和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

2匹塩水浴

青仔9匹のうち2匹、どうも調子が悪くなりそうなので、0.4%の塩水浴を開始。まだ餌をねだる元気は有るが、見た目でちとまずそうだと判断。新水が今日の水換えで無くなったので、WIDE900の水を3L使用。2匹のうち1匹は、エラが少し開いている感じ。もう1匹は、尾が溶けているのか、欠けており、白濁も少しある。薬を使うと、またショックが大きいかもしれないので、塩のみに。1度0.2%で行った方が良かったかもしれないが、なんとか耐えてくれということで。
う~ん、病気が広がっているのか?青仔ということで、環境の変化には、色変わりした6cmぐらいのものより弱くもあるだろうなと。画像はナシです。お陀仏直前だった場合、ちと気分悪いですからね。

aokos4.jpg
上は、今日追加した青仔3匹。1匹120円。背なりが良いのがもうちっと要るかなと。店員さんに話を聞いた所、先週売られていた青仔と同じブリーダーさんだとか。つまり、10匹とは兄弟かなと。まぁ、親が違うかもしれませんけどね。前回の分は、仕入数が多かったので安くしていたそうで、それでも売れ残りが出て、残ったのは熱帯魚の餌に成ったとか。へぇ、青仔は餌になっちゃうのね、って感じです。で、前回のと違うのが、腹の垂れ具合。なんかいっぱい食べてたようだなぁと。上見写真じゃ分かりにくいんですけどね。あと、背なりも、ゴツゴツしてなくて、なだらかなカーブです。追加して良かったかなと。
上見は、どこが悪いのかよく分からないですな。小さいとか、長いとか、曲がってるとか、細いとか、尾が非対称とか、前がかりだとか、すぼんでるとかぐらいは分かるか。静止画像では、曲がってるのか、曲げてるのか分かりにくいですけど。

esa11.jpg
餌も買った。テトラ ランチュウと咲ひかり稚魚用。他、冷凍ブライン、冷凍ミジンコも買っている。全部で3,000円ぐらいか。
粒餌は、エドちゃん、さくらには向かないので、テトラ ランチュウも、1号、トンボ、紅緒、タイガー向けなのですが、タイガーは今、エドちゃん、さくらと一緒に居るので、当面、他の3匹に与えることに成るなと。紅緒の消化能力がまだよく分からないので、紅緒には、気をつけて与えないといけない。色揚がり成分スピルリナ、カロチンが含まれるそうな。粗タンパク質が49%以上ということで、この数字は他の餌ではなかなか無いかもしれない。咲ひかり育成用も有るので、併用します。
あと、青仔達へ給餌する咲ひかり稚魚用。色揚げ用では無いのですが、稚魚はまず、大きくする事、でしょうかね。水槽には青水入ってるし。日も少しですが当ててるし。

あ、江戸錦のエドちゃんですが、他の2匹が合流して、餌が多く成ってしまったのか、ちと転覆だなぁと。実は、昨日、今日、少しだけ粒餌を与えてみたのですが、やっぱり転覆だなと。タイガーには粒餌を食べさせたい、というのが有ります。トロ舟飼育で変化が有るか見たかったのですが、エドちゃんがやばそうなので、近いうちタイガーはWIDE900へ戻そうかと思います。別の舟の用意までは出来ませんし。
スポンサーサイト
2009-05-31 : 青仔10匹(故らん) : コメント : 0 :
Pagetop

火鉢


和金の火鉢。11匹は居る。サイズは、3.5cmぐらいから8cm。8cmのは一番手前、半分しか写っていないヤツ。これが、去年の共食い犯筆頭。こいつは残しました。最大サイズ個体の推移を見て行こうと。火鉢に移されて、育ちが悪く成るかと思いきや、プラ舟のヤツに抜かれる事も無く、最大のままだなと。他、更紗が4匹、開き尾が4匹だったかな。ちとよく見てませんが。

水量約25Lで、少し前までここに20匹居ましたけど、まぁ、普通に飼えたなと。エアーも濾過も無しで。外飼いでは、冬は餌を与えるな、水を換えるな、と言われる事が多いようですが、冬でも冷凍ミジンコを与え続け、水換えも週1で行って来た。青水化が速く成った今では、4~5日に1度の50%ぐらいの水換えです。餌は、冷凍ミジンコ、冷凍赤虫、テトラフィンに。もうミジンコはやめようかな、と思っています。

