和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

面倒に成って来たので

桜錦の稚魚達へのブラインシュリンプ給餌量が足りず、ブライン湧かしを倍増するべきところだったが、忙しいのも有り、面倒なので、粒餌の給餌も開始した。まぁ、孵化1ヶ月を過ぎたので丁度いいんだけどね。

で、浅い60cm水槽2つでは過密だったので、外の和金で使っていた60cm水槽をこっちへ回した。
saki3.jpg
スズキの60x45x30cm(h)

こっちがコトブキ600LOW
saki1.jpg

ADA60x30x18cm(h)
saki2.jpg


粒餌は、咲ひかり金魚の稚魚用。針仔から与えられるというが、小さい個体は、粒を一口で、とはいかないのかもしれない。まぁ、粒のサイズが小さいものも有るようなので、そういうものなら食べられるし、少し柔らかく成ったところを突っつくことも有るだろう。ブラインシュリンプの給餌も続けているし。
大きめの個体はしっかり粒餌も食べられるので、今後、サイズ差が益々開くかもしれない。そこは、もう、いつまでも大きく成らない針仔のような個体は、ハネていくしかないだろう。ほんと、そろそろ選別しないといけないし。
スポンサーサイト
2013-05-23 : 飼育環境 :
Pagetop

屋根補強

FRPジャンボ280とプラ舟ジャンボ180用の屋根を修正、補強した。
yane2.jpg
接続金具の位置を修正し、波板を止めるスポンジパッキンとワッシャーを追加購入して、強風によるバタつきを抑え、グラつく柱を2本の横板を追加して補強。なんだかんだで、合計9,000円ぐらい掛かったか。

が、ケチって、細い角材を柱にするのはちょっとまずかったなと。けっこうグラつく。

まぁ、あとは壊れてからでいいやと。壊れるとしたら、雪の重みで、なんだろうけど。

2013-05-23 : 飼育環境 :
Pagetop

たぶん死亡

よく分からないのだが、だいぶ前からノンが居なく成っていると思われる。たぶんカラスか猫なんだろうな。今回の大量死では無いだろう。その頃、ノンの他に、誉の仔で居なく成った仔が居るし。

松とノンの仔で、ノンによく似た個体が数匹おり、それらのうち1匹が、今回の大量死で死んでいるので、この際、ノンの死亡を確定させる。

ハネのカラス被害に次いで、病気による大量死で、結構金魚の数が減ったのだが、痛いのは、親とする予定で購入した金魚達を失った事だな。まぁ、浜男はオス親として役立たず、レナも殆ど抱卵しなかったんだけど。

今年は、今、桜錦の稚魚が300匹以上居るので構わないのだが、来年以降をどうするか、考えないとな。らんちゅうを仕入れるか、それとも桜錦にするか。
2013-05-23 : ノン、ラン、シド(桜錦) :
Pagetop

大吉死亡

この間来たばっかりなのに、もう死なせてしまった。

うちに来たのが間違いだったか。他所へ引き取られていれば、こんなに早く死なずに済んだろう。
こういう事が有ると、新規にらんちゅうを手に入れるのを、控えるように成るだろうな。私の場合。

新たにらんちゅうを手に入れるのも、来年だな。
2013-05-23 : 大吉(故らん) :
Pagetop

レナ死亡

レナも死なせてしまった。

金魚をしっかり観察して、面倒くさがらずに水換えをしっかり行い、病魚発生時にはしっかり養生させないといけない。

カラスの件もそうだが、手を抜いたのは間違いない。面倒に成り、手に負えなく成って来ているのかもしれないな。
2013-05-23 : レナ(故らん) :
Pagetop

浜男死亡

5月半ば、急に暑い日が2日続き、その後の雨で気温が下がり、その2日後に、FRPジャンボで大量死が有った。その中に浜男も入ってしまった。

私の飼うらんちゅうでは、松と共に、最も大きく、立派ならんちゅうだった。浜男並みのらんちゅうを手に入れるには、結構な出費が掛かるだろう。当歳から育てるのもなかなか大変だ。

やっぱり、高価な金魚を飼うには、時間的に余裕が有り、集中して管理が出来る人間が行うべきで、私の様な若輩者には、ちょっと無理なのかもしれない。やりたいことが沢山有って、金魚にばかり時間を割いて居られないのでね。

新たにらんちゅうを仕入れるのは、来年以降かなと。
和金を減らさないといけないし。
2013-05-23 : 浜男&松(らん) :
Pagetop

大量死

先週、FRPジャンボで、らんちゅう、桜錦が15匹ほど死んでしまった。

らんちゅうでは、松、レナ、大吉、桜錦では、ノンなど。あとは誉の仔や松の仔。今思えば、さくらが死んだときに、既に病気が拡がっていたようで、薬浴が1日だけでは足りなかったようだ。

