和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

青水薄め

外のFRPジャンボの青水を薄めたいということで、3日前に7割、今日5割の水換え。まぁ、ヒーター13度設定が、青水化を決定的にしているので、設定温度を10度に下げれば、だいぶ違う気がする。ここ数日は寒く、貯水槽の水温は9度無い。
FRPジャンボは、水面半分を、すだれで日光を遮ってはいる。

水換え中、らんちゅう達はプラ舟FP-60へ隔離し、2時間ほどニューグリーンF浴。
purabune37.jpg

シュンとジュンの黒斑は治った。
シュン
syun06.jpg

まだ色落ちは戻っていないジュン
jun06.jpg
親候補では無いが、ちょっとジュンのお腹が膨らんだか?。
シュンとジュンは、8cmほど。

ヒーター12度設定にして、青水になってから、今度はトンボに黒斑
tombow29.jpg
トンボは10cm弱かな。

タマエのお腹は全然な感じ
tamae11.jpg

松のお腹は、横には全然張っていないようだが、少し垂れたかも
matsu07.jpg

男達も、追いっ気無し。

浜男くん
hamao06.jpg
タマエ、松、浜男は11cmぐらいかな。

ダイスケ
daisuke05.jpg
ダイスケは14cmぐらいか。

ジョナサン
jonathan05.jpg
ジョナサンは13cmぐらいかな。

1号
ichigo30.jpg
1号は12cmぐらいかな。

Michikoはまだ室内で養生中。上の写真でも分かるが、FRPジャンボでは、水中の浮遊物が魚体に付きやすく、体表に荒れが有るMichikoには、まだ危険だろうと。まぁ、ゴミが頭に付くことで、頭の保護、異物排除のため、頭の瘤が発達する面も有るとは思ってますけどね。

先々週、行きつけの金魚屋で、9cmぐらいの若いらんちゅう5~6匹が、お手頃価格で売られていた。体型も良く、ウロコも奇麗で、フンタン、頭も結構有って、欲しいくらいだったが、今は増やさないということで、パスした。先週には売れてしまっていたので、手に入れた方が良かったかもなぁと、少し思った。
スポンサーサイト
2010-03-28 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop

食うもの無いと

桜錦の稚魚達が、ブラインシュリンプの未孵化の卵を食べまくったようだ。
sakurako21.jpg
ひどい写真だ。

給餌間隔が開き過ぎると、有るものを食べちゃうのだろうな。朝と夜の生きブラインだけではまずいようなので、やっぱり、昼間、冷凍のベビープラインを家の者に頼んでおこう。カビが生えやすいが、仕方が無い。生きブライン給餌の際も、未孵化の卵の混入を避けるようにしないとな。少し面倒だけど。孵化率が悪くても構わず給餌、なんてのは止めて、冷凍か、殻剥きブラインエッグにすっぺか。

今回のふた腹目は、尾の開きを考えて、水流を減らそうという事で、カビ、ゴミはスポイトで毎日1時間掛けて吸い取っている。カビは、出来始めなら、そう病気の原因に成らないだろうと。
前回のひと腹目は、網でザ~ッと底引きでカビを掬ってたが、水流が結構出来るし、細かいゴミもかなり舞うので、水を毎日換えていた。スポイトなら、ゴミが舞うのも比較的少なく、水を換える必要もそう無いようだ。



昨日、今日、雨なので、外のFRPジャンボの水換えをしていない。ちと青水の濃さが心配だ。
明日朝かな。
2010-03-25 : さくらと誉の仔 : コメント : 0 :
Pagetop

