和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

らんちゅう4匹

wide900_18.jpg
室内の、コトブキWIDE900のらんちゅう4匹。

白く成って、トンボとよく似てしまった1号(一番右)。実は、少し前にセパレーターでまた挟んでしまって、お腹のウロコが数枚剥がれてしまいました。右腹なんですけど、写真だとよく見えませんね。

右から2番目がタイガー。尻上がり気味。2歳魚。2歳ということで、春に抱卵するかも、と期待していましたが、無かったなと。8月から外へ出して、来年春に仔引きしたいと思っていますが、まだ外飼いが100%決まった訳でも無い。

3番目がトンボ。セパレーターを外すと、タイガー、紅緒を追います。写真でも、紅緒のお腹を突いてますなぁ。タイガー、紅緒はメスなんかなぁと言った感じ。1号、トンボはオスで、追い星が一年中出ています。

一番左が紅緒。当歳だと思います。素赤ということで見栄えが良く、金魚の室内鑑賞の為には残しておきたいのですが、来春のメス親候補でも有るので、ちと迷います。まぁ、来春2歳では、そう期待も出来ませんけど。
残す予定では無かった琉金、ミックスをこのWIDE900に移せば、このらんちゅう4匹を外に出してもいいのかなと。1号、トンボはオス親候補ではありませんけど。

週末、親候補のらんちゅうをまた物色してくるかなぁ。この前、虎ハゲ当歳を2匹買って、火鉢で、1晩でお陀仏にしてしまったから、再び、なのです。当歳より値が張るでしょうが、オス2歳1匹、というのも有りかなぁ。

まぁ、外へ出せば必ず仔引き出来る訳でも無いでしょうから、出来ない事も想定しています。室内より過酷な外の環境では、死んじゃうかもしれないし。
スポンサーサイト
2009-07-31 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop

紅緒2ヶ月余

benio04.jpg
飼い始めて2ヶ月が経過した深見産らんちゅうの紅緒。体調を悪くする事無くなんとか無事2ヶ月。水槽で2ヶ月ということで、そろそろ瘤が萎んでも仕方が無いかなと。どうでしょう。フンタン、小さく成ったか?分からん。

深見産はいいかもね。1号、トンボのような色抜けのリスクが低いかもなと。体は更紗化するかもしれませんが、頭は抜けにくいんじゃないかなと。まぁ、1号の事を考えると、1年ぐらい様子を見ないといけないか。

深見産は、葛飾産のタイガーとは、同じらんちゅうでも、形質が違うなと。フンタンが特徴かなと。タイガーはフンタンより頭が特徴かなぁ。血統的に、サイズも違うんじゃないかなと。これも、もう1年ぐらい見ないといけないかもしれませんけど。
2009-07-30 : 紅緒(故らん) : コメント : 0 :
Pagetop

タイガー14ヶ月弱

tiger46.jpg
飼い始めて14ヶ月弱の、葛飾産らんちゅうのタイガー。トロ舟40からWIDE900へ戻って以来、どうも尻上がり気味。なんでじゃろ。たまたまか?それとも、餌か、水深か。
原因はともかく、なんとかこの尻上がりが治ればなぁと。まぁ、別にいいんですけどね。出来ればスイスイ泳いでいて欲しいかなと。鑑賞上、その方がいいなと。

外飼いした場合のメス親候補です。メスなのかよく分かりませんけどね。8月には、外へ出しちゃおうかなと。紅緒もメス親候補なんですけどね。これもメスなのかよく分からない。
2009-07-30 : タイガー(故らん) : コメント : 0 :
Pagetop

エドちゃん15ヶ月余

edochan46.jpg
飼い始めて15ヶ月が過ぎた、江戸錦のエドちゃん。尻上がりの状態が多い。さくらは前転ですけどね。餌の時は頭を上げますが、だいたいいつも尻上がり。
痩せませんなぁ。もう、痩せさせる気も殆ど無いんですけどね。粒餌は与えていませんので、らんちゅうの4匹よりは栄養的に少ないとは思います。

