和金系のコメット亡き後、らんちゅう系を4匹ゲットしました。らんちゅうの育成日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

トロ舟40なんぞ


エドちゃんのトロ舟40の水が安定しているなと。水が奇麗で、水質の見た目の変化がほぼ無いということかな。苔の状態も、増えるでも無く、落ち着いている。
不安定と言うと、水が濁ってくるとか、泡切れが悪くなりやすいとか、水換え前に臭いが有るとかか。苔も、古く成りすぎると、汚れが溜まり、汚れとともに剥離しやすく、水を汚す事になるでしょうかね。

苔の方は、時間の経過と、最近あまり天気が良く無いのも有ってか、緑色から茶色に成りつつ有る感じかな。茶苔が幅を利かせて来た感じでもありますが。

環境は、マツモ、底石、ナノスポンジフィルターが入っていて、ライトはクリップライト、水温計も左の側面手前に付けています。水温はあまり最近見ていない。16度ぐらいかなぁ。水は、週1回、1/3を換えいる。ナノスポンジフィルターのスポンジは、その際に抜いた水で、片方ずつ隔週で濯いでいます。ライトは、日が当たらなく成る午後1時から、私が帰宅する頃の午後10までタイマーで点けています。帰宅して室内の電気を点けると、日に2度暗く成るので、エドちゃんの体内時計に良く無いだろうと。帰宅後にクロレラ給餌もしますので、それまで夜にしない方がいいだろうと。エドちゃんには朝にも赤虫を1/3ブロック与えています。

トロ舟40は、水量が25L程度で、スペース的にも狭い。暖かく成ったら、外で、広い容器でエドちゃんを泳がせたいなというのもあるのですが、どうしようかなと。場所がねぇ。また邪魔にされちゃいそうなんで。たぶん無理だろうなぁ。
スポンサーサイト
2009-02-25 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

餌追加


らんちゅう達5匹と和金親魚7匹に、キョーリンのまるとく赤虫。1枚100g入りが10枚で、約1000円。冬場は一日5ブロック与えています。10枚で240ブロックですから、48日分で2ヶ月保ちません。前回が昨年末の購入ですから、その前の残りを考えると、ほぼその通り。これから暖かく成ると、40日、夏は30日分ぐらいにしかならないか?去年の夏は、別の、サンミの「らんちう専用赤虫」とキョーリンの「UV赤虫」を併用していたので、数え方が違います。

ミジンコは2枚購入。1枚100g入りで400円ほどの、キョーリンの「クリーンミジンコ」。1枚が赤虫4枚分か。小赤の方が贅沢しているということか。
成分的に、これも赤虫と同じく9割以上が水分なんだなぁ。ツブツブなので、赤虫よりは固形部分が有ると思ったら。
小赤も、まだ2cmぐらいの小さいのが居ますので、小さいやつには赤虫は無理だなと。サイズ分けすれば、大きめの小赤には与えられるでしょうけど、あまり大きくなられても困るので、分けずにミジンコを与えています。今年の夏頃には、赤虫になるかもしれないな。

purabune25.jpg
小赤達のプラ舟のコケ。ヒゲヒゲですな。5mmは有るでしょうね。もう少し暖かく成ったら、一度、半分ずつ苔落としをしようと思います。半分ずつ、というのは、環境をいっぺんに変えない方がいいだろうということから。通常は、春の床直しは全部いっぺんに掃除するようですけどね。半分ずつでいいやんけ、と。外の和金親魚の水槽のビタッと張り付いたような苔も、暖かく成ったら一度落とそうと思います。

らんちゅう達の粒餌、和金のフレーク餌も買おうかと思ったのですが、まだ寒い日も有るので、もう少しかなと。特に咲ひかり200g入りがいつも半分以上廃棄になるので、使い始めを遅らせたいなと。今は粒餌、フレークを全く与えていません。

らんちゅう達の本水槽=室内のWIDE900用のライトをずっと考えているんですが、水槽の縁を挟む、クリップ式のライトを2つにすると、どうもカッコワルいなと。で、60cm水槽用の、水槽の上に載せるタイプの2灯式とクリップ式の組み合わせなら、クリップ式1個の購入で済み、一番経済的ではある。が、これもカッコワルいかなと。
となると、長めのスタンドで高い位置から照らすか、吊り下げ式かなと。吊り下げ式のメタハラというのはちと高過ぎるんですけどね。やっぱりいいなと。ただ、WIDE900の周りに吊り下げ用のスタンドなどを置けない感じなので、スタンドで、というのも無理そうだなと。高い位置に電球型のライトを付けると、眩しそうだというのも有るし。
ということで、ずっと90cm用の上に載せるタイプの1灯式です。う~ん悩む。
2009-02-22 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