大量死後、薬浴を2日行い、水を全て換えたが、まだ、完治していない個体も居るようだ。更に薬浴を行うかは、今後の魚達の調子を見た上だ。

外から魚体を見て充血している場合はすぐ分かるが、体の内側で細菌が増殖している事も多いようだ。この場合、ちょっと見ただけでは分かりにくい。まぁ、毎日しっかり観察していれば分かるんだろうけど、私の場合、そうでも無いからね。

親と成るらんちゅうが居なく成ってしまったな。松ももう年だし、ジュンはイマイチだし、オス親がカジオさんだけだからなぁ。今後数年は、桜錦に専念しようかなぁとか考えたり。
2013-05-23 : 飼育環境 :
Pagetop

少し大きく成った

孵化から一ヶ月ぐらいだったか、桜錦の仔達とらんちゅうの仔がほんのちょっと。300匹は居る稚魚達には、コトブキ600LOWだけでは狭く成ったので、ADA60x30x18cm水槽も使用開始。

600LOW
3daime03.jpg
200匹は居るだろう。う〜ん、分けたばかりなのに過密だな。近いうちに60cm水槽も再稼動か。ブラインシュリンプも倍増だな。
稚魚用のスポンジフィルターが小さ過ぎて、使用翌日には、テトラのブリラントスーパーフィルターへ変更している。おかげで水が澄んでいる。ブラインシュリンプ給餌時も、エアーの量は絞っていない。給餌後は仕事で出掛けるので、絞ると、帰って来るまでそのままに成ってしまうので。
それでも、水流が殆ど起きないよう、吐出口からの水の出はチョロチョロにしている。稚魚が吐出口から入らないように、吐出口は水面より上にしている。その方が水流も起きない。

ADA60cm水槽
3daime04.jpg
立ち上げたばかりなので、水が白濁している。ゴミも溜まっている。水を換えないとな。
こちらは100匹余りかな。合計で350ぐらいは居るのかなぁ。稚魚が成長するにつれ、いつも、見積り数が増えて行く。
600LOWには20度設定のヒーターが入っているが、ADAの方はヒーター無し。もう、ヒーターは要らない時期かなと。600LOWのヒーターも、近いうちに外す予定。


平日は、ブラインシュリンの給餌は、朝と夜の2回だけだ。最低でも3回は与えた方が良いのだろうが、仕方が無いね。

そろそろ、不良魚をハネる時期に来ている。毎年先延ばしにしてしまうが、いつかはやらなければ成らないんだよね。思い切って。私の場合は、和金の餌行きなんだけど。
2013-05-12 : 飼育環境 :
Pagetop

屋根

大工の真似事など殆どしたこと無いが、必要そうな材料を購入し、半日でほぼ完成。
yane.jpg

サイズは1800mmx1800mmほど。波板が3枚、角材を12本使用。あと接合金具や、防腐用水性ペンキ、モルタル20kgかな。波板が900mmx2400mmのつもりだったのだが、勘違いで、角材を切るハメに。

地面が土なので、4本の角材の土に埋まる部分には、防腐ペンキを塗り、波板が風に煽られて角材が地面から抜けないように、周りにモルタルを流し込んだ。埋め込みの深さは、屋根が高い方が25cmほど、低い方が30cmほどでしかない。屋根の高低差が5cmという事に成る。

日曜大工も殆どしたことが無いので、接合金具選びと、その取り付け位置を間違えてしまった。屋根が飛んじゃう事は無いだろうと、そのままにしちゃったけど。

教訓としては、角材は少し長めに、はみ出すようにしないと、ビス止めした時に角材が割れやすいってことかな。まぁ、先に一度、細いビスで穴明けしておけば割れないんだろうけどね。あと、しっかりサイズを確認しながら材料を仕入れることかな。こっちは基本だけど。

1800x1800だとちょっと小さい。今のままでは、雨が多少、FRPジャンボ280とプラ舟ジャンボ180に入ってしまう。まぁ、今度の水換え時に、舟の間隔を詰めて、雨が入りにくくすればなんとか成るかなと。

強度がまだ少し足りないかもしれないので、接続金具を追加するかもしれないし、波板がバタついてしまい、波板のビス止めを追加しないといけないかもしれない。

費用は、2mの角材12本で2,000円弱、波板が、600mmx1800mmが3枚で3,000円ほど。モルタル20kgで600円、接合金具が全部で1,000円余り。ペンキが800円ほど。計7,400円ほどだ。痛い出費だ。
もう今月、余計な物をな〜んも買えないぞ。赤虫も止めて、粒餌オンリーだ。猫除け、鳥除けの金網も買えないな。カメラも買ってるし、GWでも散財したし。
2013-05-08 : 日常 :
Pagetop