食い初め

少しだけ日の当たるADA60水槽
sakurako19.jpg
孵化3日目夜からブラインシュリンプを与え始めたが、4日目になって食べ始めた感じ。ADA60は、ひと腹目から継続使用なので、カビも残っている。充血、狂ったように暴れるものも有ったひと腹目だったので、カビによって増えた吸虫類、ダクチロギルス、ギロダクチルスが寄生していたと思われる。ふた腹目の孵化前に、8割換水を行ったが、薬は使用していない。昨日与えた殻剥きブラインシュリンプエッグの残りも、今日にはカビが生える。近いうちリフィッシュを入れようかとも思っているが、ブラインシュリンプ、稚魚への影響も考えなければならないだろう。給餌の合間に薄めでかな。使用後また換水して、ブラインへの影響を抑えるか。それか、数日後に稚魚を別の容器に移すか、かな。移すにしても、古水を半分ぐらい使うつもりなので、寄生虫も付いて来てしまう。そのため、一度はリフィッシュを使う事に成るかもしれない。まぁ、結局、以前のように、こまめな掃除、水換えで済ますかもしれない。

今日は休日なので、朝1時間かけて底の残った餌、カビをスポイトで吸い取ったが、平日では、そんなに時間をかけられないだろう。餌を少なくして、カビの発生を抑えるしか無い。

で、日光が入るところにブラインシュリンプが集まって、オレンジ色になっている。給餌量が多いようだなと。稚魚200匹弱に対して、1日1gでは多いようだ。半分の0.5gにして、それを1日2~3回に分けて与える事にしよう。平日は朝、夜の2回になってしまうが。

食いついているか?
sakurako20.jpg
孵化4日目となり、殆どの稚魚が泳ぎ始めた。まだ水槽内壁に張り付いているのも居る。食いまくって、早く2cmぐらいに成って欲しいなと。掃除やら、水換えやらが大変なので。
2010-03-22 : さくらと誉の仔 : コメント : 0 :
Pagetop

掃除デイズ

昨夜は、今までに経験した事が無いくらいの風で、外の駐車場に停めているスカイウェイブが転倒。右サイドのフロントカウル、ステップ周り、マフラーが敷き砂利にもまれて傷だらけ。あぁ、悲しー。まぁ、こうなったら廃車まで乗ってしまおう。

昨日、8割の水換えを行ったFRPジャンボ280
jumbo_38.jpg
5倍に青水が薄まったが、まだ濃いか。ダブルブリラントスーパーフィルターも、すぐアオコが飽和するので、あまり効いていない。この連休は、普段よりはスポンジを洗える。
折角の連休なので、バイクで出かけたいところだが、近場で済ませて、金魚の飼育環境を整えなければならないなと。

産卵の雰囲気は全くない。タマエ、松のお腹も全然な感じ。


孵化3日目の桜錦の稚魚
sakurako18.jpg
まだへばりついている。3日目ということで、取り敢えず、餌として、殻剥きブラインシュリンプエッグ、FRPジャンボからの青水(植物プランクトン)を入れた。ビタミンが含まれるバイオスリーインワンも孵化日に入れている。生き餌のブラインシュリンプは今夜から。
水温は、ヒーター18度設定でも21度ほど。昨日から暖かいので、ヒーターは殆ど働いていないかもしれない。
FRPジャンボのらんちゅう達が好調なので、問題無いだろうと、その青水も少し移したが、稚魚達のADA60は、スポンジフィルターを入れているし、日光はほぼ当たらないので、青水をキープし続けるなら、FRPジャンボから移し続ける必要がある。LEDライトのStick Lightを使っているが、光合成はそう期待出来ないだろう。

今日はこれから、室内の琉金達のWIDE900、外の和金の90cm水槽を掃除、水換え。濾過器も掃除しよう。和金、琉金は、本来、私が世話する必要は無いはずなんですが、金魚係なもんで。
2010-03-21 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop

ひと腹目全部

誉のひと腹目の残り7匹を全部ハネることにした。全て尾の開きが悪い。水を換え過ぎて、泳がせ過ぎたかもしれない。尾のすぼんだ桜錦を他人に譲る事は出来ないし、飼い続ける余裕も無い。稚魚達よ、スマン。


ふた腹目は孵化して2日が経った。ここから、尾の開きも、背なりも良いものを残すしかない。と言うか、残るなら、ひと腹目を敢えて残す必要が全く無い、と。

ふた腹目を採卵した洗面器をADA60水槽に半分沈め、孵化した稚魚が水槽の方へ移るようにした。もう少ししたら、カビが生えた未受精卵が多数付着する洗面器を撤去する。稚魚の数は200弱ぐらい。
sakurako16.jpg