写真は、反射を抑えるサーキュラーPLフィルターを使用。これを付けないと、反射で火鉢の金魚がかなり見にくく成ります。

今日の作業は、室内の、WIDE900とトロ舟40、お陀仏が出た青仔の600LOWの水換え。青水が薄まりましたが、青水の補充はこれから。水換えも疲れます。
2009-05-31 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

9匹に

ニューグリーンF+塩浴させていた青仔がお陀仏。
早くも青仔9匹になってしまった。

う~ん、赤虫が多かったかな。1日数匹がいいところだな、やはり。大きくしないといけないという気持ちが強いと、こうもなるのだろうなぁと。

取り敢えず、赤虫を抑えようと思います。それ以外が原因だとしても。
2009-05-30 : 青仔10匹(故らん) : コメント : 0 :
Pagetop

1匹ピンチ


青仔が1匹ピンチです。今朝、餌食わず、1匹孤立。それでも泳いではいた。午後になり、孤立&沈下。

バケツに隔離して、ニューグリーンF&塩。まだ小さいということで、ニューグリーンFは規定の70%ほど。塩は0.2%ほど。エアーで泳がされ続けないよう、エアーストーンは水面に。

ちとダメッぽい。泳ぎも午前中よりだいぶ弱々しい。エラが少し開いているか。それより、尾が欠けている。溶けた感じには見えないんだよなぁ。食われたんかなぁと。体型的に、10匹の中では良い方なので、残念。まだお陀仏じゃないんだけどね。

あ、平日にするのはなんなので、トロ舟140の7割の水換えをしておいた。水は水道水で、シャワーで少し遠めから注いでます。
2009-05-30 : 青仔10匹(故らん) : コメント : 0 :
Pagetop

140と60

toro140_10.jpg
和金稚魚のトロ舟140。天気も悪く、青水化が進まず、雨水もだいぶ入ったので、水換えはパス。もう2~3日はいいやと。10日ぐらい水換え無しになるかなと。
写真左下に、選別用の容器。洗面器はやめました。四角い方がいいやと。あれをそのままトロ舟に入れてザブンと稚魚を掬います。ひと掬いで30匹~40匹入る。
いくらか数が減って来たかな。サイズが揃ってくれば、ひとまずハネは休止で、数を見て、このトロ舟で間に合うようならOK。60cm水槽も空いてるんですけどね。そっちまで使いたく無いしなぁ。

purabune31.jpg
姉金のプラ舟FP-60。お陀仏が続いたので、いくらか過密感は減りました。火鉢の方からまた2匹移動させ、火鉢の過密感を下げました。
養魚場で育った小赤、姉金などより、赤が薄いでしょうかね。まぁ、比べてもしょうがないんですけどね。自然に近い池のようなところの方が、濃く成るような気がするなと。
餌を少なめにして来たので、痩せてます。でかくしたくないので。まぁ、暖かく成って、テトラフィン、数日前からは赤虫も与えているので、いくらか肥えてくるでしょう。でかくなったらまた手狭に成りますが、そう餌を抑え続けられないし。
底石に青苔が付いたら、またWIDE900に移したいのですが、ちとお陀仏の件が有るので、移せないかもしれませんね。
室内の方が生長が速いのですが、マツモが増えて来たかなと。餌でも有るのですが、あんまり食べられないので、増え続けそうです。増え過ぎたら、和金親魚に食べさせちゃえばいいかなと。あ、トロ舟140で育ててもいいか。そうしようっと。アナカリス要らんなぁと。

雨が上がり、今日は、火鉢を60%、プラ舟FP-60を30%、ついでに室内のらんちゅう青仔10匹の600LOW水槽の30%の水換え。明日は、WIDE900とトロ舟40だなぁ。
2009-05-30 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

体格差

wide900_16.jpg
全長6.5cm~7cmほどの紅緒と、1号、トンボとの体格差。1号は、もう全長11cmぐらい有るか。トンボは、去年夏から成長が鈍く、1号とは差が付いていますが、紅緒と比べるとでかい。9.5cmぐらいは有るかな。

水槽へ入ってからの紅緒は、元気は元気なんですが、ときどきお腹を底についてじっとしている事が有る。水質が少しストレスになっているのかな。まぁ、よく動くうちは、大丈夫だと思いますが。

