和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

引き渡し前の

夏祭りに引き取られる桜錦2腹目の最後の選り分けを行った。良いもの3匹、横倒れ沈下1匹、口曲がり3匹を、外のトロ舟G-100から室内のミニ舟へ。
sakurako53.jpg
沈下個体が写っていないのに7匹。実は、ジュンの仔が、和金親魚水槽でまだ生きていたので、ミニ舟へ戻している。傷だらけに成っても頑張っているのを見て、可愛そうに成ってしまった。3cmにもなると、和金親魚もそう簡単には食えない。一口では食えないし、何より泳ぐ力が2cmの場合と違う。もう1匹居た小さい沈下個体は2cm余りだったので餌に成ったが、横倒れ沈下個体と口曲がり3匹も3cm余り。取り敢えずミニ舟へ除けた格好だ。と言うか残しだ。

ふぅ。結局、不良魚を残すと、自分が損するんだよなぁ。3cmにもなると、気分的に簡単には処分出来ないので、やはり、選別は、早めに済ませてしまった方がいいなと。まぁ、桜錦の場合、しっかり紅白だけ残すなら、色変わりが済んでからもハネないといけないんだけどね。以前ハネたはずの、エラ蓋無し和金稚魚1匹も、和金親魚水槽で、逃げ回りながらも、しっかり成長して来ている。


トロ舟G-100の3cm余りの桜錦の仔60匹余りと、4cm余りの和金の仔30匹ほどを引き渡す予定だったが、ついでに、1.5cmほどになった和金稚魚400匹ほども、引き取ってもらう事に成った。こちらは、まだ色変わりしていないので、飼った場合、色変わりも観察出来る。ただし、この約400匹の場合、金魚掬いのポイが破れず、延々と掬われ続けてしまう。数を制限するか、配布するだけになるのかもしれないが、その辺は、相手先に任せる。


で、110匹ほどになっていた桜錦5腹目は、今日は、普通鱗、極端なスボ尾、背から尾までが歪んだもの、妙に小さいもの、を40匹ほどハネた。これで、残り70ぐらい。こちらも1.5cmぐらいに成って来ている。2cm余りの段階までに、ハネを済ませたいなと。3cm超えると残ってしまうので。

ミニ舟の水は、FRPジャンボの青水も入れているが、日当たりが悪いし、ライトも使っていないので、水換えする毎にアオコは無くなって行くだろう。
スポンサーサイト
2010-07-29 : さくらと誉の仔 : コメント : 0 :
Pagetop

こっちもハネた

室内の青いミニ舟で単独飼いしていた、ジュンの仔と思われる仔もハネた。尾の非対称が甚だしい。エラ蓋も後退しており、らんちゅうの形質を失いつつ有ると感じたので。

可愛い面も有ったが、仕方が無い。
2010-07-27 : シュン&ジュン(らん) : コメント : 0 :
Pagetop

更に20をハネ

誉の5腹目を更に20匹ほどハネる。これで、残り110ぐらい。ハネ先は和金親魚水槽。餌金だ。昨日が多過ぎたが、和金親魚の体調は崩れては居ないようだ。
2010-07-27 : さくらと誉の仔 : コメント : 0 :
Pagetop

いいのが居ない

昨日の日曜の午後は、用も有ったので、ハネまでは出来なかった。水換え、給餌で終わり。

で、今日に成って、1cmほどの、誉の5腹目約200匹のうち、尾が極端にスボんだもの、妙に小さいもの、スボみがちの普通鱗と思われるもの、計70匹ほどをハネた。
残り130ほどだが、まだまだハネが出る。この半分には成るぞと。つまり、2/3はハネになるなぁと。

形質的に、2腹目の方が良かった感じ。今回は、水質がな~んかおかしいので、その影響も有るだろうな。

まぁ、少なく成るのは丁度いいかもしれない。選ばれた20匹ぐらいを、余裕を保って育てた方が、形質的にもいいかもしれないなと。

近いうちにまた、尾の開きを中心に選別の予定。
和金の稚魚の方も行わないとなぁ。
2010-07-26 : さくらと誉の仔 : コメント : 0 :
Pagetop

どうすんねん

今日の買い物
shopping6.jpg
5mのエアレーションホース、2股分岐コック、テトラフィンベビー2つ、ブラインシュリンプエッグ100gパック、クリーンミジンコ4枚、まるとく赤虫20枚、ダブルブリラントフィルター。

iPhoneアプリ「支出管理」での小遣い管理で、金魚支出が予算を毎月突破して、赤字続きだ。ヤバすぎる。ちょっとした趣味では済まない領域に入ったなと。何が余計かと言うと和金稚魚だ。400匹も孵化させて、どうすんねんって感じだなぁ。まぁ、やっちゃったものは仕方が無いので、今後、気をつけよう。

