和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

賀正

2010tiger.jpg
虎は、上野動物園で撮ったもの。写真です。だいぶ高齢のようです。ちょいちょいっと色を変えたら絵のようになった。

2010年も、いろいろ有るだろうが、マイペースで楽しもうと思う。特に、暖かく成ったら、バイクであちこち出かけたいなと。金魚は、気負わず、無理せず、普通に飼えればいい。ペットの命、生き物の命は大事にしたい。
スポンサーサイト
2009-12-31 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

冷え過ぎ

まったりとらんちゅうを眺める年末年始。実はすだれを掛けないでどれだけ冷えるかチェック中。毎日すだれを開け閉めするのも無理が有る。
jumbo_22.jpg
サーモ6度設定で、今朝の最低水温が4.4度。今朝は冷えた。90cm水槽が7度ほどなので、繁殖の為の低水温と言っても、冷え過ぎのようだ。90cm水槽の水温に近づけようということで、サーモの設定を取り敢えず6度から7度に戻した。それでも6度ぐらいには冷えるので、8度設定でもいいくらいか。ということで、サーモ撤去は取り敢えずナシに。

撮影時の水温は4.8度だが、らんちゅう達は普通に泳いでいる。巷の、じっとしている冬眠状態にはほど遠い。水を青くして周りを見えなくして、餌不足にして省エネモードにさせないと無理だろう。人為的ということ。

日光を遮るというのも、ちとパスかなぁ。暖かそうでいいじゃないかと。日陰より最高水温が高く成るが、日光浴も健康に良さそうだし、1日の水温差はヒーターでカバー出来るので。90cm水槽並みの水温をキープすれば、そう気にする水温差でもなく、大きくても5度ぐらいかな。繁殖を促す為に低水温で、と言っても、90cm水槽並みで十分だろうと。毎年和金の産卵は有るわけだし。それでも産卵が無ければ、環境の問題と言うより、個体の問題だろうと。

写真中央上のチビ。ジュンなんですが、色が薄く成ってるんですよね。ちと体調がおかしいのかもしれない。ヒレ先も黒斑が有るし。導入時一緒に薬浴したシュンも、体に黒斑が有るので、薬浴の影響だと思うんですけどね。まぁ、2匹とも様子を見るしかない。
2009-12-31 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop

さくら合流

今日は5つ全ての飼育槽の糞濾し、水換え、フィルター掃除。外の2つは、水温が低い中、魚に気を使いながら水をかき回したが、まぁ、どうってこと無かったと思う。外の水温は7度から10度。

外の和金90cm水槽は4割水換え、軽く糞濾し、数ヶ月ぶりに上部フィルターをケースごと掃除。
らんちゅう10匹のFRPジャンボ280は、糞濾し、2割強の水換えで、塩100gとバイオスリーインワン規定量を入れた。230Lぐらいの水量なので、塩は0.04%ぐらいになる。かなり少ないが、無いよりはいいかも、ということで100g。フィルターは入っていない。
室内の、琉金、ミックスのWIDE900は糞濾し、3割の水換え、スポンジフィルターと外部濾過器AX-60の掃除、バイオスリーインワン。
水量が少ないエドちゃんのトロ舟40と誉の600LOWは、糞濾し、5割の水換え、スポンジフィルターの掃除、バイオスリーインワン規定量。


で、導入後単独だった誉に病気が表れる雰囲気は無いようなので、トロ舟40でエドちゃんと一緒だったさくらを、誉の600LOWへ合流させた。
sakuras01.jpg
初の桜錦2匹の光景だ。形質的にさくらはイマイチかもしれませんが、いいんです。何も知らずに手に入れた個体ですから、全然構わない。
さくらがでかく見えますなぁ。単独時や、エドちゃんと同居してたときは、でかい、という感じは受けなかったので、これまた新しい感覚だ。誉が追われたら大変そうだなと。
600LOWは、今日は18度ほど。こりゃ季節感無しだなと。もし誉がメスだとしても、産卵するか疑問だなと。まぁ、体型的にオスのような気がしてますけどね。

