和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

都内地上1m

琉金の卵、どうもヤバく成って来た。未受精卵が多過ぎて、受精していても、孵化できないかもしれない。未受精卵が多いし、くっついちゃってるしで、腐った卵を取り除くのは無理っぽい。様子見するしかない。


新宿の健康安全研究センターでは、地上1mの土の上でも、放射線量を測ったりしているようだ。0.07μSV/hだそう。環境放射線量が、新宿の18mのビルの上で測られ、ガンマ線しか測っていないということで、環境放射線量としては正確ではないと思っていたが、地上1mでも、平常時の範囲に近いようではある。が、納得したわけではない。3月11日以前は0.04未満で、理化学研究所でも、環境放射線量は、平時(0.04μSV/h)の倍の数値(約0.08μSV/h)って事に成っている。都には、もっと計測地を増やし、地上1mと土壌の両方を測って欲しいな。
近畿大の調査(女性セブン)では、新宿の地上1mでの放射線量は0.12μSV/hだったそうだが、まぁ、計測できる線種が違う機械を使い、計測方法も違えば、健康安全研究センターの数値と異なって来るのは当然だろう。近畿大が何を使って測ったのか分からんけど。
ソフトバンクの孫さんは、0.2μSV/hを計測したようで、更に高いね。

私としては、東電の渋谷の電力館の数値(PDF)<健康安全研究センターの数値<和光の理化学研究所の数値<近畿大の数値、って感じで受け止めている。大事なのは、事故前とどう違うか、だろう。東電の3月15日のピーク値の振れ幅がちと小さいのが気に成るけどね。「健康安全研究センターの半分やんけーっ!」て。

で、うちの土壌はどうなんだかなぁ。今年は家庭菜園はパスだが、来年以降の為にも、いろいろ知りたい所だ。今の所、参考に成るのは、近畿大の調査埼玉の農用地土壌ぐらいだ。

梅がなってるんだよね~
ume5_20110531173752.jpg
梅干しにして食べたら、やっぱり、少しはセシウム入るだろうなぁ。都内の梅の放射性セシウムの濃度は分からない。埼玉の越生で24ベクレル/キロ神奈川の川崎で約30ベクレル/キロ、小田原が約9ベクレル/キロ
スポンサーサイト
2011-05-31 : 日常 :
Pagetop

琉金産卵

琉金達の室内のWIDE900の水が、濁って、泡立っていたので、もう水がダメか?とよく見たら、フィルターのスポンジに卵が付着していた。

採卵
mini10.jpg
600ぐらいは有るのかもしれないが、半分は、メスだけを洗面器に入れて、オスを探している間にだだ漏れしてしまったもの。人工授精でも、2匹のオスのうちの1匹の白子の出がよく無かったので、全体の3割が受精していればいい方かなぁ。180ぐらい。

明日洗面器の水を換えて、ニューグリーンFを少し使おうかな。それでも、数が多く成ると思われる未受精卵が腐って来たら、チマチマと取り除かないとまずいかもしれない。卵同士がくっついちゃって、ダンゴに成っているのも結構有るし。卵が広がるように人工授精を行わないとまずかったかな。

長い事産卵が無かった琉金達だったし、今は、飼育スペースの件や金魚飼育に割く時間的負担も有り、採卵できない方が私自身にとってはいいのだろうが、取り敢えず、水量11Lほどの青いミニ舟で孵化を目指す。このミニ舟に隔離していた誉の仔を、慌ててトロ舟40に復帰させている。

センターがメス親、他の2匹がオス親
wide900_41.jpg
メスは、尾が変形フナ尾で、本来はミックス金魚。まぁ、尾の心配は孵化後だな。
2011-05-29 : 琉金 :
Pagetop

こっちもだ

WIDE900もアンモニアがやばいし、スポンジが4つに。
wide900_40.jpg
アンモニア濃度が3mg/lを超えていたので、6割の水換えを行った。水換えで濃度が半分に成ったとしても、またすぐ水換えが必要だな。ダブルブリラントフィルターを和金の60cm水槽から移している。60cm水槽には、テトラのAX-60を設置した。

他の600LOW、ADA60cm、トロ舟40は4割の水換え。水換え後のトロ舟40のアンモニア濃度は1mg/lぐらい。昨日の感じから考えればこんなものだろう。この3槽もまたすぐに水換えが必要に成る。

