和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

水換え出来ず

今週は忙しく、全く水換えしていない。糞濾しを少し行ったぐらいだ。今日も3時間しか寝ていないので、このあと、ちょっと食べて寝ちゃいます。その前に、バイクは取りに行って来たけど。

明日は、WIDE900、600LOW、トロ舟40、FRPジャンボ280の水換えを行わないとなぁ。

ショップから乗って帰って来たスカイウェイブ250 タイプS(BA-CJ43A)ですが、400ccの教習車よりだいぶ軽い感じなので、扱いやすい。パワーも無いけど。赤虫はまだ有るので、どっかへ風景写真でも撮りに行きたいかなぁ。運転技術的にも、早いとこ上達したい。
スポンサーサイト
2009-10-31 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop

ミックスお陀仏

昨夜から沈んでいた、室内のWIDE900のミックスが、朝見た時にお陀仏に成っていた。
う~ん、早かった。今朝も調子悪そうだったら、隔離しようとは思っていたのだが。

金魚の管理で家人に気兼ねするのは止めよう。水の状態、金魚の状態が、ちょっと悪いかなというときは、水を換え過ぎだと言われようと水を換え、「寝ているだけだ」と、私が神経質過ぎるかのように言われようと、隔離しよう。

まぁ、私の意に反して残されてしまった琉金、ミックスなので、私にはあんまり関係ないんですけどね。

日中、家の者がどれだけ餌を与えているか、実際はよく分からないというのも、ちょっと問題有りか。
2009-10-27 : 琉金 : コメント : 0 :
Pagetop

室内のWIDE900のミックスが1匹、沈している。呼吸が荒いかも。エラは両方動いている。水換えも3~4日に1度、3割ほど換え、糞濾しも2日に1度は行っている。が、ちょっと水にトロみが有り、色んな物が溶けていそう。水温は22度ほどで安定している。

餌が多過ぎ。食い過ぎかな。ちょっと減らしてみよう。
赤虫、テトラフィンを減らす。
食べたければ、マツモを食べておけと。


台風が来ていて、今日はずっと雨。外のFRPジャンボが冷えるかと思いましたが、水温的には昨日と変わらず、夜の段階で14.6度。ヒーターで最低水温をキープする必要は無さそうだ。


で、今夜、頼んだバイクが購入店に搬入された。
skywave.jpg
中古スカイウェイブ。免許も取った。バイクで何をするかと言うと、あちこちフラフラ、ブラッと見て回るのだ。近場の金魚屋、養魚場、趣味の写真撮影スポット。たまには川っぺりとか湾岸でノスタルジックになってみたり、足を伸ばして、箱根やら信州やらにも行きたいぞ。赤虫も、もちろん、これで買いに行く。

が、寒いとなかなか遠くへは出ないかな。
2009-10-26 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop

実は金網を

外のFRPジャンボ280に、実は金網を乗せている。鑑賞には邪魔なんですが、猫、鳥がやっぱり気に成る。プラ舟FP-60が空く前には、フタ、網が無く、日除けのすだれを水面上30cmほどのところに掛けていただけ。
jumbo13.jpg
金網は、2つ使っており、ひとつは写真には写っていませんが、プラ舟FP-60で使っていた90cmx60cmのもの。もう一つが、写真の、2週間ほど前に2,500円ほどで買って来た90cmx90cmのもの。90cmx60cmのものより網目が粗いです。木枠を組んで自作するのは面倒なのと、網を乗せた状態での見た目もいいだろうと、これらの市販の金網に。鑑賞時には外します。
今日は冷え込んでおり、FRPジャンボの水温が、午後でも14.5度。もう、消化を考えた餌やりをしないといけないかなと。粒餌を減らし、赤虫が8割ぐらい。結果、量的には、夏場よりは若干少ないくらい。
昨日、6日ぶりに、糞濾し、水換えを行ってます。糞濾しは3日に1度は行いたいところですが、忙しくてなかなか。今のところ、FRPジャンボの7匹の体調は良いようではある。

ecospot1.jpg
室内の600LOWの照明が無かったので、買ってみた。コトブキのEco spot。約2,000円。30cm水槽以下用で、LEDが8個付いており、定格消費電力が 1W。
30cm水槽以下用ということで、60cm水槽では光が当たる幅が狭いのですが、幅広のものはイマイチカッコ悪いなというのと、魚体が見えればいいということでこれにしてみた。45cm水槽用、ホームセンターのクリップ式ライトがベターかもしれませんが、これがどんな物かと。
ecospot2.jpg
写真が、夕方撮ったものなので、窓の外の光が少し入ってますが、ライトの明るさは、この写真でだいたい分かると思います。通常は、30cm水槽以下で使用すべきですね。
マツモの育成の為にも、もっと光量が有った方が良いのでしょうが、それより、夜の8時、9時に点けたとしても、そう魚のストレスに成らなそうだし、薄明かりの雰囲気がいいかなというのも有ったし、私の目にも優しいだろうということで、後悔は無い。