で、さくらに病気が出ないか、しばらく注意しようと思っている。
2009-12-30 : 誉((故桜錦) : コメント : 0 :
Pagetop

水温差が

FRPジャンボ280に入れているエヴァリスのサーモの設定温度を少し下げたところ、ここ2日の最低水温が5.6度になった。最高水温が13.8度と、日当たりが良い分結構上がる。水温差が8度以上。ちと大きいかなと。
和金の90cm水槽は、フタが有り、風もそう当たらないし、日当たりも悪い方なので、水温的には安定している。1日の水温差は大きくても4度ぐらい。

これまでは、急な気温低下による水温低下を避けるために、ヒーターで水温差を減らして来たが、これからは、繁殖を促すための低水温を、ということで、ヒーターで水温差を縮めるのはパスしたい。となると、日光を少し遮るしかない。水を青くしたいということで、夏場でも使っていたすだれを、11月ぐらいから日中は掛けずに来たが、また使うようだなと。水を青くするのは諦めるかなと。光合成のために外の舟にライトを使う気は無いし。

今年の仕事も終わり、休みに入ったので、らんちゅうを眺めて過ごそうと思う。FRPジャンボは、日当たり最高の風も吹き抜けない場所にあるので、座って眺めていると、真冬でも結構暖かい。ゆっくりと優雅に泳ぎ、壁面の苔をちぎって食べるらんちゅうを眺めるのはいいものだ。私にとってのFRPジャンボは、良いらんちゅうを作る為の、或は、仔引きをする為の道具、と言うより、それぞれが尊い命を持つ生き物を飼い、見た目にも風情を感じたい、様子を眺めて心を癒す為の、「庭の池」である。繁殖をさせたいとは思っているが、強制的に飢えさせて繁殖を促すのは、私には出来ないなと。餌を切るのは、餌が必要でも代わりの苔が有るとか、水温2度とかで、餌を与える必要が無いと判断出来る場合とか、金魚の健康上今は与えるべきでは無い、といった場合にしたい。10度以下でも、らんちゅうは苔を食べている。つまり、10度以下でも、餌が要るんだと私は思っている。小麦粉が入った粒餌はまずいかもしれませんけどね。


今日の買い物。久々のまるとく赤虫10枚と糞濾しで使うフィッシュネットSサイズとバイオスリーインワン。
shopping3.jpg
赤虫・・・今月初めぐらいから、外の和金もテトラフィンはナシで赤虫のみになっている。室内組も、人工餌の量は夏よりだいぶ少ない。
網・・・魚を掬う為の網なので、ほんとに細かいゴミは掬えないんですが、糞濾しでは通常の網を使っている。もっと目の細かい物が欲しいかもしれない。
調整剤・・・ビタミン、ミネラルを、ということでバイオスリーインワンを使っているのですが、ボトルの説明書きには、直接ミネラルという表記が無いので、ミネラルは期待出来ないのかもしれない。ということで、太古の海泥とか、モンモリロナイトとか、怪しい粉などもお店で見ましたが、どうなんだかなぁと。そこまでするかというのも有るし、効果もよく分からない。ちと調べないとなぁ。まぁ、バイオスリーインワンも、何が入っているのかよく分からないで使っているんですけどね。で、硝化バクテリア系調整剤を使う気も、今は無い。あれこれ同時に使ったら、化学変化を起こしかねないと思っていて、特に人工的な調整剤は、混ぜて使う事は避けようと思っている。
2009-12-29 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop

青く成らない

週2で糞濾し、水換えのFRPジャンボ280
jumbo_20.jpg
真冬に水を青くしよう、なんてのは、水温を上げなければなかなか出来ないだろう。去年のプラ舟FP-60もそうだった。今年のFRPジャンボ280は、日当たりの良い場所に有るので、真冬でも、少しずつなら青く成るんじゃないかと思っていたが、ちっとも青く成らんなと。まぁ、今の状態でも、私としては十分なんですけどね。