WIDE900に、火鉢の青水を入れた。これが紅緒の色抜け防止になるかは分かりませんが、火鉢の水を移すのは、そう面倒でもないので、続けられるかなと。他の水を持って来るのは、病気が怖くも有るんですが、まぁ、いっかと。

で、写真では、購入時ちと目についた、紅緒のウロコのマダラ加減が分かると思います。まぁ、私としては、全然問題じゃないんですけどね。1号、トンボの色抜けに比べれば。
あと、紅緒の尾が、芯の所、センターでつまんだ感じ。芯が太いつまみ尾とはまた違うか。まぁ、これも全然構わないんですけどね。それと、背が雁首です。尾のところで急に下がっている。これも、全然構わなくて、全体として、可愛いし、いい感じだなということで、気に入ってます。あ、背や尾の形だけ見れば、1号、トンボの方が、良いようだなと。

ということで、品評会レベルの個体まで求めようという気は、ほぼ無いかなぁ。青仔10匹の方も、欠点が有っても、よっぽどでない限り、処分しないかもしれない。10匹は多いので、5匹ぐらいは、知り合い、近所で、欲しい人が居れば、譲りたいとは思っています。まぁ、あんまり良く無いものは、譲れませんけどね。
2009-05-29 : 紅緒(故らん) : コメント : 0 :
Pagetop

更に青く

600low6.jpg
青仔10匹の600LOW水槽。トロ舟140の青水では薄いので、日除けの無い火鉢から水を移しました。火鉢は青水化が速く、水換えが頻繁です。もうちょっと遅らせたいので、設置場所を変えないといけない。
写真は、室内の照明を消し、クリップライトのオレンジの光のみ。室内の照明を点けている前回の写真と色味がまた違います。

だいぶ青い水になりました。このグリーンを眺めるのもいいなと。魚体も、水槽前面近くならよく見えますし。紅緒の色抜けも気に成りますから、WIDE900にも火鉢の青水を入れちゃおうかなと。面被りの遺伝子を持つなら、そう頭の色は抜けないかもしれないなぁとか思っていますけど、よく分からないし。

青仔の中で、尾ビレの外側2枚が、上がっちゃってるのが、何匹か居ますけど、青仔ではまだ尾がしっかりしていなくて、泳いでいる時にそう成りやすいんでしょうかねぇ。落ち着いている時は戻るのかなぁと。まだよく見ていないんですけどね。いつも泳ぎまくっているので。これがずっとそのままだとまずいなぁ。尾が上下逆さみたいでおかしいなぁと。

全長2.5cmほどですが、赤虫をちょこっと与えてみました。なんとか食べられるようです。喉の通りが悪いのか、踊りながら食べてますけどね。成長を考えるとミジンコより赤虫でしょうから、日に少しずつ、赤虫も与えようと思います。

そろそろ、火鉢とかの水換えだなぁ。
2009-05-29 : 青仔10匹(故らん) : コメント : 0 :
Pagetop

和金の方

今朝また、外のプラ舟の小赤が2匹お陀仏。冷えたか?それとも、病気が続いているのか?
お陀仏は、2匹とも全長3cmほどの、小さい、育ちの悪いものだ。大きいものは6cmぐらい。5cmが標準的。元々大きいものを移した火鉢は、8cmぐらいのも居る。もしかして、そういった育ちの悪いものは、生命力的に1年後の春を乗り越えられないのかと思っちゃうぐらいだ。補足ですが、今残っている小赤は、育ちの良く無かったものが多く、餌食いの良かった活発なものから、昨年里子に出しています。
あ、5cmにもなると姉金、8cmだと、もう中和金ですかね。便宜上、小さい方に合わせてましたけど、今後はもう姉金にしておこうかな。