バイクで買い物に行ったが、風がなかなか気持ちいい。生暖かいんだけどね。それと、長時間になると、姿勢により胃が圧迫されて、吐きそうに成るので、あんまり乗ってられないんだけどね。

午後から水換えをダーッと行ってしまわないとね。あ、稚魚選別か。う~ん、やらねば。
それと、違う店にも行って、桜錦5腹目用の、GROW A稚魚用微粒も要るか。
2010-07-25 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop

来週には

夜のトロ舟G-100。桜錦の誉の2腹目、約70匹。
sakurako52.jpg
1週間後には、殆どがここには居ない。近寄るとワラワラと寄って来るチビ達。エサを食べるときのピチピチ音。何とも可愛いヤツらだが、なんてったって、飼いきれないからね。引き取ってくれるというのは、ありがたい事だ。
センターに、横になって沈んでいるのが居るな。これはたぶんと言うか、ほぼ間違いなく残されるだろう。沈んでいる2匹と、厳選した2匹、計4匹を残すかなと。
貰われた先で、幸せに暮らしてほしいものだが、私の手を離れれば、それはもう、私が関わる事では無いね。私の金魚ではなくなり、その飼い主の金魚に。自分が飼いきれなくなって引き取って貰っておいて、死なせたからと言って、悪く言ったり、怒るような事はすべきではないね。

で、先日、このトロ舟G-100とFRPジャンボ280の上によしずを張ったが、水温的には、それまでの、板やすだれ斜め掛けとそう変わらないようだなと。水量的に少ないG-100に扇風機の風を当てた場合、0.5度から1.5度ぐらい、水温が抑えられるようではある。一晩扇風機の風を当て続けたあとの朝が一番冷えている。FRPジャンボの場合、水量が多いし、水面も広いので、あの小型扇風機ではパワー不足のようだ。もし扇風機をもう一個買うとしたら、もっと大きいものに成るだろう。たぶん買わないけど。大きくて3,000円以内のファンが有れば、あるかもしれない。


ついでに。今夜10時の、60cm水槽の和金稚魚達
wakinko02.jpg
写真の黄色はライトの色。実際の色と明るさ、ほぼそのままだ。

400は過密過ぎだよなぁ。写真でもブラインの殻がいっぱいなのが分かる。ブラインの殻が大量なので、今夜からダブルブリラントフィルターの使用を開始。殻の吸着がメイン。ブライン給餌直後はエアー量を抑える。
糞はクリーナーポンプで毎日吸い取っている。水も毎日6割以上換えてはいるが、亜硝酸濃度が高過ぎる場合、6割では足りないね。フィルターのスポンジの片方はエドちゃんのADA60から移している。多少はフィルターのスポンジの生物濾過も効くようにはなるだろうが、全然追いつかないだろう。8割の水換えを日に2回。それぐらい必要かなぁと。酸欠も大いに有り得るので、エアーストーンも別に入っている。
2010-07-24 : さくらと誉の仔 : コメント : 0 :
Pagetop

5腹目は今

誉の今季5腹目の仔達は、今1cmほどになっている。
sakurako51.jpg
室内の、日の当たらない、涼しいラック最下段で、しっかり育っている。200弱居る。もう、すぼ尾も良く見えるし、妙に小さいのも居るので、そろそろハネないといけないだろうなと。外のトロ舟G-100の2腹目約70匹は、白、普通鱗も入っているが、今回は、白も、普通鱗も残すのは止めようと思っている。夏祭りの金魚掬いにはサイズ的に間に合わないので、ミックス扱いはパスということ。
トロ舟G-100の2腹目の方は、金魚掬い向けであり、ミックス扱いでもOKだろうということでもある。和金の仔と合わせて、全部で100匹ぐらいという数合わせでもあるが。

写真の5腹目に戻ると、このトロ舟40、2度ほど、薄めのグリーンFゴールドを使って来た。どうも水が変。たぶん、全く日が当たらないのが影響していると思う。茶苔さえ生えて来ない。水換えが毎日なので、白濁してばかりだし、カビだけ生える感じ。少しは日が当たった方が、水質的に、やっぱり良さそうだなぁと。同じようにカビが生えるにしても、違うなと。
外の和金稚魚400匹の60cm水槽は、午後、日が少し入る。今は暑さが厳しいので、真上からの直射日光はタオルでほぼ遮ってはいる。茶苔も生えているし、バクテリア環境も整って来ている感じ。まぁ、それ以上に、ブラインの殻、糞で汚れるので、毎日水換えは同じなんだけどね。

