和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

レナ横見

2時間のニューグリーンF浴を終えたレナを、空いているADA60cm水槽で0.2%の塩水浴へ。ビタミンが入っていて、金魚が元気にも成るという、バイオスリーインワンも入れた。餌ナシ2日目。FRPジャンボへ移す前に、横見を楽しんじゃおうということでの水槽使用だ。

泳いでます
rena05.jpg
f2.5 1/40秒で、若干流し撮り。

止まってます
rena06.jpg
f2.5 1/40秒は同じだ。

いやぁ、いいらんちゅうだなと。私には勿体ないぐらいだ。FRPジャンボの飼育環境を整えることに、もちっと注力しないといけないか。が、水換え週1、餌は日に3回、というのは、変わらないかなぁ。朝5時半起き、なんてのは、ちと無理だからなぁ。

「起きろっ!」ってか。
スポンサーサイト
2010-05-30 : レナ(故らん) : コメント : 0 :
Pagetop

さぶっ

日曜は水換えデー。和金親魚の90cm水槽以外の飼育槽の水換えを行った。にしても、やけに涼しい、と言うか、肌寒いぞと。

桜錦稚魚は、尾の開きのイマイチなもの、背が妙に高いものなどから、外のプラ舟FP-60へ半分を移した。
室内のトロ舟40には、比較的良いものを残している。50匹ぐらいかな。
sakurako45.jpg
青苔も生え始めている。マツモが足りんということで、ここでも育成。

外のFP-60
sakurako46.jpg
こっちの方が余裕が有るので、もう10匹、トロ舟40から持って来るかなと。一度、この中から15匹ほど、スボ尾を除けたが、金魚掬いなら貰ってくれるかなぁと、また舟へ戻してしまった。また考える。
成長度合いを室内組と合わせようということで、この舟には、20度設定のヒーターを入れている。ここでもマツモ育成中。

外のFRPジャンボ280。タマエ♂が写ってないが。
jumbo44.jpg
丁度いい隔離用の容器が無いので、らんちゅうを入れたまま、7割の水換えを行った。ゴミが残るし、青水が濃く成るのが早いだろう。タライとか、コンテナボックスとか、使えなくは無いが、専用容器が要るなと。
で、少し前、Michikoが、1号、トンボに追われていたが、Michikoのお腹が張った感じは見られないので、放置している。産むとしてもまだ先だろう。それより、ジュンのお腹を気にしないとね。松も、産卵が有るとしても、まだ先だろう。


和金稚魚の外のFP-60から、和金の4腹目の卵が付いていたシュロの皮を撤去。カビだらけ。新たに孵化した稚魚は見当たらない。なんでやねん。カビのせいか?舟には、一腹目の30匹余りが居るだけだが、まぁ、いっかと。
で、室内の桜錦の稚魚のトロ舟40の方が過密なので、和金稚魚と容器を入れ換えてもいいかなと。和金稚魚を室内で飼う気は無いので、トロ舟40も外へ出すことに成るが、その際、どこへ置くかだなと。FP-60を並べたいが、周辺の整理が要る。まぁ、また今度だなと。

先日買った、冷凍ブラインシュリンプだが、シュリンプが大っきいですなぁ。稚魚が食べるサイズではない。稚魚用の餌を急いで買って来ないといけないが、冷凍ベビーブラインは割高感が有るので、人工餌かなぁ。またGROW Aかも。
2010-05-30 : さくらと誉の仔 : コメント : 0 :
Pagetop

塩浴

水温合わせ1時間余りで、レナをミニ舟へ。水合わせはナシ。いきなり0.3%の塩水だ。真似しない方がいいやね。ヒーターは撤去。

後方から
rena02.jpg
お腹は張っていない。2歳の春って、どうなんだかなぁ。必ず抱卵するわけではないということかな。尾はあまり気にしない。


横気味に
rena03.jpg

頭~
rena04.jpg
松とは頭がだいぶ違う。
2010-05-29 : レナ(故らん) : コメント : 0 :
Pagetop

レナ~~~ッ

タマエ♂がオスだったこともあり、メスが1匹欲しいということで、来月の予定だったが、今日、蒲田近くの高橋らんちゅう養殖園へ行ってみた。
takahashi.jpg
ダレのチャリやろね。

