和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

1号上見


来て20日目頃の1号の上見。約7cm。柄は鰭先が白いというか透け気味で、素赤で良いのでしょうかね。鰭の先ほんのわずかが色が無くても猩猩(ショウジョウ)にならないのかは今の私は分らない。撮影時は、水面が揺れないように、対流が起きないように、エアーと濾過装置を止めました。目にはしっかり見えているつもりでも、一瞬を写す写真では、水の揺れでぶれたように写ります。
らんちゅうは上から眺め、形、模様、左右対称性などを見るそうで、その目を養うために、自分のらんちゅうを使います。ちびらんちゅうですけど。写真は、泳いでいる途中の写真ですので、鰭(ヒレ)が後ろへ流れています。
私の、うちの4匹に対しての見方としては、肉瘤は無いので、頭はあきらめると言うか、評価できません。

1号は、左右バランスはそう悪くないというか、いいんでないか、と思ってますが、どうなんでしょう。少し傾いて撮れている写真なので、左の腹が少し大きく見えます。尾は私には十分に思えます。尾筒は、泳いでいる途中というのを差し引いても、細いのかなぁと思います。何尾?う~ん、四つ尾ですかね。後方真ん中の割れが大きい。割れていない三つ尾ではない、割れの浅い桜尾でもないなと。体は、長くもないと思います。頭が小さいと、少し長めに見えるでしょうけど。お腹が膨らみ過ぎかもしれないけど、今は食べ盛りなので、これはこれでいいかなと。発色、鱗もそれなり、値段なり。

四匹に言える事ですけど、まだ小さいのと、肉瘤のことからも、目が出気味になるのかなぁ。
2008-05-20 : らんちゅう1号 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。