アオコは増えて来ないが、苔が育っている。舟壁面の青苔もヒゲが1cm弱へと長く成り、春になったら用済みで廃棄するカボンバには、5cmほどの長さの藻が沢山付いた。餌としての苔の量は十分だろう。
jumbo_21.jpg


ここ数日のFRPジャンボの最高水温は11.8度、最低水温は6.1度。天気の良い今日の正午で9.8度。サーモ設定は7度ほどで、6.1度ぐらいはキープされている。ヒーター無しでは5度ぐらいまでは冷えるかな。ちなみに、日があまり当たらない和金の90cm水槽は8度強。
らんちゅう達の動きは有るし、苔も食べ、緑の糞も結構出る。それならば、と、2日に一度ぐらいのペースで、10匹に対し、赤虫を2ブロック与えている。

春の繁殖を促すには、餌不足、低水温の、過酷な冬を経験させるのが良いでしょうね。水温的に、サーモをそろそろ外そうかと思っているが、日当たりが最高なだけに、1日の水温差が多少気に成る。まぁ、サーモの設定温度を最低まで下げてから、数日後に外す予定。もう少しすれば、ヒーター無しの場合、最高水温4度、とかいう日も出てくるだろう。これぐらいの環境を、春前に2週間ぐらいは過ごさせたいかなと。らんちゅうの動きも更に減り、苔も殆ど食べないだろうなぁ。水温4度以下での、動きがだいぶ減った状態を、金魚飼育上の用語として「冬眠」を使ってもいいかもな、と私は思っている。実際は、眠った状態が続いている訳ではないだろうから、私自身は使いませんけどね。泳ぐのに「冬眠」と呼ぶのはおかしいだろうと。
2009-12-27 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop

サイズアップ

室内WIDE900の琉金5匹、ミックス1匹は、大きく成って来ている。今年7月以降の飼い始めた頃の7cmサイズから8cmサイズになった感じ。2匹は、10月だったか、あとに追加したもの。

写真は、ブレ防止でフラッシュを焚いているので、ちと背景が美しく無い。レンズはミノルタ100mmマクロ。ISO感度を1600とかに上げれば、フラッシュナシでもいけるんですけど、そうすると荒れるので今回はパス。

白勝ちの、「琉金1号」的存在。琉金と言えばこんなの、と、手に入れやすい標準的更紗だと思っている。
ryukin6.jpg
背中の盛り上がりがもっと有るといいんだろうなぁ。横見でもっと丸いのが。

背の盛り上がり、丸さはいい感じだが、色の乗りが。尾もイマイチで、黄バミが有る。6匹の中では大きめ。
ryukin7.jpg
もし琉金達が繁殖するなら、親として、体型的にこいつがいいかなぁと。ミックスと兄弟とすると、産仔の尾がマズそうですが。

チビだなぁと思っていたが、そう他の個体とサイズ差が感じられなく成って来た赤勝ち。
ryukin8.jpg
背の盛り上がりが最も控え目ではある。

フナ尾ミックス
ryukin9.jpg
6匹の中では最大で、体型はいいが、おかしなフナ尾のため、親には向かないなと。こいつが、いつも土管の中で、頭を支えて休んでいる個体。写真2匹目と兄弟だろうと思っている。

追加購入の更紗
ryukin10.jpg
私にとっては、写真1匹目と同じく、手に入り易い標準的琉金という位置付けの個体。

追加購入のキャリコ琉金
ryukin11.jpg
背の盛り上がりもそこそこ有るので、6匹の中での親候補としてはいいかもなぁと。仔は更紗とキャリコのミックスに成っちゃいますけど。


少し前に追加したタコツボに、琉金達も慣れたようですが、あんまり入ってくれない。土管はよく通過するんだけどなぁ。タコツボの底の方の穴が少し小さい、というのが良く無いかなぁ。


私の体調はほぼ戻った。昔と比べれば、不調なんですけどね。米を食べると胃がおかしく成るので。胃酸過多みたいな感じかな。少しずつ改善されればいいなぁと。2年がかりとか、3年がかりかなと思ってますが。
2009-12-25 : 琉金 : コメント : 0 :
Pagetop