応接間で、コーヒーを頂きながら3代目ご夫婦と話をさせて頂いた。大型バイク乗りでもあった3代目。50年乗ったが、体力的に今は乗らないそう。映画「マッドマックス」のグースのバイクのレプリカを所有されていたそうな。私もそのうち、大型免許取ろうかなぁ。ビッグスクーターも悪く無いが、気分がまた違うだろう。

タタキ池20面ほどが有り、8面ぐらいに、4cm~5cmぐらいの黒仔が沢山居た。3歳は、頭が大きく、幅が有り、こりゃ、そこらで売られているのとは違うぞという印象。私の予算には収まらないということで、2歳のメスを1匹頂くことにした。

今現在、室内のミニ舟で水温合わせ中
rena01.jpg
今日は少し気温が低いので、外の溜め置きの水をヒーター20度設定で温めながらの水温合わせ。3度ぐらい一気に上がっちゃう感じかもしれないが、大ジョブかと。室内の600LOW水槽は、水温22度なので、更に上がって行く感じだし。2日間餌抜き。0.3%の塩水浴も行い、明日、2時間ほど薬浴させる。計3~4日様子を見てから、外のFRPジャンボへ合流させる予定。サイズは11cm弱ぐらいかな。

名前はレナ。ティガの、目鼻立ちがはっきりしたヒロインだべさ。どぞ、よろしく。

今年、これから産んでくれるとラッキーだよなぁ。
2010-05-29 : レナ(故らん) : コメント : 0 :
Pagetop

餌が無いということで

桜錦の稚魚達の餌、冷凍ミジンコが切れたという事で、夜、バイクで買いに行った。ついでにその他の餌も。今月の金魚予算はとっくにオーバーしている。
shopping5.jpg
まるとく赤虫10枚パックは、らんちゅう10匹、桜錦2匹、江戸錦1匹、琉金6匹、和金8匹、成魚計27匹の餌。一回の給餌に9ブロックだ。10枚で240ブロックなので、給餌26回分。日に2回で、2週間で無くなる。

テトラランチュウは、らんちゅうではなく琉金用。琉金にこの餌を与えたことは今まで無い。転覆気味の琉金が居るので、浮上性よりは沈下性だろうと、沈下性をあれこれ変えて与えている。残り少なく成った「獅子頭」でも、転覆は起きていない。

クリーンミジンコは、桜錦稚魚約100匹用。100匹だけなのに、稚魚期に掛かる餌代は結構なものになる。

クリーンブラインシュリンプは30匹ほどの和金稚魚用。これまでは冷凍ベビーブラインシュリンプだったが、これを使ってみることにした。孵化したての稚魚には大きいかもしれないので、孵化待ちの卵が孵ったら、殻剥きブラインシュリンプエッグが残っているのでそれを使う。生きたブラインシュリンプをいつも与えられるわけではないので、冷凍ブラインも使っている。

23日に4度目の採卵をした和金の卵の方は、採卵6日目だというのに、稚魚の姿が見えない。受精率も悪いのだろうが、孵化するごとに、既に居る30匹に食べられてもいるかもしれない。それならそれで、構わないんですけどね。

バイオスリーインワンは、処分品を格安でゲッツ。6割引ぐらいだった。なぜ処分品なのかは分からない。気休めで、これをたまに使っている。

らんちゅう、桜錦成魚、江戸錦に与える粒餌は、らんちう貴族成魚用。桜錦稚魚には、GROW稚魚用A微粒が切れたので、今はらんちう貴族当歳用。和金親魚には、今はテトラフィンペレット。