多少は効いている

昨日と言うか、書いているのが午前1時過ぎなので、もう一昨日なのですが、朝プラ舟を見たら、プラ舟右側1/3ぐらいに、屋根のように少し角度を付けて乗せている、北風避けの板の下は氷っていなく、左側の、オープンな水面が氷っていた。多少は北風避けが効いているんだな、無駄では無いんだなと。

ということは、プラ舟右半分ぐらいを覆う形で、空力パーツとして更に北風を上空に受け流す形にすれば、全く氷らないかもしれないな。半分はオープンなので、日光も入るしなと。
まぁ、今は日に2時間しか日が当たっていなく、場所を移動して日当たりを良くするだけで氷らなくなりそうので、空力パーツなんて事は考えなくていいんですけど、それでも、移動出来ない現状の中で、どうすると状況が改善されるかは考える、ということ。

本水槽WIDE900の水、一時濁っていましたが、濾過装置AX-60の濾過槽、そのストレーナースポンジを掃除して、茶苔でだいぶ汚れていた底石を1/3取り替えてから、水が澄んで来てます。緑の苔の付いた底石を追加したせいか、水槽面への苔の付着も、一時のペースダウンからまた増殖が加速したな。いい感じだなぁと。

最近忙しくて、金魚の写真を撮る時間も作れない。週末だな。
と言うか、今、貰って来たPS2のモンスターハンターにハマっている。久々にゲームに没頭しているなと。その前に没頭したのは、メジャーリーグベースボーツ2K6。イチロー似てねー、と毎回ボヤキが入ります。チームがマリナーズで、そこへ日本人メジャーリーガーを大集結させて、2007年からの選手は、エディットで作ってます。オールジャパン。
野茂、伊良部、長谷川、佐々木も作ったよ。新庄は控えで、出番が殆ど無いけど。抑えは斉藤隆。
2009-02-20 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

三寒その1

20度ぐらいの暖かい日が有ったその2日後、プラ舟の水が氷った。三寒四温の、一寒目か?(笑)
今日は氷を撤去する時間も無く、プラ舟には餌ナシ。氷らなかった火鉢には与えました。

水温的に、15度まで上がった2日前からの急降下です。きついだろうなぁと。餌ナシで正解かもなと。同じ外でも、火鉢の小赤、90cm水槽の親魚には与えましたが。

今夜もプラ舟を見る気は無く、明日です。まだ氷が有ったら、撤去、でミジンコ給餌も。
プラ舟へ移したマツモはどうなるかなぁ。少し痛んでいたので、下手すると全滅するかもなぁと。
2009-02-17 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

お役御免

昨日の日曜の作業。プラ舟のアナカリス、マツモ水槽を入れていたビニール温室、マツモ水槽、マツモ水槽で使っていたヒーターがお役御免となりました。


一冬、小赤達に安心感を与えてもらった、外のプラ舟に入れていたアナカリスを撤去。アナカリスには苔が付きまくり、日照不足も有り、光合成やらが悪かったのでしょう。よれよれです。それに比べ、日照も良い、苔も付かない火鉢のアナカリスは、今も鮮やかな色で、葉も元気が有る感じ。

以前に一度書いた、マツモをプラ舟へ入れて、苔を付けさせ、マツモをらんちゅう達の餌にしようという計画を始動です。
matsumo31.jpg
と言うより、マツモも痛んで来たので、環境を変えてしまおうと。外のビニール温室内の水槽にマツモを入れて、ヒーターで温めていましたが、水換え等、あまり管理していませんでしたから痛んで来てしまったようです。マツモを元気な状態に戻す為にも、ここはプラ舟へ移そう、ということです。
まぁ、室内のエドちゃんトロ舟、WIDE900のマツモはしっかりしているんですけどね。

で、日曜は、このプラ舟、火鉢のゴミ取り、エドちゃんトロ舟の水換え。本水槽WIDE900は、溜置きの水が足りず、6Lほどの足し水だけ。やはり、土曜にさぼるとこうなってしまうなと。さぼっちゃあかんなぁと。平日朝は、寒さでなかなか出来ません。

