和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

持ち越した

疲れていたので、昨日の午後は寝てしまった。胃の調子が悪いと、どうも動けない。水換えは今日に持ち越しに成った。

らんちゅうの松と桜錦のノンの仔のハネが居るトロ舟80。
13_0429.jpg
舟底が汚れて来たので、100%の新水にした。この舟の魚は欠点が目立つので、あまりと言うか、出来れば他へは譲らない方がいい個体達だ。

他、同じく松とノンの仔のハネで、更に形質的に劣る仔達が居るプラ舟FP-60、誉とさくらの仔のハネのトロ舟G-100、和金の90cm水槽と60cm水槽2つ、合計6個の飼育槽の水換えを行った。

限られる飼育スペースを新仔に使う事が出来ないでいるが、まぁ、いいかと。


α57のストラップを、付属の物から変更した。
a57_02.jpg
前々から、首から下げるタイプは余り好きではなく、手にクルクル撒いて使っていたりした。更に、α57は、液晶画面を見ながら動画も撮れると言う事で、ビデオカメラで使われる、ハンドストラップの方が使い勝手が良いんじゃないかと。

で、ミノルタの28年前のレンズ、AF50mmF1.4で動画を撮ってみると、オートフォーカス時に、ガタガタと音がして、結構うるさい。動画撮影モードのうち、Pモード以外のA、S、Mモードは、マニュアルによるフォーカスに成るので、私のように絞りを好みのものにしたい場合は、マニュアルフォーカスに成る。あまりカメラを知らない人間が、構えてボタンを押すだけで撮るには、オートフォーカスが必要に成る。コニカミノルタのレンズならまだマシなようだが、超音波モーターでフォーカスするレンズが一つは必要かもしれない。室内での撮影には明るいレンズの方が良さそうだし、現在、標準のズームレンズを一個追加したいところでもあるので、DT 16-50mm F2.8 SSM(SAL1650)が狙い目かなぁと思っている。まぁ、カメラ本体を買ったばかりなので、しばらくは止めておこうと思っているんだけど。
スポンサーサイト
2013-04-29 : 飼育環境 :
Pagetop

良い気候

いい天気、日向では暖かく、体調も良く成りそうな感じだ。ずっと胃が不調で、薬を飲み続けているもんでね。自律神経みたい。

昨日水換えしたFRPジャンボ280。
golden03.jpg
青水がすぐに濃く成ってしまうので、昨日はかなり薄めたんだけど、また数日で濃くなりそうな感じ。今は、らんちゅうは、1号、2号、浜男、松、ジュン、カジオさん、レナ、大吉の8匹のみ。桜錦が22匹居る。所有するらんちゅう全てと、桜錦の選抜組だ。

その辺には、タンポポが。
golden01.jpg

こっちは何だか分からない。
golden02.jpg

α57、AF50ミリF1.4で撮影した。使い始めたα57だが、いろいろオート機能が付いているんだけど、私にはちょっと邪魔くさいな。今日は、アイスタートによるオートフォーカス、液晶の明るさの自動調節をOFFにした。顔検出は昨日OFFにしている。今後も、いろいろなオート機能をマニュアルで使う事に成ると思われる。

さて、午後は、水換え、餌などの買い物だな。
2013-04-28 : 日常 :
Pagetop

餌不足

忙しくて、水換え、ブラインシュリンプ給餌が思うように出来ていない。その上、何故かブラインシュリンプ湧かしがうまくいかなかった。2本用意しているペットボトルのうちの片方が、毎回ダメだった。エアーストーンに雑菌が繁殖しているのか、続けて水が傷んでしまい、ブラインシュリンプが全滅していた。

やっと今夜、まともなブラインシュリンプを給餌出来た。
chi_02.jpg

「腹減っていたろう、どんどん食べてくれ。」って感じ。
chi_01.jpg

2枚とも、α57、100ミリマクロレンズで撮影。2枚目はトリミング。
2013-04-27 : 飼育環境 :
Pagetop

α57

カメラがなかなか帰ってこないので、α57をゲッチュ!
a57_01.jpg
と言うのは嘘で、やっとのことα Sweet Digitalから買い替えられた、と言ったところ。

7年半、α Sweet Digitalを使って来た事に成り、α100、α200、α350、α550、α55などが発売されて来たが、そろそろ替え時かと思い始めたのが、動画撮影も可能なα55が出た時だ。が、このα55、動画撮影時に熱問題が有り、見送っていたのだ。

私にとって、α Sweet Digitalからの変化で大きいのは、画素数が610万画素から1610万画素に成り、ファインダーが電子ビューになり、背面液晶でのライブビュー撮影が可能と成り、連写が毎秒3枚から10枚に増え、オートフォーカスのフォーカススピードが上がり、Dレンジオプティマイザーが付く、ということだろうか。その他色々、機能が付いたりしているが、使いこなせないものも有る。顔認識とか、被写体追尾とか。まだ殆ど使っていないが、フォーカスが意図する箇所と違う所へ行っちゃうかなと思ったり。動画も殆ど撮らないだろうな。