先日、和金稚魚のプラ舟FP-60の水換え時に、赤虫が湧いているのを発見した。一瞬喜んだが、ボウフラが湧いたってことなので、ご近所にバレたらちとまずいぞと、網で掬って処分した。成魚の飼育槽なら、湧いてもすぐ食べられちゃうところだろう。
マツモ水槽、今は雨水が溜まっただけの火鉢、貯水槽も、ボウフラに気をつけないといけない。以前、コメットの60cm水槽で使っていた上部濾過器内で、ボウフラが湧いていたことも有った。


iPad発売だなぁ。Macな私だが、そんなに欲しく無いなぁ。ここ数年来、雑誌も文庫本も、殆ど読む気が無い。
2010-05-28 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop

頭が黄色く

一昨日、昼に定食を食べてしまい、その日の夕方から胃がおかしく成って、動くのがきつかった。やっぱり、米を食べると最悪なんだよなぁ。


頭が黄色く成って来た誉
homare07.jpg
後ろに写っているさくらもそうだったが、大人に成ると黄色く成るものなのか、それとも環境なのか。餌が大きいか。まぁ、要因が分からなくても全然構わないんですけどね。

はて。誉は大きく成っているんだろうか。あんまり変わってない気がする。産卵ももう少し掛かりそうだ。

600LOWの底に生えていた、5mmほどのヒゲのような青苔は、だいぶ食べられてしまったなぁ。琉金達のWIDE900でもマツモが食われまくり、外のマツモ育成水槽には、琉金に食べられた、穂先10cm~15cmほどの、再生待ちのものばかりになってしまった。マツモを仕入れるべきかもしれない。水温も上がって来ているし、餌が足りないか。
2010-05-26 : 誉((故桜錦) : コメント : 0 :
Pagetop

考え中

今日は、疲れから昼間も寝てしまった。HCへの舟の買い出しはパス。トロ舟80か、深さが有るトロ舟G-100にするか考え中だ。縦横サイズが同じなら、少し出費がかさむが、G-100かなぁと。ただ、こっちになると、いろいろ散財した今月はパスだなと。来月中頃までガマンなのだ。来月も出費予定があるし、らんちゅう隔離用のFP-60を使えないわけではないので。

桜錦稚魚50匹ほどの居るADA60cm水槽の亜硝酸テスト。
ttest7.jpg
大ジョブだぁ~、ということで、外の広い飼育槽へ出すのも、そう急がなくてもいいなと。

選別は、今日もパスで、どうせなら、飼育容器を移す際に行いたい。外へ出す時に。まぁ、稚魚100匹ほどすべてを外に出すかは分からないが。

今日も、桜錦稚魚のトロ舟40とADA60cm水槽の糞濾し、抜いた分の水換え。さくら、誉、エドちゃんの600LOW水槽の糞濾し、抜いた分の水換えも行った。今朝産卵の有った、和金親魚の外の90cm水槽の水が泡立って汚れており、親魚達が水槽隅にかたまり、エサも食べずにいた。これは早めに換えた方がいいと、午後、雨の中、5割の水換えを行った。
2010-05-23 : さくらと誉の仔 : コメント : 0 :
Pagetop

そろそろ外か

100匹ほどの桜錦の仔を、現在、室内のトロ舟40とADA60cm水槽に分けているが、そろそろ外へ出すべきかなと。今有る、らんちゅう隔離用の外に置いているプラ舟FP-60に100匹を合流させると、かえって過密に成ってしまうので、最低でも80Lの飼育容器が欲しいところだ。選別も行えば、いくらか余裕ができる。

普段は空いているFP-60は、FRPジャンボの掃除、水換えの際の、らんちゅう10匹の隔離用だが、松の仔飼育用にも成り、松の仔がしっかり育っていたら、その時点で、らんちゅう隔離用が足りなく成っていた。もうひと舟要るのだ。トロ舟40が空けば、らんちゅう隔離用には出来る。

そうすっぺかなぁ。80Lか100Lだが、100Lだとちとでかくて、邪魔っぽいかも。

あとでHC行って来ようかなぁ。既に、設置場所は、松の産卵時に確保している。「卵生んだんだから、当然孵化用の舟を置きますよ」作戦で。
単に金魚を買って来て、舟を追加設置するというのは、ちと肩身が狭く成るので行わない。