外の、過密なトロ舟G-100、プラ舟FP-60、60cm水槽も、明日水換えした方が良さそうだ。

毎日毎日、水換えだ。そろそろやっぱり、桜錦のハネやら、和金の譲り損ねをなんとかしないといかんのだなぁ。過密感をなんとかね。仔引きどころでは無いのだ。
2011-05-27 : 飼育環境 :
Pagetop

ダブルをダブルで

フィルターのスポンジがクアドラブルに成った。濾過を増強しつつ、個体数も減らした室内の3槽。これで、少しは水質悪化を抑えられるだろう。

コトブキの600LOW水槽
600low31.jpg
ダブルブリラントフィルターが2つ。水深が浅いので、パイプをノコギリでカットしている。

2歳桜錦の個体数も、5匹から小さめ4匹に。一番奥の赤勝ちが、トロ舟G-100からの入れ替え。ちと形質的に劣る。中下の個体は、トロ舟40から移した個体。墨が消えて、桜錦に成ったのでこっちへ。

ちっこいので、全部、去年の誉の6腹目かと。

ADA60cm水槽
ada09.jpg
こっちは、ダブルブリラントフィルターとナノスポンジフィルターLS-30。外のトロ舟G-100から1個持って来たので、苔だらけ。元々、ここのも苔ってるか。トロ舟G-100は、ダブルブリラントスーパーフィルターに成っている。

2歳桜錦の個体数は、4匹から3匹に。大きめなので、去年の誉の5腹目かと。奥の2匹は以前からここに居た。手前1匹は、サイズを揃えるため、600LOWから移した個体。

600LOW、ADA60cmからFRPジャンボへ、2歳桜錦4匹を移している。昇格とも言える。瘤は殆ど出ていないが、そこそこ見られるし、過密で、ハネ槽でもあるトロ舟G-100には戻したくない。

トロ舟40
toro40_37.jpg
ナノスポンジフィルターLS-30が2つ。亀のひょうたん池から1個持って来た。ひょうたん池は、水深が浅いので、古い水作を使う事にした。

6匹だったが、1匹が600LOWへ行き、1匹が隔離中で、沈下、麻痺気味個体なので、後にトロ舟G-100へ降格させるため4匹に。

エドちゃん以外の3匹は誉の仔で、墨入りの江戸錦モドキ。形質的にイマイチだが、江戸錦モドキも鑑賞したいかなと、3匹選抜して、ここに入れている。


WIDE900の方も、ダブルブリラントフィルターが2つ、スポンジがクアドラブルに成っている。

ADA60cm水槽で、アンモニア濃度がまだ2mg/lぐらい有ったので、明日また、室内4槽の水換えをする予定。
2011-05-26 : 飼育環境 :
Pagetop

どうも臭うなと

病気が発生して、金魚達をグリーンFゴールド浴させ、リセットした室内のトロ舟40の水が、と言うか、室内が臭っていた。トロ舟40の、沈下、麻痺気味の1匹も、更に具合が悪そうだったので、アンモニアテスト。
ttest8.jpg
真っ青だ。一昨日5割の水換えをしたんだけどなぁ。

他の室内組もまずいかなと、600LOW、WIDE900のアンモニア濃度も調べたところ、だいたい同じ様な感じ。まずいぞと。

5割を週2回、の水換えでも足りないか。生物濾過不足、過密ということか。トロ舟40、WIDE900の水質が悪く成りやすかったのは、以前から続いていた。

取り敢えず、室内の4つの飼育槽全て、7~8割の水換えを行い、GEXのバクテリア剤「サイクル」を入れた。トロ舟40は、具合が悪いのが1匹居るので、トロ舟40で飼っている6匹全てを水量11Lほどのミニ舟に移し、新水100%で薬浴させた。明日朝、もう一度、トロ舟40のアンモニア濃度を調べて、大丈夫そうなら、具合が悪い個体以外の5匹をトロ舟40へ戻す予定。

はて、どうすっぺ。今後、このまま水換えだけで対処していくか、フィルターを増やすか、過密感を減らすか、バクテリア剤を普段から使い続けるか。
う~ん、水換えの度にバクテリア剤、っていうのは、金銭的に続かない。過密感を減らすには、飼育槽を追加しないといけないが、今でも飼育槽が9つ有るので避けたい。となると、スポンジフィルターをそれぞれ増設って事に成るかな。そう言えば、前から、WIDE900ではそうしようと思って居たんだっけ。そうすっぺかな。過密さで言えば、外のトロ舟G-100、60cm水槽、プラ舟FP-60の方が上なんだけど。
2011-05-24 : 病気について :
Pagetop