和金稚魚も、1cmぐらいに成っているので、そろそろ60cm水槽には限界。餌の量が多過ぎだ。水がすぐ悪く成る。稚魚を、400から300ぐらいに減らさないとなぁ。こっちはサイズ合わせからだなぁと。
2010-07-22 : さくらと誉の仔 : コメント : 0 :
Pagetop

よしず追加

実は、舟を覆うようにすだれや板が有るのも、熱がこもるのでまずいだろうと、よしずを追加して、少し高い位置に張ってみた。鉄棒のように組んだパイプ2組を地面に差して、園芸用の支柱を、よしずが垂れ下がらないように、パイプに渡して縛り、よしずをパイプに縛っただけの簡易施工。
yoshizu.jpg
有りもののパイプを使ったのでそう高さは出せず、よしずの高さが150cmぐらいかな。舟を覗くには、屈んでよしずの下に入らなければ成らないのでちとつらいが、よしずが更に高いと、サイドからの日光ももっと入ってしまう。今の状態でも、朝日、夕日がサイドから舟に差し込む。多少は入ってもいいんだけどね。

電源がFRPジャンボ280の下に有るので、トロ舟G-100に向かってチューブが這っており、しょっちゅう踏んづけている。おかまいなしなんだけどね。粗が出るので、退いた写真はあんまり載せたく無いね。
トロ舟G-100の台にしているブロックなんかも、転がってたやつ。ブロックと言うか、門柱だ。結構重くて、持ち上げるなんて無理で、転がし気味に台車に載せて、ここまで運んだっけ。


で、これで、水温的にはどうなるかなぁと。まぁ、変わらないだろうなぁ。気温35度の日が続けば、水温だって32度には成るわなぁと。取り敢えず様子見。扇風機もう一個?
2010-07-21 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop

炎天

暑過ぎる。気温は35度ぐらいあるようだ。今年一番の暑さ。

日当たりの良い、桜錦2腹目のトロ舟G-100は、少しだけ木陰が掛かるが、日除けの板も乗せている。今日正午前の水温は30度。まぁ、なんとかいけるかなという感じだし、午後には、少しは水温が低いはずの貯水槽の水と半分入れ換えるので、暑さで参ることはないとは思う。が、今日は風も少ないようなので、気まぐれではあるが、主に人間用で一昨年に買った、おもちゃのような小型の扇風機を置いてみた。
G100_02.jpg
大した風は出ないが、少しは違うかなと。気休めなんだけどね。以前、和金稚魚が暑さで何匹かお陀仏に成った事も有るので、念の為かな。バタバタ死なれちゃ、代わりの仕入れが必要に成り、出費が待っている。

この状態だと、全然魚が見えないんだよね。鑑賞出来ない。まぁ、給餌、水換えの時は、板も、金網も外すし、夜は風が涼しかったりするので、板を半分開けたりもする。普段は、鳥とかも怖いし、目隠しの板も有った方がいいかなと。

こちらも日当たりが良過ぎる、すだれを斜めに掛けている、らんちゅう達のFRPジャンボ280
jumbo_47.jpg
水温は、トロ舟G-100よりは上がりにくいかな。水温計を今は外してるので、何度か分からんけど、手を入れた感じでは、まずまずひんやりしていた。28度ぐらいかなぁ。風が有る分にはこのすだれの状態でも十分だが、今日のように、暑くて風が少ない日は、ちょっと蒸すかなぁと。高い位置に張った方がいいやね。と言いつつ、そこまでする気には成らないんだけどね。

トロ舟G-100、FRPジャンボ280には、エアーポンプ式のスポンジフィルターの他に、それぞれエアーストーンも入れているので、水面の水は結構動いており、水が蒸発するときの気化熱で、多少は水が冷やされているとは思う。両飼育槽とも、マツモも浮いているので、これも多少は、直射日光を遮っているとは思う。

水温的には、32度を超えて来ると、ちょっとまずいかなぁと思っている。魚の体力を奪うだろうと。一昨年の和金稚魚がそうだった。何匹かお陀仏になっていた。
2010-07-19 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop

祭りをチラッと

江戸川区の金魚まつりをチラッと覗いて来た。
kinmatsu.jpg

金魚の写真は撮っていない。見るだけにしたので。販売されるのは、堀口養魚場の金魚がメインだったと思う。琉金は確かに立派なものが多かったかなと。らんちゅうも、私的に値段で手が出にくいようなものは、そこそこの頭をしていた。来春のオス親に出来そうな桜錦が居ればと思っていたが、見つけた桜錦当歳、3,000円クラスでは、欲しくは成らなかった。

金魚は買わず、金魚グッズを物色。外の、らんちゅう、桜錦の舟で使っている、年季の入ったニッソーシーパレス、力α-6000が、そろそろ限界かも、ということで、代わりの、ニッソーのNα-6000をゲッツ。結構安かった。
Na-6000.jpg
私の場合、これは、室内では使わない。

もうひとつ、涼しげな、金魚七福神をゲッツ。
kinshichi.jpg
各種金魚を七福神に例えている。らんちゅうは福禄寿だ。さて、どこで飾るかなと。携帯にはさすがに付けられないしなぁ。

帰り道、こんなんも撮ってみる。
skytree1.jpg


さて、WIDE900の水換えをして、夕方の餌もあげなくっちゃ。
2010-07-18 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop

ヒーター到着

GEXの無償交換のヒーターが届いた。IC AUTO HEATER DS150だ。送られて来た箱を再利用してTRUSTY150を送り返す。
DS150.jpg
TRUSTY150は、使用した期間の合計は7ヶ月ってところかな。ヒーターは使用期間1年で使用を止めるよう説明書に書かれていたりするが、この場合、まだ使用していいはずなので、今使うのを止めろと言われても困る。外で使ったりもしたけどね。安いものではないし、ここは、しっかり、ちゃっかり、交換してもらうべきだと。まぁ、1年使っていた場合でも、無償交換してもらっていいのだろうけどね。

箱から出してみると、ちと制御部がやぼったい印象
DS150_2.jpg
サイドが白く成って、膨張感が有り、TRUSTYより厚みを感じるが、実際、少し厚いだろう。ヒーターは、機能が第一だが、デザインも、選択する際に重要だ。シンプルでスマートなものがいい。

DS150を使うとすれば冬からになるが、室内は冷えて12度なので、通常の金魚飼育には必要無い。室内で使うとしたら、病魚か、今春のように、採卵後だろう。病魚で使った事も無いんだけどね。あとは、ここ2年行っている、外の60cm水槽でのマツモ育成でだ。真冬の外の場合、外の金魚に15度からのものは使えないということで、昨年、6度から設定出来るエヴァリスのサーモを2つ購入して、今春まで、最低水温維持、水温差低減の為に使っていた。


今日も朝から水換えを行っているが、あとは室内のWIDE900かな。それが終わって、お昼の給餌をすれば時間が取れるので、ちとバイクでブラッと出かけて来ようかなぁと。
2010-07-18 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop

GEXのリコール

GEXのヒーターでリコールが有ったが、うちも、該当するヒーターを2008年10月に買ってたでやんす。詳しくはGEXのHPで。

私が初めて買ったヒーター、IC AUTO HEATER TRUSTY 150
trusty1.jpg
ヒーターの使用は慎重にと思いつつ、エドちゃんの冬場の転覆で使うつもりで購入したが、結果的に、ヒーターは使うべきでは無かったという事だな。最初に買ったヒーターが、発煙、発火の恐れ有り、だもんなぁ。あぁこわっ。
結局その年は、エドちゃんではヒーターは使わず、マツモ育成で、外で使ったっけな。外で使ってはいけないと使用方法に書いてあったりするが、外に飼育槽を置く場合も有るし、発火するなら、まだ外の方がいいや。

金魚にヒーターは要らない派であり、やっぱり、シンプルに飼いたいなぁと。今年の春前には、外の、らんちゅうや和金親魚で、ヒーターのお世話になったけど、エヴァリスのサーモのダイヤルが緩く感じたので、テープを巻いて、固めて使ってたしね。自動給餌器も、買ったはいいが、エサが出過ぎたりしないかとか、エサがカビるんじゃないかとか、心配事が増えるので、まだ使ってないし。

で、無償交換ということでGEXへ電話したが、1週間後ぐらいには代わりの品が届くとか。リコールされた品物は、送られて来る、封だか箱だかに入れて、送り返すそう。費用の負担は無い。


で、現在3cmほどの桜錦約70匹と、現在4cmほどの和金約30匹の計約100匹だが、今年は、夏祭りが7月末ではなく、8月頭ということで、引き渡しは今月末になった。なんとか無事引き渡せそう。まぁ、不意の事が無ければ、だけどね。
自分用の桜錦を3匹ぐらい、別容器にキープしないとな。誉自身の今季5腹目となった稚魚も200匹近く居るけど、2腹目はこんなん出た~、ということで、取り敢えずキープだ。下手すると、2腹目以上の個体が、5腹目から出ないかもしれないので。
引き渡しまで、金魚を死なすわけにはいかないぞと。死んじゃったら、代わりに何か買って来ないとね。
2010-07-16 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop

ジュンの仔か?