で、琉金・ミックス7匹の餌と成るマツモですが、約25cmの長さのもの3本が、2日でほぼ食べられてしまうこの頃で、トロ舟40、600LOWでのマツモ育成でも、ちょっと間に合わない感じです。これ以上マツモ育成槽を増やす気は無いので、あとは、与える量を減らすしか無いなぁという感じ。
2009-10-25 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop

マツモを増やせ

去年は、外のビニール温室に60cm水槽を入れ、金魚の飼育水で、ヒーターを使って、マツモを育てようと試みましたが、生体が居ない環境では、なかなか育ちませんでした。二酸化炭素が足りないのかなと。
ということで、今年は、トロ舟40のさくらをコトブキのアクアスタイル600LOWへ移し、エドちゃんのトロ舟40との2つの飼育槽で、マツモを育てることにした。今までも、トロ舟40で育ててはいた。両方とも室内。空にした外のプラ舟FP-60でも育ててましたが、先日、FRPジャンボへマツモを移してます。外のFRPジャンボ280では、食べられてしまうし、これから寒く成るので育たないだろう。室内のWIDE900では、琉金達に食べまくられてしまう。さくら、エドちゃんは、マツモを食べていないようだ。

sakura38.jpg
600LOW。水深17cmほど。マツモは、FRPジャンボからも移している。量が多くて邪魔そうだが、まぁ、大丈夫だろう。水は、10Lほどがトロ舟40の水、15Lほどが新水。少し青いようだ。ナノスポンジフィルター、LS-30をトロ舟40から移動。
久々に、さくらを横から見る事が出来た。なかなか奇麗なモザイク透明鱗だなぁと。普通鱗が光ったりで新鮮な気分。さくらは、サイズ的には10cmぐらいでしょうかね。右の胸ビレが奇形。逆さ泳ぎ、転覆しているときも有る。目先がも少し欲しかった。トロ舟40にしばらく居た訳ですが、頭がモコモコして来た感じは無いなぁ。

edochan48.jpg
トロ舟40。水深12cmほど。汚いですな。そろそろ苔を落とさないとね。最近は、あんまり日光を当てていない。窓を開けるのが面倒で、波の有る、ワイヤー入りのガラス越しで、明るく成る程度。プラ舟FP-60で使っていた、パイプをノコギリで短くした、ブリラントフィルターを入れた。マツモは、もう少し入れてもいいくらいだが、すぐ増えるので、いいかなと。
エドちゃん、なんか益々泳ぎ下手になって来たような。もう少し寒く成ると、また、マツモに乗ってぐったり状態になるかなと。そういう状態の場合、他の個体が居ると邪魔されたりもするでしょうから、さくらが600LOWへ移ったのも、丁度良かったかもしれない。来年5月まで、このまま単独で行くか?
2009-10-15 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop

琉金追加

繁殖の可能性が有るなら、3匹より5匹かな、ということで、琉金を2匹追加した。0.3%の塩と規定量のニューグリーンFで1日トリートメントを行ってから、WIDE900へ合流。WIDE900は、計7匹になった。

ryukin4.jpg
1匹は、ごく普通の琉金。前回の記事の、1匹目によく似ている。サイズも7cmほど。生まれるなら、このような、普通の琉金がいいなと。
で、こいつ、上の写真で光っているお腹のウロコの2~3枚が、ちと浮いている。肉がはみ出した感じ。そのうち治るだろうと、放置決定で合流させた。
WIDE900では、マツモが食べまくられている。特にミックスの2匹が食べている模様。このペースで行くと、来月にはマツモが切れてしまう。どうすっぺ。

ryukin5.jpg
で、キャリコ。7cmほど。繁殖はあんまり考えずに、水槽をカラフルにしたいということで入手。モザイク透明鱗ということで、もし親に成ったとすると、どうなるやら。中途半端な仔になりそうだが、フナ尾の出現は、ミックスよりはだいぶ少ないだろうからOK、ということにする。
こいつ、腹が減りまくっているのか、他の金魚の尾を食べようとしている。回避には、やはりマツモを絶やさずにしようと思う。無くなったら無くなったでもいいやと。