水換えデー

今日は水換えデー。最も水量の有るFRPジャンボ280以外の、飼育槽8つを水換え。室内が、600LOW、ADA60cm、トロ舟40、WIDE900。外が、プラ舟FP60、60cm水槽、90cm水槽、トロ舟G-100。

トロ舟G-100
G100_16.jpg
ここ数日暑いので、苔の付着、青水化が早い。苔を落として、新水98%ぐらいで水換えした。水温約26度。

GW頃、少し水換えをさぼったら、トロ舟G-100の4匹がお陀仏に成っていた。うち3匹は、横倒れ沈下個体で、体が麻痺して、まともに泳げなかったヤツらだ。もう1日早く、掃除、水換えしていたら、汚れた水の中での苦しそうな呼吸を助け、助かっていたかもしれない。が、遅かれ早かれ、普通には生きられなかっただろう。今も横倒れ沈下、転覆個体が、数匹居るが、今後も、それらから、お陀仏になるだろうな。

このトロ舟G-100の個体達は、はっきり言ってハネなのだが、水槽で眺める分には、そこそこ見られる個体も居る。今後、室内の水槽で飼う事も有るだろう。まぁ、要らない個体が殆どなんだけど。


で、ひまわり第三弾、「プラド レッド」
himawari05.jpg
今回も、種にカッターで傷を入れ、芽が出やすくして、水に浸けている。

家庭菜園のスペースから考えると、あと30個ぐらい種が要るかな。
2011-05-22 : さくらと誉の仔 :
Pagetop

あんまり効かね

日当り抜群のFRPジャンボ280とトロ舟G-100に寒冷紗
kanreisa02.jpg
寒冷紗と言うより、遮光ネットだ。3割ぐらい日光を遮るらしいが、ちともの足りない。去年は、これとヨシズを二重にして使ったが、それだと風通しが悪いし、納まりも悪い。まだ、遮光ネット2枚重ねの方が、スッキリするかもしれない。
去年はパイプの高さが低かったので、頭を屈めないと入れなかった。60cmパイプを継ぎ足して、普通に歩ける高さまでに高くした。気分が違うやね。

ひまわり「ビンセント クリアオレンジ」の葉が出て来た
himawari04.jpg
ある程度育ったら、家庭菜園スペースを整理して植え替え。朝顔も双葉が出始めているが、こっちは鉢植。放射性セシウムを被っているだろう庭の土を半分以上、鉢に使う予定。
ひまわり「サマーサンリッチ パイン」の種も、既に庭に蒔いた。空いているスペースにいい加減に蒔いたので、開花しても見た目がスッキリしないだろうなぁ。まぁ、仕方が無い。

ひまわり、もっと蒔こうかなぁ。来年、野菜作るかもしれないし。あと50本分かなぁ。
2011-05-21 : 飼育環境 :
Pagetop

都内

都内の放射線量は、公的には、新宿の健康安全研究センターの0.062μSv/hだが、近畿大によると、新宿で地上1mで測ると、0.12μSv/hだとか(女性セブン)。まぁ、福島の原発近くの双葉郡の大気中の放射線量1.6μSv/hと、福島市の学校の土壌、地上1mでの約4μSv/hとで考えて、倍ぐらいだろうと、先日会話した事も有ったが、その通りに成ったなと。ただ、葛飾だと0.35μSv/hということで、あんまり外に長居したくは無い感じなんだなと。震災後、何度か近くへ行ってるけど。ちなみに、素人の測るガイガーカウンターの数値は、私は参考にしていない。

やっぱり、公的機関の数値は現実的じゃ無いんだなと。0.12μSv/hだと、1mSv/yを超えるが、まぁ、原発事故前でも、太陽や鉱物、食べ物などから、2.4mSv/yぐらいは浴びてるから、OKと言えばOKか。それでもやっぱり、精神的苦痛も受けるし、家庭菜園は止めたし、浄水器2台やら、ひまわりの種やらで、お金使ってるんだよなぁ。

