和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

AX-60のろ材

90cmワイド水槽の濾過装置AX-60の活性炭フィルターがそろそろ交換時期なのですが、交換はせず撤去します。この活性炭フィルター、効果は、水の黄ばみ、臭いの元となる成分を吸着ということなのですが、よく言われるのが、アンモニア吸着になりますかね。
確かに、AX-60にしてから水が澄んでいます。濾過能力が以前より高いのでしょうが、この活性炭の影響も有るのかなと。澄みすぎて水質が本当に良いのか分からないぐらいです。2週間、3週間での活性炭フィルターの交換は手間やコスト面で出来ませんので撤去するわけなのですが、空いたスペースを何で埋めるか、また、今の、純正のスポンジ、ウール、リングろ材で良いのかも含め、再考中です。

スポンジは取り敢えず必要だろうとして、ウールの方ですね。これは目が細かいので、目詰まりしやすく、掃除を結構マメにしないといけない。上部式でもドロドロにまっ茶色になっているのがこれですね。外部式では、スポンジ、ウールを入れずに、物理濾過はせずに生物濾過のみにしている、という話がネットでは有りますが、逆に言えば、ウールこそ、バクテリアが大量に繁殖して分解しているとも言えますかねぇ。
長い糞の塊が吸水力でストレーナーに吸い込まれることは殆ど無いので、水槽内の目につく糞は、水換え時や、GEXの「おそうじやさん」や、スポイトで取り除いていますが、細かいものも沢山水中には浮遊しているので、それらは結構濾過装置に入る事に成りますね。せっかく吸い込んだものを濾さずに水槽に戻すのも、また変な話かもしれないなぁと。リング濾材などでの生物濾過が、目に見えないような、水に溶けているアンモニア、亜硝酸などの分解、ということだとすればですけど。

さて、どうするか。それでもウールは撤去するか?う~ん。微妙だが、ウール撤去でスポンジで行ってみるか。3週間でどれだけウールが汚れているかにもよりますが。3週間でメンテナンスというのも結構面倒なので、汚れがひどく、掃除必至なら、スポンジだけにしてみるかと。それほど汚れていなければ、ウールが有ってもいいだろうと。1ヶ月もつなら、という感じでしょうか。

リングろ材ですが、小さいものの方が、隙間が少なく、数が入り、ろ材の表面積が大きく成るようですね。多孔式の球状のものも沢山入る。付属の純正のものとプラスして、そういったものを足すのも良いかもしれない。小さめのリングか小さめの球状か、どちらがいいかというのも迷いどころなので、両方仕入れるかもしれない。となると、純正リングが要らなく成るかもしれませんが。

純正スポンジ+純正リングろ材に、小さいリングか小さい球状のもの。これも有りかなと。あと珊瑚石を移動させてと。まぁ、ウールの汚れ次第ですが。
ウール無しにした場合、水槽内に浮遊する小さいゴミが増えるようなら、ウールを復活させればいい。活性炭による黄ばみ除去に関しては、水を換えればいいようで、換え時が、目、鼻である程度分かるという事でもあるらしい。

元々、濾過が有ると青水にほぼならないというのもちょっと引っ掛かるんですけどね。まぁ、室内ですし、90cmワイドに9cmクラスの金魚が5匹居ると、夏場はすぐ水が悪く成るので、濾過は欠かせないので付けているのですが。。

水換えは、今は3匹なので、6日に1度、40%換えるくらいです。ゴミ取り兼ねてです。5匹で真夏の餌が多いときは、4日に1度、40%ぐらいでした。
2008-09-18 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。