転覆気味のエドちゃんは、過酷な外飼いは無理だろうなと。昨年冬から今年の春まで、マツモに乗ってグッタリでしたからね。水温が低く成ると、自力で浮くのも辛いようです。
ということで、らんちゅう外飼い計画に、エドちゃんは入っておりません。江戸錦でもあるので。桜錦のさくらもです。
2009-07-30 : エドちゃん(故江戸錦) : コメント : 0 :
Pagetop

さくら15ヶ月余

sakura36.jpg
飼い始めて15ヶ月が経過した、桜錦のさくら。トロ舟40でも、前転などの変な泳ぎ、鼻上げは変わらず。

トロ舟40では、エドちゃんとも、まぁ仲良く過ごしているようです。よく2匹で尻上がって寄り添っているか。元々さくらの追いは、トンボ、1号に比べれば大したこと無かったので、エドちゃんも大丈夫そう。と言うか、エドちゃんもオスっぽい。オスっぽいけど、どうも追われがちになるんです。トロいですからね。

マツモがだいぶ育ってますな。そろそろまた分けて減らさないとね。WIDE900のマツモも、数日前に外の琉金達の60cm水槽へ分けたし、その前には、だいぶ姉金達に食べさせました。火鉢のマツモも、先日の、姉金達の引き渡しの時に、分けて譲っています。
1号、トンボはマツモをよくかじってますけど、タイガー、紅緒、さくら、エドちゃんはそう食べませんから、結構マツモが増えます。まぁ、また冬前にはだいぶ減ってしまうでしょうから、そろそろ、マツモを増やしておこうかなぁと。
2009-07-30 : さくら(故桜錦) : コメント : 0 :
Pagetop

トンボ15ヶ月余

tombow25.jpg
飼い始めて15ヶ月が経過したトンボ。特に変わった事も無く、書く事も無い。

種親としてはどうなんでしょうかねぇ。1,050円ですから、血統としては大した事無いのでしょうね。よく分かりませんが。
らんちゅうとしての形質としても、目先が短いし、小ぶりだし、色も抜けたし、生まれつきなのかは分かりませんが、舵ビレが無いしで、良く無いか。となると、らんちゅう4匹を全て外へ出すにしても、最低でも仔引きの際には、1号とトンボを別の飼育容器に分けないといけない。

オスの種親として、もう2匹、形質の良いらんちゅうが2匹欲しいかなぁということになるんですが、これはやっぱり、血筋の良いものの方がいいかなぁ。適当に小さめの当歳を買って来ない方がいいかな。小さいものでもなく、そこそこ形質が顕われたものかなと。
2009-07-30 : 2号トンボ(らん) : コメント : 0 :
Pagetop

1号15ヶ月余


飼い始めて15ヶ月が経過したらんちゅう1号。すっかり白くなってしまいました。2号のトンボと、パッと見、よく似てしまいました。

1号、トンボは、同じ日に、同じ店の同じ水槽に居た、同じ値段の2匹ですので、兄弟だろうと思います。遺伝的なものも似ているんだろうなと。色抜けしやすかったんじゃないかなと。まぁ、飼育環境が違えば、色抜けも違うでしょうけどね。

で、らんちゅう外飼い計画も、姉金達が居なくなって現実的になってきましたが、どうすっぺ。琉金、ミックスが私の意に反して残されてしまったので、更にらんちゅうを外飼いをすると、外の管理が面倒になる。和金親魚、火鉢も有るし。いっそのこと、外と室内のWIDE900を入れ替えるか。室内のWIDE900に琉金とミックスの5匹、らんちゅう4匹を外の舟へと。そうすれば、これかららんちゅう生体に掛かる費用が少しは減る。4匹を外で飼い、冬を越し、春を迎えれば、葛飾産のタイガーと、深見産の紅緒をメス親候補に出来るかなと。まぁ、2匹がメスなのかは確かじゃないんですけどね。
外の過酷な環境で飼うのは、リスキーでも有るのですが、仔引きする為には、多少はリスクを取らなければいけないなと。

トンボはともかく、1号は親にする気は無いんですけどね。
2009-07-30 : らんちゅう1号 : コメント : 0 :
Pagetop

空っぽに

purabune33.jpg
空っぽになった、姉金達のプラ舟FP-60。一生懸命世話をして来た事を思うとちと悲しいですが、らんちゅうを外飼いするためには仕方がないし、和金を60匹も飼い続けられないです。