昨日、久しぶりに和金親魚の90cm水槽に、産卵巣となるシュロの皮を入れたが、今朝産卵が有り、500ほど採卵。和金稚魚30匹ほどのプラ舟FP-60へ入れておいた。孵化しても、既に孵っている稚魚とのサイズ差でまずいが、もう飼育槽を増やすのはやめておく。共食いが有ったら有ったでいいやと。
これから孵化、では、7月末の夏祭りまでに3cmを超えさせるのは無理っぽいが、まぁ、頑張って、家の者にも餌をバンバン与えてもらうかなと。
和金親魚は、去年、4月末から9月まで、何度も産んでた。メスは3匹かな。
2010-05-23 : さくらと誉の仔 : コメント : 0 :
Pagetop

明日は雨

明日は朝から雨らしいので、今日、外の、らんちゅうのFRPジャンボ280と和金稚魚のプラ舟FP-60の掃除、水換えを行った。FRPジャンボは青水が濃く成ってしまうので、毎週9割、FP-60は、スポイトでのゴミ取りは行っては来たが、水換えらしい水換えは初。和金稚魚は、3回の採卵をしたにもかかわらず、30匹ほどしか居ない。まぁ、水質管理も楽だし、金魚掬いには桜錦も居るしで、30でもいいかなと。採れなきゃ採れないでも構わないくらいなので。

夜になって、桜錦の稚魚の、室内のトロ舟40とADA60cmの糞濾し、2割の水換えも行った。亜硝酸テストは明日日中だなと。


さくら、誉、エドちゃんの、室内の600LOW水槽
600low12.jpg
誉の産卵がそろそろか、というのが有り、シュロの皮を入れている。数日前、少しだけさくらが誉を追っていたが、次の日には収まってしまったので、まだなんだろうなと。


昨日食べなかった分、今日は朝から私のお腹が空いていた。胃の調子が悪いが、なんだかんだ、1日平均2,000kcalは摂っているだろう。ドーナツとか、チョコ菓子とかの間食も有るし、よく飲むカルピスウォーターも、1本230kcal有ったりするし。「ゼロ」が付くドリンクが流行ってるようだが、私にとっては、ドリンクも大きなエネルギー源となっている。ゼロ系飲むなら、お茶飲むぞと。

あ、まるとく赤虫1ブロックって、何カロリーだろう。
2010-05-22 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop

ブライン続き

むぅ~、胸と胃が焼ける。胃酸が強いんだよねぇ。今夜7時前に病院行って薬を貰って来たので、薬を飲めば、だいぶ楽には成る。マーロックスってやつ。

朝も、体力的に早起き出来ないこの頃なので、外の和金稚魚へ生き餌ブラインシュリンプを与えることが出来ていない。冷凍ベビーブラインを放り込むだけ。もう20分早く起きれば、出来るんだけどな。折角ブラインを湧かしても、朝与えられなければ、和金稚魚に与える機会はほぼ無い。和金稚魚のプラ舟FP-60の水換えも出来ていない。


生きブラインは、ここ2日、室内の桜錦の稚魚に、夜、与えている。ブライン続き。

トロ舟40
sakurako43.jpg

ADA60cm
sakurako44.jpg

トロ舟40とADA60cm水槽の糞濾しは、昨日の分を今朝、今日の分を、今夜先ほど行った。2回の糞濾しで抜いた分の水を、夜に足した。体力的に辛いもんで、あんまり水も換えられない。

糞濾しは、稚魚も大きく成って来て、吸い込まれることは無くなったので、スポイトではなく、ポンプクリーナーで行っている。スポイトは時間掛かりすぎで、今思うと、よくやってたなぁと。

桜錦の稚魚の選別も出来ていない。亜硝酸テストも、測ったところで、水を更に換える気力は無いので、パスしている。

さて、薬飲んで寝よう。メシをまともに食べていないので、少し食べてからかな。アイスとか、ゼリーとか、バナナとかかな。ブラインセットは今日はパスだ。
2010-05-21 : さくらと誉の仔 : コメント : 0 :
Pagetop