この室内のWIDE900の最近の水温が、常に24度ほど有る。冷えて22度ぐらいか。室内の別の場所のトロ舟40より2度ほど高い。外のFRPジャンボは、冷えると14度台に入るので、8度ぐらい違いが出る。WIDE900は、真冬でも14度は有り、外と10度は違う。繁殖にはちと無理が有りそうだが、もし抱卵したらということでの、琉金5匹です。
2009-10-14 : 琉金 : コメント : 0 :
Pagetop

琉金カテゴリ追加

7月末、3cm~7cmほどの和金約60匹を、夏祭りの金魚掬い用に引き渡しましたが、その際、100匹居るという話で勝手に進んでいた為、数が足りず、和金だけではどうなの、というのも有り、5cmほどの更紗琉金、ミックス金魚、黒出目金を計28匹、追加で仕入れました。琉金、ミックス、黒出目金のお陀仏も有りましたが、私の居ない、それらの引き渡しの際に、琉金3匹とミックス2匹が残されてしまいました。その5匹が、今は、室内の水槽、コトブキWIDE900で過ごしています。

5匹の中では最も見栄えのいい更紗琉金。若干白が多過ぎ。全長7cmほど。
ryukin01.jpg

小振りで、赤も、他の更紗琉金、ミックスより薄い。背中の盛り上がりも小さい更紗琉金。全長6cmほど。
ryukin02.jpg

白が多過ぎ。頭も黄色く、尾も殆どが透けている更紗琉金。大きさ、背の盛り上がりは3匹の中では一番。よく似ているので、ミックス2匹と兄妹か。ミックスに近いかもしれないので、あまり親にしたく無い。全長7.5cmほど。
ryukin03.jpg


ミックス2匹。フナ尾。白過ぎ。食いしん坊達で、お腹もでかい。背の盛り上がりはいい。2匹とも、全長7.5cmほど。
mix01.jpg
mix02.jpg

私が残した5匹ではないので、私には関係無いと言えばそうなんですが、ミックスが親になってしまうのは避けたい。避けるべきだと。仮に仔が生まれて、フナ尾をハネたとしても、その次の世代でミックスが出る確率が、琉金同士より高いだろう。親はミックスという琉金はまずいだろうと。
WIDE900で産卵が有りそうなら、ミックス2匹は、分けようと思っている。となると、更紗琉金3匹になるため、繁殖させるには数が足りなく成るなぁと。
2009-10-12 : 琉金 : コメント : 0 :
Pagetop

1号のデキモノ

ichigo26.jpg
昨日の1号の写真。頭のデキモノが分かると思います。ニキビのように、芯が有り、周りが赤く炎症を起こしている。ニキビと同じようなものとすれば、頭から滲み出した脂が瘤の間に溜まり、固まって、そこで細菌が繁殖、ということでしょうかね?

回避するには、餌を抑え、頭に脂をあまり蓄えないようにするとか、水換えをより頻繁にして水中の細菌を極力減らすとか、水が冷えて来る季節に多いとすれば、水温差を減らし、冬へ向かっての水温低下を、ヒーターを使って徐々に行う、などでしょうかね。よく分かりませんけど。
が、まず、餌は、今でもそう多くは無いし、もっと与えたいぐらいなので、減らせない。

そう言えば、タマエ、松の頭の、粘液のようなデキモノも、脂が滲み出している感じだなと。となると、これが進むと、1号のように、ニキビ状の芯になって、炎症も起こしかねないということになるか。

で、ヒーターはあんまり使う気がないので、水換えを増やすぐらいかな。FRPジャンボも7匹に増えて、汚れも増えたので、4~5日に1回は水換えしようかなぁ。糞濾しも、2日に1回とかに増やそうかなぁ。

ichigo27.jpg
今日の1号。白い芯が落ち、炎症が残っています。これ以上の悪化、つまり、細菌の増殖は気をつけないといけないかもなぁ。まぁ、通常なら、これから回復に向かうでしょうから、金魚自体が元気なままであれば、そう気にしなくてもいいかな、とも思いますけどね。
そう言えば、去年も、タイガーやら、エドちゃんやらで有ったっけなぁ。粘液ぽかったり、芯が有ったり。
2009-10-11 : 病気について : コメント : 0 :
Pagetop