毎度思う

毎度胃が絶不調に成る度に、金魚飼育に責任が持てない、とか、所詮、私には無理な事なんだ、と思ったりする。飼育槽1つ、多くて2つで、金魚数匹が、私にはお似合いだと。
私の胃の調子は、風邪のウィルスが体に入るとひどくなる。風邪がまず胃に来て、食べられず、動けない状態に成る。動くと吐く。吐かなくなった今は、鼻づまり、喉のいがらっぽさの風邪の症状が少し有る状態。
今日、帰宅後、その状態で、先週末に出来なかった室内飼育槽3つの、糞濾し、水換えを行った。汲み置きの水は外。寒い中帰って来たのだから、すぐ暖まりたい、とか、体調もあって横になりたい、というところだが、一度休むとパスしてしまう事が多いため、即、開始。更に体を冷やし、作業するストレスが体に掛かり、胃が痛み出した。あ~、も~限界、ってな感じだ。
何故、祭日の明日じゃないかと言うと、明日は仕事だから。

これ以上金魚増えるとやばそうだな、春にらんちゅうが孵らなくても、全然構わないかもなぁ、と、こんな時思ったりする。
2009-12-23 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop

自分が餌ナシ

ここ3日、体調不良で自分が餌ナシ。毎度のように、熱、鼻水などは無いが、胃がボコボコして、体が怠く、動いたり、食べたりして胃が動くと、戻してしまう症状。
動けないので、金魚の餌やりも出来ず。餌切りにちょうど良かったか?

3日目夜の今になって、体調も少し良くなって来たようだ。少し食べて、戻す事も無く、胃も痛まない。明日は金魚の様子も見られるだろう。
2009-12-19 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop

誉上見

今日は全ての飼育槽の糞濾し、水換え等。らんちゅう10匹の外のFRPジャンボ280、和金8匹の外の90cm水槽、琉金5匹とミックス1匹の室内のWIDE900、さくらとエドちゃんの室内のトロ舟40、誉の600LOW。
90cm水槽は水換え間隔が開いているので、上部濾過器のウールマットが汚く成りすぎる傾向にあり、水が茶色っぽい。ペースアップせんとイカン。もう真冬だけど。

で、600LOWの誉の上見。
homare04.jpg
目先は短く丸い方だなぁ、やっぱり。これから変わってくれるといいが、フンタンの発達には、土台と成る目先が必要なんだろうなぁ。

homare05.jpg
夕方の、らんちう貴族給餌時。餌が浮いて、フィルターのスポンジまで流されて、吸着してしまう、というのを避けるには、給餌時に手を水に浸けるといいようだ。水面突破で表面張力を働かせないようにする、ということかな。
誉の顔つきは、トンボに似ているなぁ。

今日は金魚グッズの買い出し無し。既に、クリプレでnewスーパマリオのWii版やら、メルちゃんの着せ替え3点やらで散財しているので。欲しい金魚グッズは、大きめの網とか、切れそうに成って来たバイオスリーインワンぐらいかな。スカイウェイブには乗りたいので、どうすっぺか。靴でも見て来ようかな。仕事の方の。
2009-12-13 : 誉((故桜錦) : コメント : 0 :
Pagetop

雨は

今日は一日雨。らんちゅう10匹のFRPジャンボ280にも降り続けた。
jumbo_18.jpg
ヒーターが入っていなければ、ベニヤ板かなんかで8割は雨が入るのを防ぐところ。2割降らせるのは、外の池なら雨が降るのは自然な事だから。全面に降らせると、大きな池とは違い、水量が限られる舟は、水温が急に下がるかもしれないし、水質も変わりやすいので、それはパス。去年の火鉢、プラ舟FP-60でも、板を使ってそうしていた。

が、今年のFRPジャンボにはヒーターが入っていて、今は9度に設定しており、雨が冷たいとしても、水温は維持される。それなら、全面で降らせても大丈夫だろうと、板ナシ全開。溢れる水は、オーバーフローパイプから排水管へ流れる。雨水による水質の変化は多少は気に成るが、今のFRPジャンボは、水換えを多めにしたいところなので、丁度いい感じかなと。