昨年春生まれの和金(姉金達)の残り約60匹と、30cm水槽に入れていた今年生まれの和金稚魚の残り4匹、2週間ほど前に追加した琉金4匹とミックス金魚5匹が、幼稚園の夏祭りの金魚掬い用として引き取られて行きました。
私は立ち合わなかったので、和金のうち、ポイで掬えそうも無いような、中和金サイズも全部引き渡されました。掬えなかったらどうするんだろうかね。あげちゃうのかな。
2週間ほど前に更紗琉金10匹、ミックス金魚10匹、黒出目金8匹仕入れたのですが、結局、引き渡したのは9匹。前回の記事後、更に、更紗琉金が1匹、黒出目金が1匹お陀仏でした。つまり、2週間ほどで、更紗琉金が3匹、ミックス金魚が3匹、黒出目金が8匹全部お陀仏。28匹仕入れて14匹お陀仏。
で、引き渡しの際、家の者には、琉金等は全部引き渡すように何度も言っておいたのですが、私は立ち合えなかった為、家の者により、琉金3匹、ミックス2匹か残されてしまいました。
kingyo2.jpg


取り敢えず、空いたプラ舟FP-60で、小さめのらんちゅう当歳を5匹ぐらい飼いたいかなぁと。その際、水は作り直しになると思います。
火鉢での飼育も家の者の希望でしたので、開き尾の姉金を1匹だけ残していますが、火鉢、60cm水槽の水換えはそう頻繁で無くても大丈夫かな。他の飼育容器には、和金親魚の90cm水槽、室内の、らんちゅう4匹のWIDE900と、エドちゃんとさくらのトロ舟40が有ります。計5本。プラ舟FP-60でのらんちゅう飼いを始めると6本に成ります。金魚の管理で忙しすぎるのもきついです。結局、管理する飼育容器が1個増える事になりますが、なんとか、らんちゅう外飼いを始めたいかなぁと。
2009-07-24 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

むぅ

3連休終了。魚釣りで、魚を虐待して来ました。
まぁ、人は他の種の生物を食料としますから、その辺は割り切ってますけど。

むぅ。8匹居た黒出目金が、残り1匹になってしまった。3連休前日に2匹お陀仏でしたので、私が居なかった3日間では5匹がお陀仏に成ったと言うこと。まぁ、出かける前から、黒出目金達も、な~んか動きが鈍いものが居る、カビが少し付着しているのが居る、エラが開いてもいるものが居る、って感じでは有ったんですけどね。ここ5日で、琉金も-1、ミックスも-1で、残りが、琉金8、ミックス金魚7、黒出目金1、かな。これでは全然数が足りないぞと。
金魚掬い用として、姉金とこれらを引き渡す相手先が、引き渡した金魚のうち数匹を飼うらしい。飼うのは姉金では無いだろうから、さらに足りない。あと20ぐらい琉金が要るかもなぁ。まぁ、そこまでする必要は無いと言われれば、そうなんですけどね。
あ、病気の琉金もまだ居るし、となると、20でも足りないか。時間が有れば、また仕入れてくるかなぁ。

出かけた3日間は、薬浴中の水槽ではありましたが、スポンジフィルターも入れていました。汚れ、水質悪化を減らそうと。が、黒出目金が一気に減ってしまったので、ちとガッカリです。まぁ、スポンジに濾過バクテリアは全く居なかったと思いますけど。薬使ってますしね。
2009-07-21 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

乾電池式エアーポンプ


乾電池式のエアーポンプが3つになった。左から、ニッソーのCHIKARA α-B2、釣り道具の、ダイワ精工のJETAIR214とNationalのPANA AIR MICRO BH-731。いずれも、単一乾電池を2個使用します。
釣り道具の2つは、流量に強弱が有ります。JETAIR214は、弱で、流量0.8L/分、強で1.5L/分。ハイパワーです。左の、アクアリウム用品のCHIKARA α-B2は、ON-OFFのみ。PANA AIRはロータリー式で、ダイヤフラム式と違い、静音性に優れているようです。ミクロの泡が出るとか。流量も十分。今はこのBH-731という型番は無いようですが、他の型番のものなら手に入るようです。
アクアリウム用のものは、釣り道具用よりは安価なようですが、通常なら、流量的にも十分でしょうね。が、私としては、十分な流量が有れば、後は静かな方がいいなと。PANA AIRがいいかなぁと。