ジャンボへ合流

外の60cm水槽で養生をしていた、タマエ、浜男、松を、FRPジャンボ280へ合流させた。
jumbo_12.jpg
合流前に、FRPジャンボの糞濾し、3割弱の水換え、スポンジフィルターの掃除を行った。水をかき回したあとなので、汚れが水に舞っている状態での合流でしたが、まぁ、大丈夫だろうと。
水換え頻度が少ないと言えば少ない。週末の土曜か日曜の、週1回だ。水質の関係か、1号の頭の白いデキモノが気に成る。ポチッと突起しており、周りが赤く腫れている。トンボにも、小さいものが見られる。ジョナサンの頭には、タマエと同じようなデキモノが。こちらは、粘液っぽい感じなので、そう心配する必要は無さそうではある。浜男、松の体表は、少し良く成った感じか。7匹みんな、動きはいいので、取り敢えずは大丈夫かなぁと。隔離治療するとしたら、1号、トンボかなと。
バイオスリーインワンも200L分入れた。プラ舟FP-60のマツモを全部こちらへ移動。ダブルブリラントスーパーフィルター、ダブルブリラントフィルターが入っているので、円形のエアーストーンは撤去。写真は、反射を抑えるサーキュラーPLフィルターを使用。

60cm水槽が空いたが、ついでにプラ舟FP-60も空けた。昨年春生まれで、唯一残した開き尾和金が1匹居ましたが、警戒心が強過ぎで、餌食いが悪過ぎでした。9月の場合は、まだ追い行動があるかもしれないということで、20cmほどの親魚達とはサイズに違いがありすぎ、追われた場合はまずいので、90cm水槽へ合流はしませんでしたが、10月に成り、追いも、産卵もまず無いだろうということで、合流。安心感が得られて、餌を食べてくれればOK。

日が射す90cm水槽
90cm_1.jpg
これで、90cm水槽は8匹になった。少し手狭ではあるが、仕方が無い。水槽面の傷、汚れ、苔、日光の反射、シャッタースピード不足で、きっちり写って無い写真になってしまった。

プラ舟FP-60は、らんちゅうの隔離用に使う予定。来春、産卵の可能性が出てくれば、親候補では無い、1号、トンボを入れる事にも成ると思う。まぁ、卵用の舟がもう一個必要にもなるので、その時どうするかはまだ決めていない。60cm水槽、600LOW水槽も空いているが、今のところ、何かを新規で入れる気は無い。管理槽が、4つで済むのと、7つになるのとではえらい違いだ。2つ減って4つに成り、少し楽が出来そう。

2009-10-10 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop

台風通過

8日木曜、台風通過。夜中に雨が強かった。雨の入るFRPジャンボ280の、昨夜から今朝までの最低水温が16.1度。昨日より更に冷えた。台風が過ぎ、昼頃からは、日が射して暑く成った。夜の水温は21.4度。半日で5度の差。まぁ、大した水温差でもないかな。FRPジャンボ280のらんちゅう4匹の動きも問題無さそう。このまま、ヒーターを使う事無く、冬まで行くかもなと。雨避けの屋根もナシで大丈夫かな。日避けのすだれは今も付いてますが、雨は、ほぼそのまんま、FRPジャンボに落ちます。

養生中の3匹の、新水!00%だった60cm水槽へ、再びFRPジャンボの水を足しておいた。ブリラントフィルターのスポンジも再び移した。3匹の体表の様子に変化は無いが、そろそろFRPジャンボへ移しちゃおうかなと。ヒーターも撤去。環境を合わせます。糞濾し、2割ほどの水換えも行ってます。
2009-10-08 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop

冷えたと言っても

外のFRPジャンボ280。雨もあって、冷えると思われた、昨夜から今朝に掛けての最低水温は17.3度。この秋一番の冷えではありますが、昼間の水温と2度も違わないぞと。まだ雨もそう冷たく無いということだなと。秋の雨は冷たい、というのは、もう少し先の話かな。それとも、秋の雨は、気にするほどは、外気温と変わらないのかなと。
昨年の秋は、細かく水温チェックしていなかったかな。小赤のプラ舟と火鉢は、板を屋根代わりにして、雨を8割はカットしていたので、雨が冷たかったとしても、そう冷える事は無かったでしょう。

で、雨降りの今夜、雨の入るFRPジャンボの水温が18.2度。薬浴中だったタマエ、浜男、松の、屋根の有る60cm水槽が、ヒーター19度設定で、水温21度。差が開いたなと。タマエ達のFRPジャンボへの合流を考えると、3度近く違うのはまずいので、このあと、ヒーターの設定温度を18度に下げておこうかな。それでも19度にはなるでしょうが。