今度は、食べ残しをより減らすことでカビの発生を減らし、水換え頻度をもう少し減らそうと思う。カビが全く生えないようにはならないだろうが。
ただでさえ、生き餌のブラインシュリンプは、朝と夜の2回しか与えられないので、成長が遅くなるのを覚悟しなければならないだろう。

水槽内面に張り付くふた腹目
sakurako17.jpg
2010-03-20 : さくらと誉の仔 : コメント : 0 :
Pagetop

7匹に

誉の仔、稚魚の方が、4匹お陀仏。今朝は、調子が悪そうなのが1~2匹居るかな、ぐらいの感じだったが、夜帰宅したら、4匹が。

餌を、生き餌のブラインシュリンプから、冷凍のベビーブラインシュリンプ、冷凍ミジンコに替えてから、おかしく成ったのか。それとも、日曜、月曜と水を換えず、食べ残しの掃除だけで済ませたのがいけなかったのか。それとも、土曜の全換水リセットか、充血したのが居たということで、吸虫類か。まぁ、食べ残しからカビを生やしてはいけない、というのは基本なので、当然の結果かもしれませんが。

食べ残しが出過ぎてはいけないし、食べ残しが出るなら、毎日掃除、水も毎日換える、ということか。

カビを生やさずに給餌となると、水槽に入れる餌の量が少なく成り、生き餌ともまた違い、餌にありつけない稚魚が出てくるだろうし、成長にも影響するだろう。生き餌のブラインでもカビはずっと生えてたんですけどね。

で、減ったついでに、背なりの悪い個体も1匹ハネたので、残り7匹になってしまった。尾の開きでハネると、殆ど居なく成っちゃうんで、どうすっぺかなと。折角の桜錦の初仔引きなのになぁ。


で、産卵日から4日目となる誉のふた腹目の受精率は、6割弱と言ったところかな。200匹弱ってところか。4日目なので、卵の中の目を確認出来るようになってはいる。で、未受精卵のカビがよく見えないので、白い洗面器での採卵は止めた方が良かったなと。未受精卵をはじくにも見づらくてしょうがない。今度からは、濃い色の洗面器にしようと思う。

で、ひと腹目7匹とふた腹目は、やっぱり一緒には出来そうも無いので、少ないひと腹目用に、もう一個、飼育容器が必要に成るなと。30cm角ぐらいので済ますか、今後の為にも、トロ舟40ぐらいのにするか、エドちゃんを600LOWへ合流させ、Michikoを外のFRPジャンボに戻して、トロ舟40を空けるかで、悩んでいるここ数日だ。すぼ尾なんだけどね。
2010-03-16 : さくらと誉の仔 : コメント : 0 :
Pagetop

水元公園 金魚展示場へ

葛飾の水元公園内、金魚展示場へスカイウェイブで行って来た。まだちと風が冷たい。もう少し暖かく成ったら、バイクでの気分も違うだろう。

こんなんとか、
kinten12L.jpg

こんなんとかが
kinten32L.jpg
可愛かった。

時期的に、青水でヒレが溶け気味だったり、水質で肌荒れだったりで、写真が撮りにくかった。と言うか、写りがまずそうなのはほとんど撮っていない。
この公園は、夏に金魚祭りが有ったっけ。今年は行ってみようかなぁ。

本サイトの方にも、久しぶりに写真を上げた。ブログと違って、時間が掛かるなぁ。半日掛かりだ。
ページ直リンク

2010-03-14 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop

見るぞ~

今夜のNHKドラマ、「火の魚」、なんか良さげ。ドラマでは、「JIN ~仁~」以来、グッと来そうな予感。
「この世には、死んでいい魚と、死んじゃいけない魚が居て、金魚は死んじゃいけない魚だと思ってるんじゃないのか?」とか、琉金の魚拓をとるとか、ちと考えるところも有ったり。
瀬戸内の風景も好きだったりする。昔、何度か尾道に写真を撮りに行った事も有る。デジタル一眼になってからは撮りに行った事は無い。今度行ったら、異常なほどの枚数を撮る事が出来るなと。
年齢を重ね、感じるものも違うだろうなぁ。