で、薬浴中のミックス金魚がもう一匹お陀仏になった。これで、更紗琉金が9匹、ミックス金魚が8匹、黒出目金が8匹になった。

で、3連休が、泊まりで魚釣りです。水換えを明日夜には一通り行い、3連休を乗り切りたい。う~ん、クッタクタで釣りに出かけて、クッタクタで帰って来て、また水換えだなぁと。
2009-07-16 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

今日も換えて


今月下旬の、夏祭りの金魚掬い用に仕入れた、更紗琉金、ミックス金魚、黒出目金の、外の60cm水槽。白点病の琉金1匹と、原因はよく分かりませんが、ミックス金魚が1匹、お陀仏に。これで、更紗琉金が9匹、ミックスが9匹、黒出目金は変わらず8匹。

kingyo1.jpg

1日おきに4~5割の水換え。換えた水には、ほぼ規定量のニューグリーンFを入れています。もう1匹、白点病でちょっと弱り気味の琉金が居ます。これも数日後にはお陀仏かもしれません。薬がうまく効けばいいんですけど、たぶん、無理かなと。病魚を買うのは、やっぱり止めた方がいいですね。お金を捨てるようなものだなと。

金魚掬いとしては、数が足りませんなぁ。この他に姉金(和金)が30ぐらい、計56匹ぐらいですが、調子良く、100匹ぐらいという話に成っているもので。大きめの姉金も出すと、もう10匹ぐらいいけますが、ポイで掬えないんじゃないかと。無責任に、大きめの、中和金と言って良いようなものも全部金魚掬い用に、とは、私にはとても言えません。
う~ん、金魚屋かホームセンターで、もう10匹ぐらい探すかなぁ。ピンポンパールが安ければいいんだけどなぁ。まぁ、買って素赤琉金かなぁ。

金魚掬いの際に使う、乾電池式のエアーポンプを一応買っておいた。約3,000円。酸欠には、ある程度は対処しておかないとね。まぁ、金魚達が引き取られる際は、私は立ち合えないんですけどね。
2009-07-15 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

白点病

仕入れて2日後、薬浴中の琉金10匹、ミックス金魚10匹、黒出目金8匹の、60cm水槽の水を40%ほど換えた。入れた水には、規定量のニューグリーンFを入れたので、水のブルーの濃さが増した。仕入れ初日の薬浴は、水質の急変を考慮して、薄めのニューグリーンFでした。

琉金のうち3匹は白点が付いている。よく見れば、もう数匹居るかもしれない。白点病の場合、病魚を隔離することが第一のようです。病魚の隔離は、白点病に限らず、当然なんでしょうけどね、なかなか出来ない事も有りますし、敢えて他の魚と一緒に治療、という場合もあるでしょう。
寄生虫ですので、繁殖し、他の魚へ寄生が拡がります。孵化したばかりの寄生虫には薬が効きやすいと言うことで、薬浴をしていれば拡がりにくいようですけど、魚体に付いている成虫には薬があまり効かないとか。つまり、成虫が寿命を迎えるまで、薬浴期間を取るのが望ましいのかもしれない。1週間とかか?

病魚の居る琉金は、ミックス、黒出目金とは分けた方が良いようですが、ミックス、黒出目金も薬浴が必要だろうというのと、同じ環境で飼育してから金魚掬いに引き和渡したい、というのも有り、全部60cm水槽で一緒に薬浴中です。黒出目金にも、病魚が居る感じでも有るし、1週間薬浴させれば白点が消えるなら、全部一緒でもいいやんけ、と言えなくも無いかな。無理矢理ですが。

で、引き渡しの際は、見た目病魚、というのは、もちろん引き渡しません。お店と違って、私にはそんな無責任な事は出来ません。

で、死魚が出た場合、その数日前の、生きている頃の写真を見るのはちと辛いので、写真は載せにくいです。白点の個体が落ち着いたら、60cm水槽の琉金などを乗せようかと思っている。それか、病魚が写っていない写真。
2009-07-14 : 病気について : コメント : 0 :
Pagetop