FRPジャンボに屋根、も考えなくも無い。雨がほぼ入らなければ、雨による水温低下も防げるでしょう。薄いベニヤ板でも十分だ。どうすっぺか。

で、タマエ達は、3日間のグリーンFゴールド(顆粒)浴をさせた後、今夜、100%新水へ戻した。まだ、浜男、松のウロコの状態はイマイチですが、薬浴を続けても、回復に掛かる時間は、薬ナシと変わらないだろうということ。今回の薬浴は、患部での細菌の増殖予防が目的でしたし。

台風が来てますなぁ。
2009-10-06 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop

EV.THERMO 600-WR

heater.jpg
エヴァリスの、6度から設定出来るサーモ、EV.THERMO 600-WRを購入。ヒーター管は、ニッソーのパワーセーフプロ500。計1万円弱。相変わらずの使い過ぎだ。1年越しでのやっとの購入ではあるんですけど。

で、FRPジャンボ280のここ最近の最高水温、最低水温は、23.6度と19.0度。天気予報では今日辺りから最低気温が下がって来そうだったが、明日朝はどうだろう。

私の場合、1日の水温差を抑える為にヒーターを使用するのですが、例えば今日の場合(雨)、水温はほぼ一定だったようだ。今日のような日は、差は、有っても2、3度か。今夜、冷たい雨が降り続き、明日朝が冷え込んだとしても、1日の水温差は4度ぐらいかな。ヒーターは必要無いなと。元々、金魚にヒーターは要らない派、ではあったんですけどね。
で、もう少し寒くなり、水温差が激しい時は、6度差、7度差、ぐらいにはなるでしょうか。それでも、通常ならヒーターは要らないか。

現在薬浴中の3匹の60cm水槽の場合は、ヒーターを入れ、19度設定にしていますが、明日朝に冷えたとしても、1日の水温差はほぼナシに。体調が悪い金魚を、室内より水温差が大きい外で飼う場合は、ヒーターで水温差を減らすということです。

このEV.THERMO 600-WRは、これから春まで、同じように、外での養生、治療時に、1日の水温差を無くす為に使うのがメインに成るでしょう。あとは、水温が変わりやすい春でしょうか。春は、産卵時期も重なるので、仮に卵が生まれれば、稚魚にも使うことになるかなと。真冬の急な冷え込みを抑える為に6度設定で、とか、春に冷えないように13度設定、とかになるかなと。真冬に6度は高いんですけどね。

で、このEV.THERMO 600-WR、コンセントが2口で、ヒーター管が2本差せますが、合計で605Wまでということで、300W2本が限界。今回買ったヒーター管が500W1本ですから、ちょっと失敗か。もう1本付けようとしても100Wのものしか付けられない。
この500Wのヒーター管自体が、水量の目安が200Lまでということで、FRPジャンボ280には足りないです。300Wのヒーター管が2本なら、260L(130Lx2)までいける。まぁ、承知で買っているので、このまま使っちゃいますけど。1日のうちの最低水温を維持という使い方ですから、昼間は通電しませんし、夜も、そう加熱するわけではないので、いけるだろうと。本来は300W2本が正しい使い方ですから、真似されませんように。

あ、EV.THERMO 600-WRの温度調節のダイヤルがちと軽いですなぁ。うっかり触れてしまって、気が付かないうちに設定温度が変わっている、ということも起きかねないと感じたので、使う時は、テープをグルッと巻いて、ダイヤルが回らないようにしようと思います。
2009-10-05 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop

念の為に薬浴

ほぼ通常の飼育と同等の、塩ナシ、薬ナシ、水換えが日に1回1/4、スポンジフィルター使用、ヒーター19度設定、という状態で様子を見ていた60cm水槽の、タマエ、浜男、松に対して、再びグリーンFゴールド浴を開始。FRPジャンボに移すには、少し気に成る点が有ったので。

tamae06.jpg
タマエは、ほぼOKなのですが、頭にデキモノが。一度はFRPジャンボへ移そうと思い、黄色いバケツへ分けたのですが、浜男、松の薬浴のついでと、細菌性の可能性もあるかもしれない、ということで薬浴へ。

hamao02.jpg
浜男は、まだ充血が少し見られる。ウロコが盛り上がっている箇所が有る。

matsu02.jpg
松は、ウロコがグズグズしたような箇所が有る。写真がピンぼけですが、体の左右に2カ所はある。


数日薬浴を行い、またこの60cm水槽で通常飼育をしばらく行って様子を見てから、FRPジャンボへ移す予定。


hamamatsu04.jpg
ついでに、浜男、松の上見
2009-10-03 : 病気について : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。