大役を果たしてくれたさくら(右)と誉。600LOW水槽。
sakuras03.jpg
結構追われたようで、誉の尾先が少し割れ気味。養生が必要だ。
水の白濁はそれほどでも無かったが、ゴミが多かったので、水を6割ほど換えた。
エドちゃんは、Michikoとトロ舟40へ。
2010-03-13 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop

冷凍ミジンコ給餌開始

誉の仔が孵化して1ヶ月が経ったので、冷凍ミジンコの給餌を開始した。
sakurako14.jpg
水槽ADA60は全換水、掃除し、カビを出来るだけ無くした。冷凍ミジンコを与え始めた場合、ブラインシュリンプの未孵化の卵、ブラインシュリンプの死骸、死骸からのカビが、水槽底に同時に沈んでいるのは良く無いだろう。特に、未孵化の卵を食べさせたくは無い。生き餌のブラインは止め、冷凍ベビーブラインシュリンプと冷凍ミジンコを併用することにした。まぁ、給餌過多は変わらないので、カビが生えるのは同じだろうが、出来るだけ清潔に保ちながら給餌して行きたいなと。
冷凍ミジンコへの食いつきは悪く無い。
で、稚魚のうち1匹がフナ尾だったため、ハネた。さくらのお腹ん中へ。


で、誉がふた腹目を産んだ。1ヶ月ぶり。
sakurako15.jpg
どうも誉が、マツモやシュロの皮に産みつけようとせず、ポロポロ卵をこぼすので、今回も人工授精。洗面器を用いたが、さくらと誉の2匹を絞っている最中、さくらの方の出が悪かったので、卵を採った後、さくらだけで絞り、水をかき混ぜた。卵は洗面器底に張り付いてしまうので、しっかり受精させられたとは思えないが、待つしか無い。今回の産卵数は、300個超えたぐらいかなと。前回が、受精卵が30個無いぐらいだったので、今回は、最低でも100個ぐらいの受精を期待したい。まぁ、それでも、受精率3割なので、ダメダメなんですけどね。100匹孵化すれば十分だなということで。

で、稚魚のうち、充血、水泡の有った1匹を隔離して、規定量のニューグリーンF+グリーンFゴールドで薬浴。江戸錦のエドちゃん、らんちゅうのMichikoもついでに薬浴。エドちゃんの体表に、細かい白い点々が見られる。Michikoは、まだ皮膚が治りきっていないので、予防薬浴。いづれも、4時間ほどで薬浴を終わらせようと思っている。
2010-03-13 : 誉((故桜錦) : コメント : 0 :
Pagetop

青と茶と

ヒーターが12度設定。気温が12度を超える晴れた日には、水温が20度近くに成るFRPジャンボ280。
jumbo_37.jpg
ひと月ほど前、ジャンボ内壁全体に生えた青苔を8割ほど落としたが、今度はなぜか茶苔の付着が多く成った。昼過ぎの日差しがまだ低い為か、ジャンボ内の残留物が、青苔より茶苔に向いていたのか、よく分からん。
水は、その茶苔が溶け出した茶色だけではなく、アオコも混ざった黄色っぽいものだった。その後、再びジャンボ内壁の茶苔を落としたところ、水がより青く成った。
まだ茶苔の勢いも強く、あっという間にマツモに絡み付く。

冬前には、濾過を使っていたので、水を青くできなかったと言うか、しなかったのですが、今頃青くなってもね、って感じか。青水もほどほどに、ということで、また濾過を回そうかなぁと。3割から5割の水換えを週2回、でずっと済ませたいので、青水が濃く成り過ぎても面倒だ。採卵にも、あんまり濃く無い方がいいだろうなと。

FRPジャンボのらんちゅう達9匹はみな元気。オスの追い行動はまだ。メス(と思われる個体)のお腹もまだな模様。産んでくれるんかなぁと。
室内のトロ舟40に隔離したMichikoの皮膚の状態も良く成って来ている。4月中にはFRPジャンボへ戻せるかなぁ。MIchikoには、産卵は殆ど期待出来ないと思ってるんですけどね。年齢的に。
2010-03-13 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop

ハネたなぁ

さくらと誉の仔のうち、まともに泳げない1匹と、横見で背が極端に盛り上がった4匹をハネた。行き先は600LOW水槽。いつのまにか姿が見えなく成ったので、さくらか誉かエドちゃんのお腹に納まった模様。いつまでもおかしな個体を残しておくのも良く無いなと。まだ、背が軽く波打っているのが3匹居るが、こっちはもう少し様子見。

お腹が膨らんで背骨が盛り上がったかどうかは分からないが、同じ環境で曲がらないものが過半数ということは、やっぱり、どこか異常なんだろうなと。まぁ、そういった個体が、成長とともにどう変わって行くかを知るために残し、観察するというのも有っていいと思いますけどね。取り敢えず、残った、軽い背の曲がりの有る個体で見て行こうかなと。

ということで、今後はしばらくハネはナシかなと。尾の形でハネるとしても、もうちょっと先かなと。

で、1匹、お腹が充血し、お腹に水泡がポチッと有るのが居たので、規定量の半分のグリーンFゴールドを、ADA60に入れてみた。半分では効かないかもしれないが、効くかもしれない。異常が有るのは1匹だけだが、他の個体の予防も兼ねて、全部一緒に。ADA60の水は、ブラインの殻、ブラインの死骸、カビなどの掃除の為に、ほぼ毎日、5割ほどを換えている。治療として他に出来るのは、塩を入れるぐらいかなぁ。水温を上げる気は無いし、その1匹を隔離する気も今は無い。

稚魚は、残り14、5匹。さびしーっ!
まぁ、7cmにでも成ったら、こられのうちの10匹も飼えない。3匹残せばいいかな、って感じ。
2010-03-11 : さくらと誉の仔 : コメント : 0 :
Pagetop

残念だがハネかなぁ

昨夜は雪が降り、寒さも残る今日の天気の予報が、午後から日が出て最高気温15度という、東京だけ妙に気温が高く成るものだったが、実際は、日が少ししか出ず、最高気温9度。寒いっちゅーねん。外の和金の90cm水槽は水温が8度で、予報から、今日届くヒーターの設定を、FRPジャンボと同じ12度でいけるかな、という感じで居たが、2度上げとなる10度に設定して設置した。12度キープを少しの間行い、もう少し暖かく成ったら、15度キープにしようかなと。産むなら早めに採卵して、7月の夏祭りには、最低でも5cm弱で引き渡したい。

で、本題の誉の仔。今日で孵化28日目かな。1cmを超えて来た。水温はヒーター17度設定。室内なので、19度ぐらいになる事も多い。やっぱり、背が曲がったのはダメかなぁと。極端に曲がった個体は泳ぎが悪く、沈みがち。6~7匹がそんな感じで、そんなこんなをハネると、残り12~13匹ってところ。数が少ないのでハネが甘く成ってしまうが、背なりも成長によって多少は戻って来るかもしれないので、もうちょっと変化を見てから、背の曲がりが特にひどいものを何匹かハネようかと思う。
膨らんだお腹が背骨を押し上げているとしたら、成長によりお腹のスペースが増えるのに供い、背骨が下がって来る事も有るかもしれない。分からんけど。

尾ビレもなんか変ですな。
sakurako9.jpg

顔は可愛いけど。
sakurako10.jpg

しっかりした感じですが、まだ尾が下がって来ない。
sakurako12.jpg

まともな方だなと。
sakurako13.jpg
2010-03-10 : さくらと誉の仔 : コメント : 0 :
Pagetop

小赤を頼まれて

去年、和金を70匹ほど譲ったが、今年も、産まれたらちょーだいと、家の者が頼まれたらしい。去年もそうだが、私の知らないところで事が進んでいる。

去年は気前良く100匹という話で進んでいたが、実際は数が足りないので、琉金やら、琉金ミックスを私が買い足して引き渡している。引き渡し当日、念の為、一緒に引き渡すように伝えておいた琉金、ミックスのうち6匹が、家の者の好みで残されもした。その水槽(室内のWIDE900)の管理は私が行っている。