そろそろアクアグッズを買いたいなというのも有ります。WIDE900用のライトかなぁ。今はちと暗いんで。普通なら2灯式にするところかもしれませんが、水槽の上を空けたいので、別のタイプのライトが欲しいなと。まぁ、まだまだ考える時間を取りますけど。あとは、粒餌の新しい物を仕入れておこうかな。この冬、殆ど粒餌、フレークは与えていませんでしたが、さすがに残っている物はもう古いだろうと。
2009-02-16 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

どう撮れば


小赤プラ舟。前回の、北風が強い日の写真がうまく撮れていないので、100mmマクロでの練習。これは、脚立に乗って撮ってます。100mmではちと写せる範囲が狭いので。
あまり低い位置から、横見気味に、角度を付けて撮ると、水が邪魔しますね。風で揺れているんだろうなぁ。光の屈折の影響も有るし、水の濁りも厚く成るし、被写界深度も深く成る。
このレンズでは特に、ピントの合う範囲をより気にしないといけないなと。ここしばらく100mmマクロのテストをしているのですが、寄るのでなければ、わざわざこのレンズじゃなくていいんですな。小赤の場合、寄って撮ってもイマイチな感じでもあるし。らんちゅう達は100mm、小赤は50mm、で使い分けるかなぁ。

プラ舟の水温もグッと上がって、午後1時で13.5度。少し前より最高水温としても3~4度高いかな。まぁ、11度ぐらいの時は有ったかな。それでも、この水温だと動きがかなり出て来ますね。餌も日に2回与えてもいいくらいです。
で、このプラ舟の小赤には、冬の間、ミジンコしか給餌していなかったのですが、里子に出した小赤の方が大きく成っていたりします。そちらの餌は人工餌で、テトラフィン。餌の量が違うんです。このプラ舟60に70匹飼うと、大きく出来ませんからねぇ。まぁ、らんちゅうだったらこんな育て方はしないでしょうけどね。

あ、USBケーブル届きました。が、昨日、今日、古いケーブルの接続が問題無く出来ている。まぁ、こんなもんだよなぁ。
2009-02-14 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

暖かで


今日は暖かかった。エドちゃんトロ舟の水温18度。数日前と4度ほど違う。エドちゃんも、比較的動いていたかな。よく見ていませんけど。

益々、奥目に成って来たなと。瘤が被って来てますな。同じ時期に買った、1号、トンボ、さくらとは全然違います。トロ舟飼育の影響も有るでしょうけど、やはり、持って生まれた素質ですね。1号をトロ舟で飼っても、ここまでは有り得ないでしょう。

転覆、ぐったり、のエドちゃんでしたが、冬は越せそうだなと。良かったなぁ。
2009-02-14 : エドちゃん(故江戸錦) : コメント : 0 :
Pagetop

100mmマクロのトリミング画像

100mmマクロで撮った画像をトリミング。やはり、寄り過ぎると被写界深度が浅い(狭い)ので、金魚撮影には不向きだなと。そう寄らない方がピントが合った範囲が広い。下の3枚は、ISO800、F3.2、1/80秒又は1/100秒で撮影。暗い。ライトを増やしたいかもなぁ。今は、32W一灯。粗い、ブレやすい、絞れない。3枚とも夜撮ったものですが。


さくらの頭の後ろの、何枚ものウロコの付け根の方に、ボツボツしたものがある。頭のボツボツと同じようですな。つまり肉瘤と同じ物だなと。それらのウロコより後ろの方のウロコには無い。普通のウロコ。1号、トンボ、タイガーにはそんなボツボツ付きのウロコは無い。う~ん、お腹に有った、剥がれ気味の、肉がはみ出した1枚のウロコと関係が有るのかなと。脂肪が盛り上がって、ウロコを浮かしたのかなと。となると、穴空きではないなと。まぁ、そのウロコはもう殆ど浮いた感じも無いので、今は心配無いようですけど。

tombow20.jpg
トンボのウロコ。ちょっとボケてますが。黄ばんだ感じの2枚が、だいぶ前に剥がれた2枚のウロコ部分。頭側の1枚は、だいぶ色も白く成って、普通のウロコに成って来たようだ。後ろの1枚が、まだ黄色い部分が多い。ウロコの再生は、薄い膜が作られ、厚く成って普通のウロコに成るようだなと。まぁ、今までこのようにはっきり見た事は無いので、再生される初期の頃は推測でしか有りませんが。