さて、これからは、これで金魚撮ったりするべかな。

ちなみに、レンズはミノルタのAF50ミリF1.4(旧型)だ。このレンズ、逆光気味の時、全体的に白く写ってしまうハレーションが起きやすいんだよなぁ。なにしろ古いレンズだから。

2013-04-23 : 未分類 :
Pagetop

孵化一週間

今回もiPhoneで撮影。魚体がよく分からない写真しか撮れないが仕方が無い。

孵化一週間の桜錦とらんちゅうの稚魚。
3daime02.jpg
孵化3日目に、腐った卵が沢山こびりついた舟から、水槽に移している。らんちゅうの孵化数が非常に少なかったので、らんちゅう稚魚も混ぜてしまった。大きく成れば、見分けがつくかもしれない。

数的には、合計で300ぐらいだろうか。少ない。孵化率は、桜錦が30%、らんちゅうが10%ってところだろうか。これでは、夏の金魚掬いには足りないので、近いうちにまた採卵しなければならない。

稚魚用のスポンジフィルターを先ほど投入。
3daime01.jpg
ブラインシュリンプの卵の殻などを吸着させる。ブラインシュリンプを与えている期間中は、殻や食べ残しのゴミが多く、水が傷みやすい。毎年スポイトでゴミ取りして来ると、いい加減面倒に成って来る。楽に水質を維持したいぞと。ブラインシュリンプ給餌直後は、エアーを絞って、生きたブラインを吸着しないようにしないといけないだろう。
以前からも行っているが、水槽底にへばりついたゴミがたまって来たら、別水槽へ水ごと移す。底にへばりついたゴミが無くなるだけでも、水質の悪化をだいぶ抑えられるだろう。今回はまだこれからだけどね。

今日、暖かければ採卵出来たかもしれないが、何しろ寒い。外の金魚も、この気温の変化に参ってしまうかもしれないな。消化も悪いだろうから、今日はエサ無し。寒いし、雨だしで、水換えの予定も不履行。仕事から帰ってからの平日に持ち越しだ。
2013-04-21 : 飼育環境 :
Pagetop

採卵

暖かく成った昨日と今日、採卵できた。
デジイチをここ2ヶ月貸しており、写真はiPhoneで撮影。寄って撮り、切り抜いたとしてもよく見えない写真に成りそうなので、そのまま切り抜かず、サイズ縮小してアップロード。卵が殆ど見えない写真に成ってしまった。
舟の水が青いのは、FRPジャンボの青水が入っているからで、薬では無い。日が暮れても給餌出来るよう、舟は室内へ移している。ライトは一応当ててはいるが、室内では青水が数日でダメに成りそうなので、水換えの都度、青水を足すつもりでいる。

昨日と今日の採卵、桜錦二組の卵が混ざって入っているトロ舟40。
sairan1.jpg
昨日採卵した一組は、オス親がさくら(桜錦)と誉(桜錦)の仔で4歳だったかな。メス親がノン(桜錦)と松(らんちゅう)の仔で3歳。卵はらんちゅうクオーターに成るが、ノンもらんちゅうハーフと思われ、モザイク透明鱗のメス親とは言え、桜錦とらんちゅうの掛け合わせに近い。

もうひと組は、ノンと同時購入の4歳のランとシドで、兄妹での掛け合わせ。一昨年、秋仔というのも有ったためか、ノン、ラン、シドの3兄妹で掛け合わせたところ、産仔の体が弱い印象を受けた。今回は春でもあるし、どうなるのかなと。ちなみに、一昨年のノン、ラン、シドの秋仔達は、昨年夏、全て金魚掬いに出してしまい、1匹も残っていない。育ちが悪く、残す気がしなかった。

二組分で500個以上は有るかな。私の給餌量が少ないので親のサイズが小さく、あまり採卵出来ないんだよね。オス親の準備も万全ではなかったようで、受精卵はいくつに成るのやら。


今日採卵した、松(らんちゅう)とカジオさん(らんちゅう)の卵の入ったミニ舟。
sairan2.jpg
これまた全然卵が見えませんな。

室内で松と共に飼っていた浜男はやっぱり役立たず。急遽、外のFRPジャンボからカジオさんを連れて来た。カジオさんは4歳だが、これまた魚体が小さく、準備ももう少しで、あまり種が出なかった。卵自体は400ぐらいは有るのだろうが、半分受精していれば良い方かもしれない。


外の、日当りの悪い、水温が低い水槽の和金の方は、もう少し先に成るようだが、なんとか和金の採卵はしないで済みそうかな。夏の金魚掬い用に金魚を頼まれているのだが、私自身が、和金の採卵は出来れば行わずに済ませたい。まぁ、きっちりハネたりしていたら、孵化した稚魚の数が500でも、全然足りないんだろうけど。

室内に移している本命のレナと大吉の方は、まだ全然その気配が無い。
2013-04-08 : 飼育環境 :
Pagetop
ホーム

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。