そう言えば、都内の農産物の数値が出て来たな(東京都)。
放射性セシウムの数値は50ベクレル/キロ以下が殆どで、本音は微塵も摂りたく無いけど、食べちゃっても大丈夫かな、というレベルでは有るのかな。
ただ、これら農産物は、洗って測ってるからね。お茶なんか、飲む段階で測ってるのが殆どだし。家の庭などの草木にどれだけ積もっているのか。生茶葉で369ベクレル/キロと言っても、洗って測ってるのだろうから、そこらへんの植木の葉っぱには、もっと沢山積もっていると考えておいた方がいいのだろうな。

今私が気に成るのは、都内の土壌なんだけどね。で、取り敢えず、明日から、セシウム被っている庭の草刈りをして、ヒマワリ、これから新たに生える雑草などで、少しでもセシウムを吸収させ、冬前には、家庭菜園の土の表面5cmぐらいをさらおうと思っている。
2011-05-20 : 日常 :
Pagetop

ライトで光合成

FRPジャンボの青水を移した室内のトロ舟40
toro40_36.jpg
青水だが、60cm水槽用のライトを使ってるだけでも、アオコは増えるようだ。フィルターを回さなければ、だけどね。まぁ、前から分かっていたんだけどね。フィルターを回しだすと、徐々に青さが薄まって行く。フィルターの能力が、アオコの増加より勝っていれば、というのは当然だけど。

病気が発生した後は、無菌に近い更水の方が、病気の再発リスクは少ないだろうな。薬浴後に青水、というのは、どちらかというと良く無いのかもしれない。が、このトロ舟の場合、設置環境からだと思うが、更水から立ち上げ直すと水が傷みやすい気がする。今回は濃いめの青水からリスタートさせてみた。まぁ、1ヶ月経った時点では、更水からの立ち上げと変わらない水質になっているんだろうけどね。私の場合、青水を足し水にしているので。

スポンジフィルターも回し始めたが、スポンジの片方は、既にバクテリアが付着している600LOW水槽のものを流用。600LOWは片方が新品に成った。このトロ舟40のもう片方のスポンジも新品。バクテリアがある程度居てくれれば、リセット後の水質悪化をある程度抑えてくれるだろう。2日間汲み置きした更水で、このフィルター環境でリスタート、の方が、青水リスタートより、本当はいいのかもしれないんだけど。

病気が出た後なので、誉の仔のトロ舟G-100への降格は、少し様子を見てからにする。G-100に病気が拡がってはまずい。と言うか、ホントは、ハネは要らないんだよなぁ。トロ舟G-100のハネ達。要らないけど、わざと病気にさせて死んでもらう、なんてことは出来ないしねぇ。泳ぐ姿、餌を食べる姿を見てると、尾がおかしな個体でも愛しく思え来るし。どうすっぺ。
2011-05-20 : 飼育環境 :
Pagetop

むぅ~何だろな

殆ど日が当たらない室内のトロ舟40で、病気?発生。数匹が白い粉を被った様な状態。動きも悪かった。以前にも外のプラ舟で有ったんだけど、「白い点々」と言うより、「白いカス」みたいな感じかな。粘膜が真っ白に成って粉っぽく成った感じ。「粘膜が濁った」という感じではない。

以前もそうだったが、薬浴数時間で、「白いカス」は消える。
mini9.jpg
消えると言うより、剥がれたんかな。

以前から、臭ったり、泡立ったりと水質が悪かったので、水換えは頻繁に行っていた。数日前に5割の水換えを行ったが、その次の日には水が泡立っていた。水質がなかなか良く成らないときは、早めに諦めて、リセットなんだろうなぁ。

で、手前のエドちゃん以外は桜錦の誉の仔達だが、左上の転覆気味の個体は、外のトロ舟G-100のの1匹と入れ替えかな。降格だ。転覆と言うか、麻痺に近いかな。アンモニアで脳がやられたのかもしれない。他の江戸錦モドキも、形質がイマイチなので、降格かなぁ。

白いカスは落ちたし、動きもいい感じなので、明日朝まで薬浴させ、様子を確認して、トロ舟40に復帰させる予定。トロ舟40は、洗剤を使って掃除して乾かし、FRPジャンボの青水と貯め置きの水を半々で入れ、既に復帰の準備は済んでいる。使っていたダブルブリラントフィルターのスポンジは乾きが悪いので、先日トロ舟G-100用に買った替えスポンジ2つをこっちで使う事にした。
2011-05-18 : 病気について :
Pagetop