今夜の水温は8.8度だが、ヒーターが効いているかはよく分からない。ヒーター無しでもそのぐらいかもしれないが、たぶん効いているだろうな、という感じ。デジタル水温計の最近の最低水温が8.6度なので、これぐらいがキープされているようだ。この後の朝までの冷えは回避される。

jumbo_19.jpg
と言いつつも、暗く成れば、アオコ、青苔の光合成はおしまいということで、すだれを掛ける。風避けであり、雨避けにはほぼ成らない。水温低下を防ぐのに、ヒーターだけに頼っている訳では無いということ。雨は、自然の水換えだと思っている。明日の朝、すだれをまためくって光合成を開始。日照時間が短いので、ライトを付けるのもいいかもなぁ、というのもある。室内のように、夜でも光が有った方が、青水化は早いだろうなぁと。

そう言えば金網。左側のような網の目の細かいものが、今は、近くのホームセンター数件では手に入らない。網目が粗いと、大きな鳥のクチバシが心配に成るが、どうすっぺかなぁと。金網にネットを張る、なんてのはあんまり考えたく無いが、最悪そうなるかも。ネット通販で網目の細かい金網を、というのもイマイチ乗り気じゃないので、このまま来てしまっている。

明日は、最高気温19度予想と暖かく成り、来週後半は冷えるようで、朝の気温などはほぼ真冬並か。となると、サーモの設定を、月曜ぐらいから数日掛けて、今の9度から、設定可能限度の6度へ下げようかなぁと。この冬を6度設定で乗り切っちゃうかはまだ分からない。
2009-12-11 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop

誉追加

homare01.jpg
オスかメスか分からないが、それでも追加した桜錦。誉(ほまれ)と命名。オスのさくらの相棒にメスを1匹ということだったが、オスだったらどうしよう。1,050円。7cm弱。もしかしたらフンタン出るかも、頭もモコモコしてくるかも、という印象と、背なり、ヒレの色、普通鱗の量と配置、舵ビレ2枚などのチェックもしての購入。尾はあんまり気にしない。若干エラ蓋が厚い感じも受けるがOK。

可愛さは、らんちゅうより桜錦だなと。淡い赤もいい。らんちゅうより横見向きだとも思う。
homare02.jpg
頭、顔の白い部分は、さくらのようにこれから黄色く成るのだろうか。目は黒目。ちとガチャ目気味だが、まぁOK。


反対側
homare03.jpg
誉は薬浴ナシ。最近の新規導入では薬浴させていたが、誉は、購入店で2週間か3週間前にも見ている個体なので、今、病気では無いようなら、大丈夫だろうということでパス。600LOWで、古水3割、0.2%弱の塩水で、単独でしばらく様子見。問題無ければ、さくらを600LOWへ戻す予定。誉がメスなら、もしかしたら、いつか稚魚誕生が有るかも。オスだとしても、形質も気に入っての購入なので、大事に育てて行きたい。

「また買ったの?」
「うん。」
空返事です。
2009-12-08 : 誉((故桜錦) : コメント : 0 :
Pagetop

久々に掃除

toro40_27.jpg
付着した苔が古く成っていたので掃除しないとな、と思っていた室内のトロ舟40。やっと掃除した。次の記事の誉が、取り敢えず単独飼いということで、さくらがこちらへ合流。2つの飼育槽でマツモを育てるということで、エドちゃんとさくらを分けていたが、誉が600LOWでの役目を担うので復帰したとも言える。誉の様子見が終わったら、さくらをまた600LOWに移す予定だが。

トロ舟40も室内なので、餌は日に2回。2匹に対し、朝がまるとく赤虫2/3ブロック、夜にらんちう貴族を少々。らんちう貴族が当歳用なので、粒が小さくて軽く、水面の表面張力が働き、沈下が遅れ、投下した半分ぐらいが、浮いたままスポンジフィルターのスポンジに吸着されてしまう。ちとまずいなと。投下する前に、少し水を浸透させないとイカンかな。忙しい時は、時間が惜しいので無理だろうが、出来るだけそうすべきだろうなぁと。