病魚&らんちゅうお陀仏

昨日仕入れた琉金のうち2匹、白点病と思われる点々が付いたのが2匹居る。店で選ぶ時、白点の付いたものは、舟へ戻したりしましたが、それでも2匹入ってしまった。と言うか、10匹全て白点ナシを選ぶ、という方が難しかった。
昨日仕入れた、琉金、ミックス、黒出目金は、全て薬浴中ですが、その2匹は浮き気味だ。うち1匹は、少し片エラ気味。
まぁ、そんな事は想定内でもあり、引き渡す2週間前の、今回の仕入です。金魚屋の金魚には、病魚が多いなと。一般家庭以上に、混泳、出入りが有りますからね。

で、火鉢に入れた虎ハゲらんちゅう2匹が、朝見たら、2匹ともお陀仏。値段の割には型の良いものだったのですが、実はこのらんちゅう達の入っていた、お店の舟のらんちゅうたちが、パッと見、全体的に動きが弱い、どよ~んとした感じでは有りました。エラ気味だったのかなと。他のらんちゅう当歳の舟もいくつか有りましたが、全てそんな感じでしたので、購入するには仕方が無かった感じではあった。ちょっと元気が無いな、というのはやはり避けるべきだったかなと。まぁ、火鉢の水が合わなかった、というのも多少有るでしょうけどね。一晩で、ですからね。
火鉢の方は、琉金を飼うつもりは無いので、また、らんちゅうを仕入れて来る事に成ると思います。元気なヤツを1匹かな。
2009-07-12 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

仕入れました

今月下旬の夏祭りの金魚掬い用に、琉金などを仕入れました。金魚掬いには私は関わらず、引き渡しておしまいです。

今年生まれの和金の稚魚は残り僅か約10匹になってしまったので、昨年生まれた姉金も出しますが、数を確認したところ、5cm以下クラスは30も居ないかなと。稚魚、姉金を両方出した場合、40がいいところ。

今日仕入れたのは、更紗琉金10匹(@250円)、ミックス10匹(@105円)、黒出目金8匹(@105円)です。全長4cmから5cmぐらいのものばかりです。

これで、和金と合わせて68匹ぐらいか。まだ100匹には足りませんが、小赤を仕入れるのはパスかなと。掬って持って帰ってもらっても、素赤和金じゃ、なんか可愛そうでね。私的には赤字ですが、別に構わないんです。大した金額でもないし。

和金稚魚約10匹を60cm水槽から30cm水槽へ移し、仕入れた更紗琉金、ミックス、黒出目金を60cm水槽へ。新水100%に薄めのニューグリーンFを入れて、1日薬浴させます。琉金の方が、お店の方で病魚と一緒だったので。ミックス、出目金は大丈夫だったと思うのですが、念のためこちらも。まぁ、薬をいきなり使うのも、魚にはストレスが掛かり過ぎなのかもしれませんが、仕方が無いなと。

で、虎ハゲらんちゅう2匹(@945円)もついでに買って来た。火鉢の和金8匹をプラ舟FP-60へ合流させ、らんちゅう2匹を火鉢へ入れました。青水飼育になります。エアーも濾過もナシ。お店で見落としたのか、それとも、火鉢へ入れた際、夜の暗がりの中、懐中電灯で見た為か、1匹両エラがちとめくれ気味かと。まずいかもしれません。明日良く見て、まずいようなら塩水浴かなと。

作業が日暮れでしたので、写真は撮れず。また今度です。
2009-07-11 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

また不調

ここ3日、また胃腸の調子が悪い。胸焼け、ゴボゴボする消化不良から、あんまり動けない。動くと吐きそうに成る。先月貰った薬も切れたので、また病院へ行って来た。

前回は2週間分でしたが、今回は一ヶ月分、薬を貰った。マーロックス、葛根湯、ボルタレンの座薬。座薬はそんなには無いかな。
疲れが溜まってくると胃腸がおかしく成る感じだなと思ったら、やっぱり風邪のウィルスらしい。毎回そう言われている。早速、薬を使用。明日には動けるようになればなぁと。

体調不良のため、今週末の魚釣りはパスした。ゆっくりして、金魚仕入れに行くかなと。
2009-07-10 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。