培養土に移す

昨日、外の和金の3つの飼育槽の水換えと、桜錦のハネのトロ舟G-100の、クリーナーポンプでの糞濾し、足し水を行った。明日もいくつかの飼育槽の糞濾し、足し水を行わないとな。


丸二日経ち、ひまわりの「ビンセント クリアオレンジ」と、朝顔の芽がちょろっと出ている。下はひまわり。
himawari02.jpg

こっちは朝顔。
asagao2.jpg

水に浸けっぱなしだと腐っちゃうんじゃないかということで、ポットに、買って来た培養土を入れ、種を移し、ジョウロで水をかけておいた。外に置いたので、明日からは日が当たる。
今回は、取り敢えずは庭の土は使っていない。最初はスクスクと育って欲しいので、栄養豊富な培養土を使った。根が増えて来て、鉢、プランター、或は地面に植え替える時には、庭の土も使う。

で、まだまだ庭のセシウムを吸収するには足りないということで、「サマーサンリッチ パイン」の種を水に浸した。
himawari03.jpg
今度は種が赤く着色されている。種が、「ビンセント クリアオレンジ」より小さいので、背丈も低く、花も小さいのだろう。よく知らないんだけど。種の数が多いなと。今回も、種にカッターで切れ目を入れ、芽が出やすくしている。この種は、芽が出たら、庭の家庭菜園スペースに直接植えちゃおう。ポットがもう無いし、庭の土のセシウム除去を考えると、そうした方がいい。土の栄養不足は、液肥か何かを使おうと思う。


で、テレビで報道されたのかは知らないが、15日の朝日新聞に、小さく、都内の数カ所の土壌中の、放射性セシウム濃度の記事が有ったようだ(画像直リンク)。なんで、都の研究機関や都内の大学では無く、近畿大学やねん、って感じ。東京都、やる気ナシか? まぁ、ちょっとこの記事が本物なのか、もう一つ信頼性が足りないんだけどね。
でもやっぱり、都内は、埼玉よりは高いんだろうなぁ。うちの辺りの土壌も、秩父の109ベクレル/キロじゃ無くて、1,000ベクレル/キロぐらいに考えておいた方がいいのかもしれないなぁ。
普段通り、家庭で菜園、区営の農地で野菜作りをする人も多いし、兼業農家も有る。公園の芝生で、家族連れなどが、お弁当を広げる場面も見かける。気にするレベルではないと言うのか?それとも、気にしても仕方が無いというのか?ただ、無知なだけなのか?
まだまだ都内のデータが足りないなと。
2011-05-17 : 日常 :
Pagetop

ひまわり準備

今日は、室内のコトブキ600LOW水槽、ADA60cm水槽、トロ舟40と、外のトロ舟G-100の水換え。昨日、和金親魚の90cm水槽で産卵が有り、水が汚れているが、今日も水換えパス。庭の雑草の一部を刈る時間が無くなる。水換えは明日以降。今日は、放射性セシウムが付いているだろう草を、マスクをしながらちょっとだけ刈った。庭のレイアウトも今後変更するだろうし、徐々に、考えながらという事で、取り敢えず一部だけ。

今日の買い物。ブリラントフィルターの替えスポンジとひまわりの種。他に、観葉植物用の培養土を10kg買っている。
shopping7.jpg
日当りがいい場所でスポンジフィルターを使うと、苔が付いてドロドロして目詰まり感がひどい。スポンジ自体も傷みやすい。この2つはトロ舟G-100用で、ダブルで使っているので、片方ずつ、1週間、間を空けて取り替える予定。
ひまわりの種は、庭の土の放射性物質を吸収させる為だが、ここ数年、育ててみたいとも思っていた。セシウム除去には、今すぐ庭の表土を廃棄するのが手っ取り早いが、濃度も分からないし、土を捨てるなんてのは、農家だとしても、今の東京ではちと過剰だろう。捨てるとしても、庭だけで済まなく成るので無理だし。