育てているマツモが多いかな。水面半分にマツモが浮いているので、狭苦しい。が、2匹には我慢してもらうしかないなと。

600LOWから戻って来たさくらが、戻す前、また600LOWで元気が無かった。こりゃ水質だろうということで、トロ舟40を掃除、水換えしたところへ移動させたので、丁度良かった。新水は6割。新しい水でさくらの動きが出て来た。水温は18度ほどあるので、動きが無くなる水温でも無い。

エドちゃんは相変わらず尻上がり、ひっくり返り気味。
2009-12-08 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop

タコツボ

wide900_24.jpg
琉金達に、中サイズの土管の奪い合いが見られるということで、大サイズの土管を仕入れる予定だったが、鑑賞する時に浮かぶ「ドカンドカン」という言葉が嫌だったので、タコツボにした。設置から1日経ったが、まだどの金魚も中に入っていないようだ。慣れが要るんだね~と。どうも土管とタコツボの並びが美しく無いと感じるので、慣れたら土管の方を撤去しようと思う。苔だらけなので、その前に一度洗っておこう。

トロ舟40と600LOW水槽で育てているマツモが、それらの容積に比べてちと多いなということで、またWIDE900の方へ移した。食べられまくるだろうか、仕方が無い。

琉金達も少しずつ大きく成っている。全長15cmとかになったら迫力有るだろうなぁ。成長が楽しみだ。

餌は、水温が18度ぐらいの室内なので日に2回与えている。朝がまるとく赤虫1ブロック半、午後にテトラフィン。水換えは週一回。糞濾しが週2回。
2009-12-08 : 琉金 : コメント : 0 :
Pagetop

そろそろ餌切り仕様

今年の冬は、外でらんちゅうを飼っているので、巷の「餌切り」を試してみようと思っているが、最近の最高水温はまだ15度ぐらいになる。餌切りはまだだなぁと。金魚もよく動いている。1号だけは、ここ1ヶ月、ずっと動きが若干少ない感じだが、こういう奴なんだろう。

jumbo_17.jpg

水をそろそろ青くしたいということで、FRPジャンボ280のブリラントフィルターを抜いた。代わりに、先週、ペンギンビレッジで追加購入した、直径23mm、長さ6cm、孔の粗さが#100の、いぶきのエアーストーンをチューブに繋げた。広いFRPジャンボには小さいが、長さ15cmのいぶきのストーンも入っており、サブだからいいやと。フィルターのスポンジ表面のゴミを落としてから、4回ほどジャンボ内で絞って、アオコをジャンボに落としておいた。

FRPジャンボの、糞濾し、水換えも行った。緑色の糞が結構多い。ジャンボに付着した苔を食べているからだろう。餌切り後の餌として、十分な量の苔が付着していると思う。あまり濃い青水にしたくいので、苔もある程度必要だろうと。と言うか、私としては、苔がメインで、アオコはサブと考えている。

今年の春、和金小赤のFP-60で病気が出たわけだが、それは、春の「床直し」が遅れた為だ。3月半ばの水温が上がってからでは遅かった。最低でも3月上旬、出来れば2月末には行おうと思っている。ヒーターを使ってらんちゅう達を「起こす」場合、1月末、2月という事も多いようだが、私としては遅くても3月頭。昨年春の病気発生という経験後から思っている事だ。濾過の効いた、水量も有る、同じ外の和金親魚の90cm水槽では大丈夫だったので、床直しの重要性も、環境で違うだろう。春のプラ舟FP-60には、小赤が約80匹居た。真冬でも餌を与え続け、水換えも行っていたが、春、水換えの予定をたまたまサボってしまった直後に病気が発生した。水を青くしたいという事で水換え頻度が下がり、放置気味で、水質を見る事が疎かに成り、汚なすぎた。真冬でも水換えを行う室内の水槽でも、春は気をつけないといけないのは同じだろう。コメットのお陀仏も春で、水換えを怠った時だった。外飼い、青水、餌切り、のらんちゅうに限った事では無い。何も特別な事ではない。