カラスに

一昨晩、夕立ちが有り、FRPジャンボでの事が有るので、水が傷まないように、今回は外の飼育槽全てに雨除けを被せておいたが、昨日、家の者が善かれと思ってそれらを外した。

60L〜100Lの舟には、普段、カラス、猫除けに金網を乗せているのだが、水面上全てを覆うものでは無く、15cmx80cmほどの隙間が出来る。普段は、その隙間を含めて舟の半分を覆う大きさの波板や日除けを乗せている。それがまた、金魚の目隠しにも成っている。

家の者が乗せた波板、日除けが昨日の強風で飛ばされており、トロ船80、プラ舟FP60の隙間から、桜錦のハネ約50匹のうちの20匹ほどが、カラスに持ち去られてしまった。

もし、自分が、お金を惜しまず、飼育槽上面全てを覆う金網を設置していたら、
もし、夕立ちが止んだ後、自分で雨除けを外して、隙間を覆う波板を乗せ、重りを乗せて居たら、
もし、普段から、もう少し重い重りを波板の上に乗せるようにしていたら、

カラスの事は予想しているのだから、きっちり防ぐ手だてをしてこなかった自分の責任だ。

は〜、胸糞悪い。全てが嫌に成る。
やけくそで、大きい金網3枚と、雨除け屋根用の角材10本と波板3枚を買いそろえようか。

2013-05-08 : 日常 :
Pagetop

ガンダム補正

RAWでの撮影はしていないので、JPEGをPhotoshopにて補正。

補正後
gundam03.jpg
目をいじったが、ちょっと不自然かも。

補正前
gundam01.jpg

補正後
gundam04.jpg

補正前
gundam02.jpg

2013-05-05 : 日常 :
Pagetop

さくら死亡

残念。さくらを死なせてしまった。飼い始めが2歳だとすると7歳。8歳かもしれないけど。

今日、FRPジャンボの水換えをする際に日除けのベニヤ板を外したところ、その下で死んでいた。4月27日に95%ほどの水換えを行っているが、その影響か、それとも雨か。さくらの他に、今、背焼けを起こしているのが3匹居るので、さくら個別の問題では無いと思われる。雨が結構強く降った夜、面倒で、雨除けをしなかったのがまずかったかな。それとも、外部濾過器の内部に溜まったドロドロの青いゴミが傷んでいたかのか。

しっかりした雨除けを付けるべきなのは分かっているのだが、角材も結構掛かるし、波板を張るのも面倒で、今まで、すぐ壊れてしまう様な屋根しか付けてこなかった。今年は、もうちょっと頑丈な屋根を付けなければなぁ。

で、背焼けが3匹居るので、FRPジャンボの約30匹とプラ舟ジャンボ180の約20匹を、プラ舟ジャンボで丸一日薬浴させることにした。

今日は、室内のWIDE900と、稚魚の水槽、FRPジャンボ180とプラ舟ジャンボ180の4つの飼育槽の水換えを行った。
2013-05-05 : さくら(故桜錦) :
Pagetop

ダイバーシティヘ

連休なので、カメラ、レンズテストを兼ねて、お台場へ暇つぶしに。

明暗の階調を補正するHDR(ハイダイナッミックレンジ)機能をテスト。
gundam01.jpg
暗部が見えるように成り、明部が若干抑えられたが、ちとコントラスト不足、全体的に暗く成ってしまったな。まぁ、その辺はPCで微調整かなぁと。とにかく、以前のα Sweet Digitalだと、まれに露出の違う2枚を切り抜いて合成、とかしていたので、それが無くなるだけでもだいぶ楽に成る。
gundam02.jpg
これでも、HDR機能で、背中の暗さはだいぶ補正されているんだけど、全体的に暗く成ってるな。PCでも補正出来るけど、HDRを強く掛ける場合、明るく露出補正して撮った方が良さそうだ。

使用したレンズが古いコニカミノルタの18-200mmで、このレンズの写りで今後満足出来るかもテスト。結果、全然大丈夫だなぁということで、そのうち買い足すレンズは、16-80、16-105、18-135では無く、やはり、16-50mmF2.8にほぼ決定だなと。


今日は、金魚は、朝と夕方の2回の餌やりのみ。明日、明後日で、平日に戻る前の水換えをしておこうと思っている。
2013-05-04 : 日常 :
Pagetop
ホーム

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。