桜錦の誉の仔数匹と、らんちゅうのジュンの仔数匹を混ぜた青いミニ舟で、唯一残った仔
junko1.jpg
普通鱗だなぁ。誉の仔と思っていたが、どうも今までの誉の仔と形質が違うぞと。ジュンの仔のような気がして来た。となれば、オス親はジョナサンかダイスケになる。ジョナサンの可能性の方が高いかな。

いつ産まれたんだっけな。サイズ的には2cm弱か。そろそろミジンコでいいかな。

こいつ1匹の為に、ミニ舟を1個使い、エサを与え、舟の掃除と水換えを行って来た。こうして成長して来た姿を見ると、なんだか報われる気がする。

ジュンの仔なら、桜錦の仔の普通鱗と違い、本当のらんちゅうの仔。らんちゅう仔引き第一号だ。どう変わって行くか見て行こう。尾がもっとしっかりしてくれるといいな。


冷凍庫が来たので、多めに赤虫、ミジンコを買って来ようと、いつもの店まで行ったが、なんと、こんな時に限って、まるとく赤虫10枚パックが品切れ。今まで1回も無かった店なのになぁ。最悪のタイミングだよ。
結局、赤虫は、割高なクリーン赤虫を3枚だけ購入。また3日後には買いに行かねば。
2010-07-14 : シュン&ジュン(らん) : コメント : 0 :
Pagetop

冷凍庫到着

ハイアールの冷凍庫が届いた。約50cm角のキューブ形。

到着した品物の、扉のロゴ部分
Haier3.jpg
なかなかの質感だ。中国メーカー。

早速、冷凍エサを入れてみる。今これだけ。下段のブラインシュリンプは廃棄するかも。
Haier1.jpg
明日、追加でまた買って来る予定。まるとく赤虫20枚、クリーンミジンコ6枚が入ればOKなので、広いくらいだ。自分専用アイスクリームを下の段に入れるかなぁと。ハーゲンダッツをよく食べるんで。

一応温度調節ダイヤルが有るが、通常は「4」の位置で使わないといけないようだ。
Haier2.jpg
「4」で-18度。ダイヤルを回したときの温度の幅が-18度±3度だとか。まぁ、0度から-30度で、という使い方はしないし、シンプルでいいかなと。

中国メーカーだと家の者に言ったら、すぐ壊れるんじゃないかとか、値段的に、中古の冷蔵庫でいいじゃないか、とか言われ、気分が悪く成った。私が使うものは、私が欲しいものを手に入れるだけだ。元々が、人間の食べ物と分ける為に購入するよう言われたのだから、冷蔵庫にしたら、冷蔵部分のスペース、電気代が無駄に成る。無駄が有っても、安い、ボロい、デカい冷蔵庫を買えってか?
和金稚魚400匹は減らさないといけないと言うと、「まだ大丈夫だろう」とも言う。60cm水槽に1cmの稚魚は300が限界で、そのサイズになるまではあっという間だ、ということなのにな。
2010-07-13 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop

もちっと薬浴

3匹の充血桜錦の仔のうち、1匹の充血が引かないので、更に今夜一晩、バケツでグリーンFゴールド浴。回復する時は、1日経てば、その回復が目に見えるものだが、充血が広がっている感じを受けたので。片面充血で、ここ何日かは、横に倒れて泳いでいる。

以前にも1匹居たが、片面充血でまともに泳げなく成った個体、上の薬浴させた個体とは別の1匹が、片目を失っていた。サイズ的にも小さい個体なので、他の個体に狙われやすいのかもしれない。可愛そうだが、以前の1匹と同様に、和金親魚のエサとした。和金の一腹目のエラ蓋無しの2匹を、親のエサにもしている。

これらは、譲る前、出荷前の選別作業でもある。目が無いとか、エラ蓋が無いといったものは、他人に譲る事は出来ない。桜錦は、中でも良い個体を自分の手元に数匹残したいと思っているので、そういったものは残せない。和金稚魚の選別で、開き尾、更紗を残したいというのは、譲る為であり、親魚8匹の他に自分で飼う気は無い。
2010-07-12 : さくらと誉の仔 : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。