あつ~

暑くて眠れん。と言うか、昼間に熱中症気味に成ったか。脳みそが熱を持って膨張している感じだ。口中も熱っぽい。

今日も、桜錦稚魚のトロ舟40とADA60cm水槽の糞濾し。水量的には、1/5ぐらいか。毎日1/5を換えていれば、亜硝酸も大丈夫かなと。たまにチェックはするが。
そろそろまた、選別しないとな。前回から何日経ったかな。2週間ごとに減らす感じで来ているかな。そろそろ和金親魚の口に限界のサイズ。またハネねば。
尾筒の下がりは様子見なので、尾の開き、摘みメインになる。差しは、よっぽどでないとハネないだろう。尾芯が鱗に差し込んでいるもの、と言われても、気になる個体は見当たらない、と言うか、イマイチ分からんし、それ以前にパッと見の尾ビレが良く無いものの方が目立つ。フナ化という点では、すぼ尾より差し尾、なのかもしれないが。


ケルヒャーのK4.00
という、静音タイプの高圧洗浄機を先月購入しているが、これ、汲み出しポンプにも成る。貯水槽上部の開口部からも、貯水槽に付けた水道蛇口からも、水を吸い込むことが出来る。が、この洗浄機を物置から出して、セットして、騒音を出してまで、金魚の飼育槽の水換えで使おうとは思わない。かえって面倒が増える。今は、貯水槽の水が半減すると水圧が足りなくなって、バケツを使う事に成るのだが、バケツを使った方がシンプルだ。
基本、バケツリレーを全く行わずに金魚飼育をしようとは思っていない。むしろ、ある程度はバケツリレーすべきだと思っている。それぐらいの体力は使え、金魚を飼うというのはそういうものだ、利己的に成りすぎるな、と。
2010-05-18 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop

クタクタ

水換えでクタクタだ。甘いもの食べてー。人形焼きとか。

らんちゅう松の仔用だったプラ舟FP-60と、FRPジャンボの水を、植木などにバケツリレーで撒いて、FRPジャンボの水をFP-60へバケツで移してらんちゅう達を隔離し、FRPジャンボの9割の水換え。貯水槽から水道ホースで水を引いているが、水圧が足りなく成ると、バケツ使用だ。貯水槽に繋げた水道蛇口が細いのだ。配管し直さないとこの労働が続く。
室内の600LOW水槽、トロ舟40、ADA60cm水槽の1/3の水換えで、外と中をバケツリレー。疲れるので1/3でとどめた。先日やりそこなった、外の和金の90cm水槽の5割の水換えを今日行い、貯水槽の水を半バケツリレー。途中までしかホースが届かないし、水圧は足りないし。

半日が終わった。朝、昼、夕と餌やりも有るので、出かけられん週末。

昨日の昼、うな丼を食べてから、その日は胃が不調。胃酸が出まくりで、胸が焼けるし、気持ち悪いし、少し胃が痛いしで、動くのがちと辛かった。バイクで金魚の餌を買いに行ったが、シートに座ってる姿勢や寒さも有って、店で少し吐きそうに成った。米を食べるとよくそうなるので、普段はパンばっかり。ここのところの胃の不調で、また薬を飲んでいる。養命酒とか、生薬系の、体が活発に成るようなものがいい気もする。血流が悪そうだが、タバコもでかいかもなと。血管狭めるので。起立性貧血も昔から有る。冷え性で、血圧は95-60。医者には、自律神経だと言われてるけどね。

昨日、バイク、金魚、飲食で少し散財したので、今日はもうおとなしくしていよう。朝顔の種蒔きの用意をしなくてはな。ちと予定が遅れてしまった。朝顔歴4年目だ。
2010-05-16 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop

筒の下がりが~

孵化2ヶ月弱の桜錦。尾筒の下がりがらんちゅう体型らしく成って来ない。なだらかで、フナっぽい筒をしたのしか居ない。2cmほどの100匹ほど、全部がだ。

虎ハゲって来ているので、筒もらんちゅうっぽく成っていい頃だと思うんだが。
sakurako38.jpg
もう一ヶ月要るのか。

普通鱗。筒下がり、筒のしゃくれで、フナってるなと。摘んでもいるか。
sakurako39.jpg
鱗に色が無いぞと。色の素となる栄養が足りないか。白く成ってしまうかなと。