和金稚魚のトロ舟140。すだれで8割水面を隠しましたが、青水化のスピードが遅く成り、水換えも週1で行けそう。水温上昇も結構抑えられているようで、ここ数日の最高水温は26.6度。まぁ、7月上旬の気温にならないと、先日の30.2度になった日とは比較出来ませんけどね。数日前は、結構暑い日だったかな。
稚魚の方のハネも少しずつ進めている。小さく細い、育ちの悪いものをハネています。他所へ出す場合、小さく、弱いものは出せないし、稚魚の成長につれ、舟が狭く成るので。
で、相変わらず、日に10匹ぐらいずつお陀仏になっています。数が多いので全然不思議ではないのですが、酸欠も少し有るのか、とか考えもします。ダブルブリラントフィルターを回しているので、そうでも無いだろうとも。過密だとストレスが多いからかなとか。
そういうのもあり、トロ舟140で孵化させるのは500ぐらいが丁度いいのかな。後の処分も大変だし。排水に流す、なんてのは出来ないですなぁ。まだ餌にする方が気が楽。餌金だと思えば。で、孵化1ヶ月後には、半分以下に減らす感じかなと。余裕を持って飼育したいなと。餌代も全然違ってくるし。今後は、1,400の採卵はナシだと。将来、もし、らんちゅうが産卵したとしても、採卵数は少なめで行こうと。舟は出来ればもう増やしたく無い。増やしてあと1個が限界かな。
2009-05-28 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

青水飼育

600low5.jpg
青仔10匹の600LOW水槽。今日も外のトロ舟140の青水を追加。やっと青水と言えるくらいにはなったなと。16cmぐらいへと水が深くなってしまいましたが。ライトの色で、黄色くも見えてます。底石なんかが特に。

日光、青水と。あと、透けてるのは仕方が無いですね。囲うまではしないでしょうね。フリフリのちっこいらんちゅう達を水槽で眺めるのもいいなと。
日は当たるが周りは暗い火鉢の小赤が、プラ舟と比べても赤が濃く成ったので、周りの暗さで違うんでしょうけど、まだ色は出て無いし、小赤では、色変わりしてから火鉢へ移しても、赤が濃くなったし。

あとは餌。色揚げ作用も有るらしい「テトラランチュウ」は、小粒タイプのようですが、全長2.5cmほどの青仔達には大きいかな。となると、咲ひかりの稚魚用かな。通販でしか手に入らないような餌は、ちと手が出しにくいし。

上見で、細いなぁ、というのが4匹。横見で、低いなぁ、が2匹、高いなぁ、が2匹。凹んでんなぁ、が3匹。尾筒のカーブが緩いなぁ、が結構。
買ってから文句言ってもアレですけど。責任が有りますね。ちっこい姿が可愛いなとも思ってますし。
2009-05-28 : 青仔10匹(故らん) : コメント : 0 :
Pagetop

日差し

toro40_25.jpg
エドちゃん、タイガー、さくらのトロ舟40の朝の日差し。網戸は開けないので、光量は半減。冬とは日の当たり方が違って来てますが、実は最近まで日光をうまく当てられていませんでした。ここ数日は、開ける窓を反対にしたので、日が入るようになったところです。苔の付きもイマイチです。

ナノスポンジフィルター、LS-30の濾過が足りていないのか、水は少し濁り気味。青水化というよりは濁りかなと。3匹に増え、更に汚れやすく成ったので、昨日、フィルターへのエアー量を増やしたところです。
昨日、青仔10匹の600LOWに、外のプラ舟140の青水を1Lほど入れてみたところで、このトロ舟40は、そう青水飼育をする気は無いのですが、一度試そうかなと。LS-30がしっかり濾過するのかチェックしてみようかなと。まぁ、600LOWもLS-30なんですけどね。
エアーポンプは水心SSPP-2Sで、分岐させて、トロ舟40と600LOWへエアー供給していますが、エアー量は十分有るかなと。
あ、ゴミが多く成ったので、底石を減らして、ゴミのチェックがしやすいようにしようと思います。

粒餌の給餌は止めています。エドちゃん、さくらの転覆も落ち着いたかなと。さくらも、水深が浅く成って、変に泳ぐ事もしにくくなったし。鼻上げも減ります。上下に泳げないと、だいぶ違って来ますね。まぁ、エドちゃんの方は、ここでも転覆気味ですが。

本水槽WIDE900の方は、今、1号、トンボ、紅緒の3匹が入っています。水量がこのトロ舟40の3倍ですので、このトロ舟に3匹、というのは普通行わないですね。WIDE900に4匹か5匹、トロ舟40が1、2匹というのが普通かな。タイガーを戻そうと思っていますが、まだこっちに来たばっかりですからね。さくらの合流が予定外だったなと。もうちょっと粘ってしまおうと思いますが、タイガーのWIDE900復帰は、予定が早まりそうです。
2009-05-27 : 飼育環境 : コメント : 0 :
Pagetop