tiger38.jpg
タイガーの頭。特にどうということは無いんですけどね。フンタン出ろ~、ぐらいかな。
今日、水槽のゴミ取りの為にちょっとセパレーターを外したら、1号にお腹を突っつかれていた。春一番も吹いた事だし、春かなぁと。まぁ、タイガーは、飼い始めてからずっと追われていますし、現在、お腹がふっくらしている訳では無いようですし、仮に抱卵するとしても、時季的にもまだ早いでしょう。タイガーがメスなのかもよく分からないんですけどね。

fukuju.jpg
これは撮ったままの写真全体。100mmマクロの定番、花。十分寄ると、ピントが合う範囲が狭い。金魚をこのように撮る訳にはいかないなと。ある程度退いて、明るさが許す限り、絞って(F値を上げて)撮らないといけないなと。
2009-02-14 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop

実行出来ず

昨日やろうと思っていた外の小赤プラ舟と火鉢のゴミ取り、出来ず。マツモ水槽の掃除はしておいたけど、寒くてギブアップ。今日は暖かかったけど。と言うか、やはり体調が優れず、グッタリ気味だったからなぁ。

で、昨日の掃除前のマツモ水槽。

アオミドロ(?)が3cmぐらい層になっていた。いやぁ、気味悪かった。水槽の水は撹拌がほとんど無い分、澄んだ感じ。まぁ、ちょっと混ぜれば緑色に成るんですけど、植物プランクトンがいっぱいという感じでは無いのかなと。マツモの量は和金親魚に餌として与えた事も有り少なく成って来ている。この水槽内のマツモの成長も良く無い。水温が少し低いかな。ヒーターは17度設定ですが、ほんとは20度は有った方が良いようだし。まぁ、らんちゅう達が全然食べなくなったので、増えなくても大丈夫なんですけどね。

私の胃の方は、食事を控え気味にしてますので、そう痛まないんですが、今度はちょっと熱っぽいので、今日から葛根湯の入った薬も飲む事にした。胃薬と同時には飲みませんが、2種類です。葛根湯なら、まだ併飲しても良い方だろうなと。

で、カメラのUSBケーブルが断線気味なので、サポートへ電話して、注文しておいた。送料やら、代引き手数料やらで、4割増しぐらいの値段に成る。ケーブルだけではなく、バッテリーでも思うのですが、これらに、ある程度メーカー間の互換性が有れば、手に入りやすいし、出費も抑えられるだろうになぁ。特にケーブルなんてのはね。
この前、他のデジカメのバッテリーを量販店で取り寄せてもらったばかりなので、また取り寄せ、というのは気分がイマイチ悪いので、直で送ってもらう事にしたのですけどね。
2009-02-12 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

私が消化不良

ここ3日、胃が痛みまくりだ。薬飲みまくり。土曜のちょっとした無理が胃に来たようです。体調が下り気味の時に、まず胃に来る。消化不良から、食べた物が胃に残っている時間が長く、胃が張って、痛みが来るようだな。で、夜10時過ぎの食事は控えようと思う。朝になっても胃に残っているので、朝が食えない。夜を抜くと、ちゃんとした食事が朝と昼だけになるかもしれないが、朝を抜き、夜遅く食べるよりは健康的でしょう。夜抜けば、朝に食べられるだろうなと。夜、空腹で何か食べるとしたら、出しやすくする為にも野菜だろうな。クロレラ食べておくかな?(笑)便秘では無いんですけどね。

転覆持ちのエドちゃんに、消化不良気味なのも有るとしたら、痛みとか有るんでしょうかね。それと、金魚達の餌も、やっぱり夜は止めた方がいいんだろうなぁ。う~ん。

そんなこんなで、金魚の写真を撮る気力も萎えてます。

が、明日はまた、プラ舟のゴミを取ろう、火鉢もかな。底のゴミを取るように水を2割ぐらい抜いても、大して掃除出来ていないんで。あと、100mmマクロで、花を撮りにも行きたいなぁ。梅を。
2009-02-11 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop

100mmマクロで

ミノルタの100mmマクロ(NEW)で撮る。これからは、このレンズでの金魚撮影が多くなると思います。退きの場合は他のレンズでないと撮れませんが。


エドちゃん。未だにマツモに乗って休んでいる事が多いですが、元気は元気。エドちゃんの楽しみは、餌を食べる時かな。仲間を入れたいのは山々ですが、まだ無理だなと。狭いトロ舟ですが、2匹飼う事は出来そうです。
写真は、外の反射を抑えるPLフィルターを使っていません。実は水面の反射を撮るのが好きなもので。金魚をしっかり撮る場合は抑えますけど。
100mmマクロでは、もっと近くまで寄って大きく撮れますが、普通に金魚を撮るなら、そう寄る必要は無い。上の写真は、撮ったままの写真全体で、横800ピクセルに縮小していますから、写真の原寸大では、エドちゃんの大きさはこの3.76倍です。今まで見えなかった細かいところまで見る事が出来ます。

edochan40L.jpg
上の写真の原寸大。100%サイズ。横800ピクセルにトリミング。もっと寄って撮れば、もっと大きく成りますが、被写界深度の事も有るので、この辺のサイズがいいところかなと。50mmF1.4より大きく、高画質で撮れますな。まぁ、50mmマクロの場合は100mmマクロより寄って撮れますけど。

100macro2.jpg
日の当たるプラ舟。結構退いて撮影。今日は北風が強く、水が揺れます。ぶれた感じになります。まぁ、ちょっと被写界深度が足りないかなという写真では有りますが。今日は、本水槽、エドちゃんトロ舟の水を換えたのですが、本水槽の底石を1/3ぐらい、プラ舟の緑の苔が付いたものと換えました。久しぶりの緑化計画発動。抜いた石は汚れを落としてプラ舟へ。

100macro3.jpg
通常のスナップ撮影に100mmマクロを使ってみる。近所のお寺の池の鯉達。冬眠などしていないし、餌くれくれ~、です。いやぁ、50mmF1.4より、いい感じだなと。どうも50mmF1.4だと、周辺からの光がレンズに入りやすく、白っぽい写真になりやすい。画角の違いによる新鮮さも撮っている私には有ります。


2009-02-08 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop

マクロレンズ

ミノルタの100mmマクロを手に入れた。金魚でテスト。

1号です。もっと寄れるんですけど、動く金魚に目一杯寄ると、まともに撮れない。止まってくんないとね。少し退いてなら結構撮れる。暗い水槽なので、ISO1600。F3.5と少し絞る。ブレやすいので1/125秒。掲載した写真は、撮った写真そのまま全体。実物は横3008ピクセルです。原寸大は、まだレンズに慣れていなくて、ちと奇麗じゃないのでまた今度。ISO400で、絞り気味で撮りたいなと。昼間の明るい時にでも。まぁ、本水槽は日が射さない室内ですから、エドちゃんにしようかな。


macoro1L.jpg
マクロレンズの参考までにと、新聞を。写真全体。目一杯寄って、斜め下から撮る。F2.8。被写界深度が狭い。ピントはファインダーで見たのと合っているのでOK。レンズによっては、少しズレてしまうものが有るので。純正はその辺はいいようですが。

macro1s.jpg
原寸大。桃~~~!
文字一つのサイズは、ウロコ1枚ぐらいか?ウロコの方が、大きいかな。


2009-02-06 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop

ゴミ取った


今朝はなんとか、外の小赤プラ舟のゴミ取りが出来た。バケツ2杯分、糞まじりの12Lぐらいを、水が少なかったマツモ水槽へ入れて、マツモ水槽の水をかき回しておいた。撹拌。で、もうバケツ2杯分、ゴミ取りして、網で糞濾しして、プラ舟へ戻しておいた。実質2割ちょいの水換え。

写真だとどうも水が澄んじゃいますな。もうちょっと青味が有る感じなんですけどね。まぁ、緑茶にはほど遠いですけどね。ブリラントフィルターを使っていた時は、澄み切っていた感じで、違いは有るんですけどね。

写真は、ゴミ取りする前のものです。朝見ると、ほとんどの小赤が、北風避けの板の下から出て来てて、のんびり、気分よく過ごしている感じです。「おはようさん、今日も元気だね。」ってな感じです。ここ最近は、春の兆しも有り、餌の冷凍ミジンコの食いが良く成っています。約90匹に対して、1日1ブロックでしたが、また2ブロックへ増やしました。朝1回のみの給餌です。