取り敢えず、オレンジの「ビンセント クリアオレンジ」だけを発芽させる。
himawari01.jpg
種が青いが、食用には成らないよ、ということで着色されているんだろうなと。メチレンブルーの青みたいなもんか?
袋には、発芽率75%以上と書かれている。12個ぐらいは発芽するのかなと。
種の背に、カッターで縦に傷を入れ、芽が出やすくしてから水に浸ける。ひまわりの場合どっちが背かよく分からないので適当なんだけど。朝顔の場合、夕方に水に浸ければ、次の日には芽が出る。通常、夜に芽が出るものなのかは知らないが、種は、夕方に水に浸けるのがいいそうだ。

こっちは朝顔。4年前から育てているが、3年前から、毎年この時季に種を発芽させている。
asagao1.jpg
こっちも、種の背にカッターで傷を入れ、発芽しやすくしている。開花すれば、自家産4代目に成るが、何代も同じ種から育てるのは良く無いそうなので、一度、別の種を買って来て、掛け合わされるようにしている。来年また、別の種を買って来て、遺伝子が混ざるようにする予定。人工受粉を行ってるわけじゃ無いんだけど。

朝顔は鉢植えだし、ひまわりも大きな花を付けさせたいので、セシウムを吸収させたいと言っても、庭の土だけで育てるわけではない。培養土も必要だ。趣味で庭の土のセシウムが減るなら、一石二鳥だ。
今日刈った草は、しばらく放置して枯らせてから、ゴミに出す予定。放射性セシウムを被ってるとすると、ゴミ焼却場の煙突から放射性セシウムをばらまいちゃうのかもしれないので、もしかしから穴掘って埋めるかもしれないが、たぶんゴミ出しかな。そこは焼却場でなんとかすべきなんじゃないのかなぁと。焼却場の排煙処理方法が、どういう仕組みか知らないんだけど。
2011-05-15 : 日常 :
Pagetop

やっぱり使っちゃったか

懸念していた都内の下水処理場の、放射性物資を含んだ汚泥だが、福島の郡山と同じく、既にセメントなどに再利用されていたとさ(共同通信)。

3月下旬検査分が、10万~17万ベクレル/キロ。
4月下旬検査分が、15.000~24,000ベクレル/キロ。

う~ん、3月分は、だいぶ前に分かっていたはずだろうなぁ。なんですぐ公表しないのか。なぜ、再利用を止めないのか。薄めればいいってか? 不安、風評が拡がるとは思わないのかね。「全体の奉仕者として公共の利益のために勤務する義務」をどう解釈しているんだか。

郡山の汚泥の方はどうなったのかな。ビル、橋、道路など、そのままなんだろうか。もうちょい待ちかな。


で、お茶っ葉。小田原市、愛川町、清川町、湯河原町、真鶴町でも、暫定規制値を超える放射性セシウムが検出されたそうで(神奈川県)。箱根の山の手前全体、って感じなんだな。


うちの家庭菜園で使う庭の土はどうしようかなぁ。都内の農用地の土壌のデータはどこに有るのかな。東大とかで調べてるか?今年は、うちは家庭菜園ナシだが、ひまわりでも植えて、秋前までに何度か雑草などの草刈りをして、刈った草は土に戻さずに捨てて、秋には表土を10cmぐらいさらって、穴掘って埋めちゃうか?上から腐葉土かなんか撒いて。
ちょっとぐらいセシウム入った野菜を食べてもいいや、っていうなら、ここまでしなくていいんだろうけど、出来た野菜を他所に譲る可能性が有るのを考えると、念には念をって感じで丁度いい気がするなぁ。私自身は、野菜を作ったりしないんだけどね。

ランタン140、テルル129mってのが出て来たな。原発周辺って事らしいが、都内はどうなんだか。半減期が、ランタン140は2日、テルル129mが34日らしいので、やっぱり、食べ物、土壌の汚染度の目安として注目するのは、セシウムかな?半減期は、セシウム134が2年、セシウム137が30年。137しか発表されていない場合も有るから、その場合、134が隠れちゃってるかもね。ホントなら含まれる全ての放射性物質の合計で安全かを調べるべきなんだろうな。 他にも原発建屋の汚染水から検出された放射性物質は有るらしいし。
大気中の放射性物質の濃度は、原発からある程度離れていれば落ち着いているので、半減期が8日の放射性ヨウ素もそう気にしなくていいのかな。甲状腺ガンではなく、増えるとしたら、白血病、肺ガン、乳ガンなどかもなぁと。今は、大気中の放射線量は、地上1~2mとかで測らないといけない段階じゃないかなぁと。積もってるセシウムからの分を測れと。あと土壌中と。地上18mで測ったってねぇ。
2011-05-13 : 日常 :
Pagetop