青仔も導入

実は、らんちゅう青仔も導入してみた。全長2.5cmぐらいのが10匹で700円弱。当然ハネで、この値段はちと良く無いものかもしれませんが、素人が青仔から育てるには丁度いいかなと。
aokos.jpg
水合わせ中。糞がいっぱいということは、売られる直前まで餌を与えられていたということでしょうかね。いいことだなと。10匹ごと袋に入れられていたので、1匹ずつ選ぶ事は出来ません。サイズの揃った袋を選択。サイズだけで選択です。個々の体型などは、どの袋を選んでも、同じようなものだろうと。

室内のコトブキ600LOW水槽へ入れました。しかし、これらは、いづれ外へ出そうかなと。
aokos2.jpg
横見で、背中がガクッとしているのが、2匹は居る。上見写真だけでは分からない所です。体型もちと変かなと。近いうちに数匹ハネるかもしれないです。あぁ、非情。
もう少し大きく成った、体型も整って来たものを数匹、の方が良かったのですが、元気が良かったので、これで。あと、らんちゅうの青仔が、育つにつれどう変化して行くのかも、多少は知っておかないとなぁと。
水槽は窓際で、今の時期は、冬とは違い、午前中の早い時間に日が当たります。この水槽の下に設置しているエドちゃん達のトロ舟40同様、日光を日に2時間ぐらいは当てたいと思います。底石は、底面反射防止で入れてます。フィルターは、LSS研究所のナノスポンジフィルター、LS-30。水深は13cmほど。水量は24Lぐらいかな。水は、本水槽WIDE900の水を半分、新水半分。あと、マツモを1本入れています。餌は当分冷凍ミジンコ。他にも何か与えたいんですけどね。まだ探していません。赤虫はまだ早いかなと。
あ、紅緒の方も、色揚げ成分の入ったものが要るかなぁ。

600LOWがらんちゅう達の隔離用水槽だったので、隔離用が無くなった。外には水槽が有るので、室内へ持ち込めば済みますけどね。ちともうつらい。ということで、さくらの転覆対処が、エドちゃん達のトロ舟40になってしまいました。ブラインシュリンプの孵化は、バケツで行っています。
2009-05-26 : 青仔10匹(故らん) : コメント : 0 :
Pagetop

紅緒です

そう簡単には、新たにらんちゅうを手に入れない、と言って来ましたが、それは、欲しいという事の裏返しですな。

benio1.jpg
水合わせ中。

深見産らんちゅう、素赤、約6.5cm、約3.000円。買ってもうた、です。1号、トンボ、さくら、エドちゃんを購入した、近場のお店で購入。良く行く品揃え豊富なお店では、もう少し大きい、瘤も有って、なかなかのらんちゅうをよく見て来ましたが、久しぶりにこっちの店に来て、見てみると、若い素赤がいいな、よく動き、元気だなぁ、という事で、気に入りました。もう一匹、同じ深見産の候補が居て、体格、体型、頭もそっちが上かなと思ったのですが、ちと常に頭を下げる感じだったので、こちらに。買った方は、左側のウロコがちとまだらな感じが有ったのですが。

名前は紅緒です。メスかなと。オスでも紅緒でいいんです。さくらもオスだし。赤い頭の色が抜けませんように、という願いを込めて、「紅」という字を入れました。1号、トンボ、タイガーと全部頭が白くなっちゃったので。あと、アニメの「はいからさんが通る」も好きでしたねぇ。メスかな、というのは、排泄孔(?)が丸いかな、というのと、産卵を迎えるわけでは無いのでアレなんですが、なんか排泄孔が外に出てるな、ということからです。まぁ、よく分からないんですけどね。

benio2.jpg
本水槽、WIDE900へ入れました。タイガーのように、1号、トンボとはセパレーターで分けています。結局セパレーター使うんかい!って感じですけどね。エドちゃん、タイガー、さくらが、今、狭いトロ舟に同居中で、WIDE900へ復帰させるのは、タイガーだけかなと。転覆持ちのさくらは、そのままエドちゃんとの同居を続けようかなと。タイガーの復帰は、3ヶ月後ぐらいの予定。
らんちゅうの外飼いは、まだしません。和金も居ますし、更に舟を追加というのはちと無理です。室内ですから、来年の採卵もほぼ期待していません。せっかくのらんちゅうであり、鑑賞するのは私だけでは無いので、水槽で、という事でも有ります。色抜け覚悟の水槽飼育。
2009-05-26 : 紅緒(故らん) : コメント : 0 :
Pagetop

