和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

オートパワー設置

テトラの外部フィルター、オートパワーフィルターAX-60を、らんちゅう達の90cmワイド水槽へ設置しました。
まず、付属の活性炭フィルターですが、上部式のスポンジも流用しているとは言え、濾過バクテリアがタンク内になじむだろう頃まで、そして活性炭フィルターに付着したアンモニアが漏れ出す前までは、使おうと思います。20日間がいいとこでしょうか。

水深を27cmに下げました。水量はだいたい72Lぐらいでしょうかね。5匹で72Lは、まぁ大丈夫な範囲だと。これで、エドちゃん、さくらの鼻上げも少しは楽になるでしょうかね。


シャワーパイプからの水は、水槽面へぶつけて、その手前にマツモを置いて水流を防いでます。水へ落とすと結構水流が出来ますね。酸素と水流どっちを取るかと言えば、水流が無い方。エアーストーンがもう一個入っているので、十分だと。

autopower4.jpg
水中モーターですが、ネットでも書かれていましたが、付属のキスゴムをモーターの上に付けて水槽面に固定した場合、若干共振しますね。ブブブブブブッと。写真のように上のキスゴムを外すと収まります。まぁ、これだと金魚が隙間を通りかねないので、我慢してキスゴムを普通に使うか、他のもので代用するか、それともモーターから下の部分はぶら下げて使うかでしょうかね。私は取り敢えず、我慢して使います。金魚達のストレスにならなければいいですけどね。

autopower5.jpg
セパレーター、今までは上部フィルターの関係で左35cmと右55cmにするか、斜めにセパレートさせるかでしたが、だいぶ移動させられるようになりました。写真は丁度半々。水流を考えると、左35cmと右55cmという分け方はちと止めた方がいいかもしれないなと。

外した上部式濾過装置は、洗って干して、袋に入れて、しまっておこうと思います。雨ざらしにはしませんです。外で使う場合は雨ざらしかもしれませんが。
2008-08-31 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。