのは1/3ぐらいですから、溜め置きの水も、ほんとは60Lぐらいは有ると良いですね。大きいポリバケツ探すかな。それでも上のエヴァリスのヒーターで足りますねぇ。外の溜め置きが18度を下回って来ないと使えないので、それまでは金魚に我慢してもらうしかないけど、温度差が気になるのは、それぐらいの水温からかなぁ。今は水換え量を減らせば大丈夫だし。

まぁ、検討し始めたところなので、どうするか分かりませんけど。15度が使えるヒーターの方がいいし、室内水槽24度、屋外の水21度の今でも水温を合わせられるので、普通の水温調節出来る方がいいですかね。ちょっと高いけど。
2008-09-22 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。