さくら転覆

ずっと変な泳ぎで転覆気味だったさくら、ますます転覆している感じに成り、体力的にもつらそうかな、ということで、一度、水深の浅いトロ舟40へ。エドちゃん、タイガーと同居です。狭いところですが。う~ん、消化不良なら、1匹で隔離、塩水で脱糞を促した方がいいだろう。が、ず~っと転覆気味でもあったさくらなので、今更便秘か?というのもある。鼻上げばっかりしていたさくらですし。少しトロ舟40で様子見です。

トロ舟の角で、フィルターに体を委せるかのように、ひっくり返っています。常にひっくり返っているというわけでもない。元気もまぁまぁ有る。ときどき起き上がって、泳ぎます。

ひっくり返った写真ではグロいので、束の間起き上がった状態の写真。
sakura34.jpg
エドちゃん同様、粒餌給餌の再開が無関係でも無いかな。となると、エドちゃんの事も有るし、トロ舟40は、当分粒餌ナシだな。タイガーもお付き合いだ。
水量26Lほどと少ないですが、水質に、今まで以上に気をつけていれば、大丈夫かなと。餌も控えめだな。
2009-05-25 : 病気について : コメント : 0 :
Pagetop

同居のタイガー

エドちゃんと同居を始めて10日のタイガー。最初のうちは、人影に水音をバシャッとさせて驚いてましたが、そろそろ慣れて来たかな。トロ舟、エドちゃんにも慣れ、最近は、逆にエドちゃんに付きまとう方だ。エドちゃんの動きがトロいので、必然的にそうなります。

暖かく成って、粒餌の給餌も開始したのですが、やっぱりどうも、エドちゃんが転覆気味。粒餌がダメなんだよなぁ。これも、エドちゃんが、タイガーに付きまとわれる要因です。
う~ん、粒餌やめようかな。タイガーには食べさせたいんで、与えているんですけどね。やっぱり、一緒には飼わない方がいいのかなと。エドちゃんは、エドちゃんだけにした方が良さそうだなと。
まぁ、もう少し様子見です。粒餌をもうちょっと減らすかな。って、数粒になっちゃいますけど。

tiger42.jpg
フラッシュ焚いてます。頭、変わって来たか?目は引っ込んで来たか? って、10日で変わるわけないし、3ヶ月経ってもどうだか。あんまり期待せずに、見て行こうかなと。それよりエドちゃんが心配だなと。

こっちが、同居開始時のタイガー。フラッシュなし。色味が違う写真。
tiger43.jpg
比べてもしょうがないかな。角度も、撮影条件も違うし。
2009-05-24 : タイガー(故らん) : コメント : 0 :
Pagetop

餌を変えるか

和金稚魚が孵化して1ヶ月余り。そろそろブラインシュリンプから、冷凍ミジンコへ切り替えてもいいのかな。まだ1cmぐらいの針子みたいなのも多いので、そういった小さい個体は、まだミジンコを食べられないかもしれませんけど。
プラ舟と火鉢の、去年生まれた小赤も、いい加減、冷凍ミジンコから赤虫へ変えようかなと。小さい個体が3cm弱ぐらいなので、まだ赤虫が長い気もしますが、1年ですからね。

小さい個体に合わせたエサのサイズにしていると、全体の成長も悪いでしょうね。私の場合、和金はあまり大きくしたく無いというのも有るので構わないのですが、らんちゅうだった場合はそうもいかないでしょうし。

大小混ぜて飼育すると、こういう事にもなるなと。まともに成長させるには、サイズ分けが最低必要で、餌の食いが悪い、成長が妙に遅い個体は、ハネてしまう方が、より飼育しやすくもなるでしょうね。

稚魚用の、ブラインシュリンプエッグ、冷凍のベビーブラインシュリンプもまだ残っているので、稚魚には、冷凍ミジンコと併用していこうかなと。去年も併用期間が有りました。
2009-05-24 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。