今年は、去年の夏前とは違い、琉金は居るし、らんちゅうの数は増えているし、桜錦の稚魚が産まれているし、らんちゅうも仔引き出来れば、それに手間暇掛けようと思っていたが、「産まれたらちょーだい」と言われると、産まれた卵を孵化させない訳にはいかなくなる。負担が増えるが、らんちゅう隔離用でたまに使うプラ舟FP-60を、和金稚魚用とするかなと。

昨年4月に産まれた和金稚魚では、7月の夏祭りには小さかった。3cmぐらいだったかな。譲った殆どは、一昨年生まれの、当時明け2歳の7cmほどの個体ばかりだった。最低でも、譲る時点で5cm弱にはしたい。それには、早めに産ませないといけないということで、外の和金の90cm水槽用に、サーモ、ヒーター管を注文することにした。
サーモは、FRPジャンボで使っているのと同じ、エヴァリスのEV.THERMO 600-WRで、ヒーター管が、ニッソーのパワーセーフプロ300Wを2本。FRPジャンボではパワーセーフプロの500Wを使っているが、EV.THERMO 600-WRが、ヒーター管を2本させるという事で、今回は300を2本にする。

和金の仔引きはしないと、この間書いたばかりなんですけどねぇ。私の気持ちを知りもせず、和金の稚魚を譲る話が進められてしまう。まぁ、家の者には、私の思いは話しませんけどね。私が少し頑張ればいい話ですから。金魚掬いにはサイズが小さいだろうからと、ヒーターも買っちゃう私。

誉がまた産んだら、それも付けちゃおう。らんちゅうが産んだら、それも。琉金も、この際、産んでしまえ。(笑)
と言うか、桜錦、らんちゅうの稚魚が産まれれば、和金ではなく、こっちを譲ればいいかな。そうすっぺか。
2010-03-08 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop

気温が

今日の最高気温。予報が20度、実際は18度ぐらい。まぁ、そんなもんだろうなと。昨日が結構寒かったので、20度まではいかないんじゃないかなという感じだったが、正解だ。

日曜の時点で、3月1日、2日(月曜、火曜)の最高気温の予報が14度、15度だったが、実際は10度無いぐらいだった。真冬に近かったやんけー、と。予報が高かったので、日曜にヒーターを外そうかとも考えたが、入れたままで良かったなと。月曜の朝、こんな天気で15度になるはずがないと思ったが、正解だ。いつもより薄着にしなくて良かった。今日は15度にはなるだろうということで、いつもより薄着でしたが。

外の金魚の飼育槽の水温が気になるので、予報されているからには、最高気温の予報の誤まりを2度以内に望みたいが、4度、5度と違うようでは、予報で物事を決めるのは止めた方がいいなと。やっぱり、実際の体感が決め手だなと。
最近は、予報の天気自体はほぼ当たってるので、気温もかなり正確だろうと思ったが、そうでもないようだ。誤差2度以内を望むのが、シビア過ぎるのかもしれませんが。

予報では、明日からまた寒く成り、日曜には最高気温8度だとか。来週には雪も?
今日のFRPジャンボの最高水温は21.4度なので、今のヒーター9度設定では、水温差が大きくなる。12度設定にしたとしても、21度からだと9度差で、これでも大きいぐらいだなと。
まぁ、細かい気温の予報に関係無く、これからは最低12度でいいかな、ということでも有るんですけど。
2010-03-05 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop

背骨が

え~、産卵が2月7日ですね。間違えました。孵化が13日からで、今日が孵化18日目かな。いくらかサイズアップして、水槽での個体の確認が、しやすく成って来ました。

背が曲がった個体をハネようとは思ってるんですが、らんちゅう体型の稚魚は初めてなので、成長とともに背がどう変わって行くのかが分からないので、変化を見る為にも、取り敢えずハネずに残してます。

写真は、それぞれ別の個体です。
sakurako6.jpg

sakurako7.jpg

sakurako8.jpg
2010-03-02 : 紅緒(故らん) : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。