こんな筒ばっかりだ。
sakurako40.jpg
まだ下がってくれるんだろうか。

頭が赤く成るんかなと。
sakurako41.jpg

色が乗ってない個体の方が実際は多い。色柄的に、7割がこんな感じ。
sakurako42.jpg
白に成るのか、これから色が出るのか、分からん。白だとしても透け過ぎなので、まだ変わるんだろうが。背が高い。


こう尾筒の下がりが悪いと、桜錦としてまずいぞと。金魚掬い用としては、和金よりはいいのかな、というのは有るが、種の特徴が失われたものは、本来、残さない方がいいのだろうなぁ。悩むなぁ。
2010-05-16 : さくらと誉の仔 : コメント : 0 :
Pagetop

姿見えず

外のプラ舟FP-60の松の仔の姿が全く見えない。1匹も。バケツから舟へ移した時、30匹ぐらいは居たろうになぁ。よく見なかったけど。

ということで、今年のらんちゅう稚魚飼育はナシかもなぁ。松、ジュンの2腹目がこの先採れるかもしれないが、桜錦、和金の仔が居るので、今年は、このままらんちゅうの稚魚が居なくても構わないかなと。飼育スペースがちと広がり過ぎで、規模を縮小したい気もする。室内4つ、外4つ、計8つの飼育槽が有ると、そればっかりの生活になる。やっぱり、和金と琉金がアレなんだなぁ。

松の仔のメスが残せないとなると、来春用のらんちゅうのメスが足りないので、6月ぐらいに、1~2匹、メス狙いで仕入れようかなぁと。タマエ♂みたいにまたオスだと困っちゃうので、確実にメスを狙いたいが、産まれて数ヶ月の当歳だと、店員さんもよく分からないだろうし、立派な2歳、3歳のメスは値段的に手が出ないしなぁ。メスっぽいのを3~4匹仕入れるというのは、多過ぎで無理だ。

成るようにしか成らんということで。
2010-05-14 : 浜男&松(らん) : コメント : 0 :
Pagetop

濁り

琉金のWIDE900の水が、ここ1ヶ月ほど、青白く濁っている。濾過器AX-60の掃除、水槽の苔全面落とし、多めの水換えを行って来たが、相変わらず青白い。青苔も生えるので、そのせいかもしれない。水温が20度を超えて来てからの濁りだ。餌を変えてからの濁りでもあるが、今はまた違う餌にしているので、澄んで来てもいいはず。AX-60の前回の掃除では、カビっぽいものがはびこっていたので、そのせいか。念入りには掃除していないので、今度、しっかり掃除してみるかな。追い星の出ている個体は無いし、追い、産卵も無い。
wide900_27.jpg


で、数日、夜中から朝までが冷えるそうなので、和金稚魚とらんちゅう稚魚の、外の舟それぞれにヒーターを入れた。15度設定。細胞分裂が盛んな時期だし、まだ弱いしで。7月末に3cmを目指したいというのもある。20度を超える設定にすると、水換えでの水温合わせが面倒になるし、多少は日々の水温差が有った方が、後々、少しは水温変化に強く成るかなと、最低限の水温維持だ。暖かい日には、水温が24度ぐらいになるので、15度キープなら9度差。水温差10度超えは避けたい、ということでもある。らんちゅう達のFRPジャンボの方は、冬場と違い、冷えて12度ぐらいなら、消化も大丈夫だろうということで、ヒーター無しのままだ。

桜錦の稚魚のトロ舟40とADA60cmの、糞濾し、1/4ぐらいの水換えと足し水を行った。水量が少ないので、飼育槽目一杯近くまでそれぞれ足した。まだ3Lぐらいずつは足せる感じ。

明日は、また和金親魚の90cm水槽の水換えをしたいなと。昨日産卵が有り、また水が汚れたので。
2010-05-12 : 琉金 : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。