足柄のお茶っ葉

そろそろWIDE900の水換えをしなきゃいけないが、雨だし、疲れたしで今日はパス。過密なトロ舟G-100、60cm水槽、FP-60も、糞濾しぐらいはしないといけなかったが、出来ず。明日も雨か。

神奈川県南足柄市のお茶っ葉で、暫定規制値を超える放射性セシウムが検出されたそうで(NHKニュース)。直近で570ベクレル/キロ。既に出荷されちゃったものを回収するって言うんだから、あんまり測って無かったのかな。
箱根の山が壁に成っているようだな。ホットスポットか?ゴールデンウィーク中、箱根へ、っていう話も有ったんだが、こっちの方にも結構飛んでたか。甘かったな。
ちなみに、今日飲んだ新茶は鹿児島産だった。

で、箱根を越えて、静岡のお茶っ葉、タマネギ、海産物のシラスからも、放射性セシウムが検出されたそう(MSN産経ニュース)。
タマネギは御前崎市のもの、お茶っ葉は、御前崎市のものが83ベクレル/キロで、菊川市と磐田市のお茶っ葉からも検出されたとか。県はいずれも「健康への影響を心配するレベルではない」と。こういう対応には、なんかガックリ来るな。市民を守る気無いんだなぁという気がしちゃってね。内部被曝しろってさ。
シラス、江ノ島も気になるなぁ。どうなんだかな。江ノ島も、GWに出掛ける候補だった。どこへ行っても、セシウムか? 関東はやっぱり終わってるか。関西から見たらそうなんだろうなぁ。まぁ、その中で暮らして行くしか無いんだけどね。金無いし、仕事辞められんし、地方出じゃないから土地を離れられんし。

飲食物は、セシウム入っていないに越した事無いからね。他に有れば、わざわざセシウム入りを摂りたくはない。社員食堂などでセシウム被った野菜を食べている人の本音はどうなんだかな。
2011-05-11 : 日常 :
Pagetop

他の2匹の写真も

室内のADA60cm水槽の桜錦4匹。先日、メスが追われていたが、セパレーターを外しても、追われる事は無いようだ。

後ろが、先日の写真後ろのオス。モザイクちびっと。4匹の中では一番小さいか。
ada06.jpg
写真前は、はっきりはしないが、たぶんメス。位置的に良く無いけど、お腹に少しモザイクかな。差しが有るようだが、殆ど気にしていない。

オス。柄が、上のオスと似ているが、少し大きいし、背なりも違う。モザイク無しかな。
ada07.jpg

先日、卵をこぼしたメス。1枚、普通鱗が有ったような気がするが。。
ada08.jpg

頭を出すには、並以上に餌を与える必要が有るんだろうけど、ちとこの4匹には、多めに与えても無理かなと。あんまり期待していない。孵化後2~3ヶ月までにしっかり育てておかないと、素質は開花しないんだろうけどね。


秩父の芝桜を見て来た。放射性セシウムが少しは積もっているんだろうけど、マスクもナシで見物。普段、都内でもマスクしないしね。というか、誰もマスクしてなかったぞ。
hitsujiyama1.jpg
この間も載せたが、秩父の農用地土壌からは、3月末で109ベクレル/キロ、東秩父村の牧草からは、340ベクレル/キロの放射性セシウムが検出されている。
写真は、2枚を合成。ちと適当。

武甲山
hitsujiyama2.jpg
幕末にタイムスリップしたら、ここからはセメントがいっぱい採れ、砂と砂利を混ぜて、鉄筋を通して柱や壁に使えば、頑丈で、火事にも強い屋敷が出来ます、とか言ってみたり?セメントよく分からないんだけどね。
それよりやっぱり、上水道、下水道、電気、栄養面かな。中東から油か?電気を起こす仕組み、エンジンの造りもよく知らないからなぁ。おかしな事言って、不審人物として捕らえられ監獄死、って感じかもなぁ。

漆喰には、古くからここの石灰が使われていたそうで、セメントとしては、明治期から使ってたとか(ウィキペディア)。
2011-05-09 : さくらと誉の仔 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。