FRPジャンボに入れているエヴァリスのサーモは、9度設定にしているが、ここ最近の最低水温が、何故か8.6度と、設定を下回った。まぁ、そんな事も有るかと放置。フタも有る和金親魚の90cm水槽の最近の最低水温は10度ぐらい。フタも無く、冷たい空気にさらされている水面の面積が広く、雨も入るFRPジャンボは冷えやすい。折角買ったので、もう少しヒーターを入れておくことにした。最低水温維持という事で、今月半ばには、設定を8度~7度ぐらいにしようかな。

jun04.jpg
薬浴を行ってから合流させたジュンだが、薬浴後現れた尾筒辺りの黒斑がまだ消えていない。細胞の再生中だと思っているがどうなんだか。さくらの薬浴後の尾の黒斑も2ヶ月以上掛かったっけか。


iPhoneネタだが、先日初めてスカイウェイブでiPhoneのナビを使った。やはりスカイウェイブで使える充電器が要るかなぁと。で、私のiPhoneには、a-haの曲ばかり入っている。80年代、日本でも人気に成ったが、私はずっと聴き続けている。人生を共に歩んでいる気分、と言っていいくらいで、日本ではあまり話題にならなく成ってからの曲の方が好きなものが多い。25年が経ち、2010年、解散するそうだ。彼らの音楽活動は、解散後もそれぞれ行われるだろう。モートンの声に癒され続けたいと思っている。
日テレ「ザ!世界仰天ニュース」のエンディングでも使われている新曲「Foot Of The Mountain」
2009-12-06 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop

マツモ入れ換え、その他

外のFRPジャンボ280から室内のWIDE900に移したマツモは、食べられまくってます。再生不能に成る前に、600LOW水槽、トロ舟40で育てたマツモと入れ換えている。穂先10cmぐらいの葉は残しておかないと再生されにくい。
去年のWIDE900は、らんちゅう1号達5匹が居ましたが、今年の琉金達6匹の方がマツモの食いが多い。そのため、室内でのマツモ育成槽を2つにしたのですが、何とか春までマツモを切らさずに行ける感じ。マツモが切れるまでは食べさせませんけどね。

で、WIDE900にも中サイズの土管を入れているのですが、居心地が良いようで、琉金、ミックスが土管の奪い合いをしている感じ。もう一個土管を仕入れようかなと。琉金達も少しずつサイズアップしているので、大サイズでもいいくらいか。そうしよう。


全ての飼育槽で、平日は、朝以外の餌やりを私は行って居ないというのが殆どなのですが、私の帰宅後、WIDE900の水が、朝と比べて妙に濁っていたり、水換え時、600LOWのマツモに絡んで残っている粒餌に、既にカビが生えてるのを発見したりします。かと言えば、私が給餌する朝以外に、餌を与えられていない事も有るようです。家の者には追求しませんけど。
7年居たコメットのお陀仏後、私はコメットの居た60cm水槽を撤去しようとしたのですが、家の者の希望で1号、トンボ、さくら、エドちゃんを飼うようになった。和金親魚は私が連れて来たものではないし、琉金達も、私は残すつもりは無かった。飼うならもう少し見栄えが良いものをと、私が琉金2匹を追加してますけど。
餌やりぐらいはしっかり行って欲しいところだ。糞濾し、水換え、濾過器の掃除等の管理他、全て私。転覆したエドちゃん、転覆気味のさくらを、水深の浅いトロ舟40に移しましたが、分けて飼育槽が増えるのが嫌なのか、分けること自体理解されず、置き場所を確保出来ず、結局、私の部屋になっている。なんちゅうか、金魚飼育の良いとこ取りというか、認識不足と言うか、人間本位と言うか。まぁ、私も好きでやってるんですけどね。らんちゅう系にハマって、らんちゅうを繁殖させようとしているのは私です。
2009-12-03 : 琉金 : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。