マクロレンズ、見た目や、使用時の気分も純正の方がいいだろう、ということで、ミノルタの100mmマクロにします。もちろん中古。αユーザーなので、なにもタムロンにすること無いなと。ミノルタの100mmマクロは、ボケの滑らかさで他社を凌ぐと言われているようですから。キャノンやニコンを使っているなら、タムロンなんでしょうけどね。タムロンの90mmマクロも、評判がいいようです。私の印象では、ミノルタの100mmマクロの写りが、滑らかなボケが背景として控えめに存在し、合焦点が引き立ち、涼やかな感じ、かなと。まぁ、私の思い込みですけど。
ソニーの新品だと価格が倍以上に成るし、タムロンにしたら、そのうち、純正のミノルタ100mmマクロが使いたく成りそうで。

土曜も夜中から出かけるので、水換えは日曜だな。本水槽WIDE900の水の濁りが気に成ります。明日朝は、火鉢のゴミ取りをしておきたいし。
2009-02-05 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop

画質チェック

ミノルタの50mm F1.4と、コニカミノルタの18-200mm F3.5-6.3の画質をチェック。18-200mmは、画質が落ちるので金魚を撮るためには普段は使っていない。50mmの写真はISO800、F2.5、1/80秒。18-200mmの写真は200mmで撮影、ISO1600、F6.3、1/60秒。数字だけで言えば、200mmなら4倍大きく撮れそうなものですが、フィルム用、デジタル用と、仕様の違いも有るので、そうはならない。画質チェックということで、オートホワイトバランスで撮影しましたので、水が澄んで写っています。実際は、濁りと、黄色みがもっと有ります。


50mmF1.4の全体。背景のボケが奇麗で、いい感じに撮れます。

50mm_1c.jpg
50mmの原寸大。う~ん、夜の暗い水槽なので難しいのですが、もうちょっとシャープにピントが有ったものが撮れればいいなと。昼間なら、もうちょっとシャープになると思います。ISO200で撮れれば、粗さも無くなる。

200mm_1s.jpg
18-200mmレンズの、200mmでの全体。合焦点さえピンボケした感じになりやすい。まぁ、それは分かっているので、金魚撮影では使っていないんですけどね。デジイチ使いは、こういったセットレンズの画質を「甘い」と表現します。このレンズも、100mm域ぐらいまではそこそこの写りをしますが、200mmでの、この暗い状況での撮影は、厳しいものが有る。

200mm_1c.jpg
その原寸大。50mmより大きく写りますが、原寸で見た場合、合焦したはずの箇所でのシャープさはあんまり期待出来ません。写真全体を2Lサイズでプリントするぐらいなら、十分使えるレンズなんですけどね。ISO1600ということで、原寸で見ると粗さも目立ちます。

マクロレンズで撮った場合、ウロコがどう写るかなと。取り敢えず、今有るレンズをチェックしてみました。
2009-02-05 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop

センサーライト


プラ舟、親魚水槽の場所には、防犯用の、センサーで点灯するライトを付けているので、プラ舟の中を見る事は出来、やろうと思えば、夜でもゴミ取りは出来る。今朝もやはり出来ませんでした。が、小赤達は、夜には北風避けの板の下へ集まって休んでおり、昼間より負担をかけてしまうということで、やっぱり夜のゴミ取りはやめました。朝に成れば、みんな板の下から出て来ており、やはりゴミ取りは昼間だなと。

写真、ライトの白熱電球色を出したいのでフラッシュ無し。ISO800、F2.8、1/10秒。限界です。最低でも1/30秒で撮らねば、やはりブレますな。ピントも合っていない写真ですけど。シャッターを早くするには、絞りを開くか、ISO感度を上げるかになりますが、絞りはこれ以上開くとピントが合う範囲がかなり狭く成るし、ISO感度も既に800にしているし。う~ん、ISO1600でもいけるのかな。1600は全然使っていないんで、今度テストだなぁ。

金魚を近接で撮るためのマクロレンズですが、50mmマクロだと画角が既に有るレンズと同じということで、ここは90mmだな、ということに固まって来ました。まぁ、金魚だけではなく、これから春になり、花が咲きますからね。タムロンSPAF90mm。ミノルタの100mmマクロもいいかと思いましたけどタムロンで。中古の172Eか、新品272Eかで、今度は迷ってます。見た目も違うし、レンズのコーティングも違う。古い50mmF1.4では、反射で結構苦戦しますから、デジタル向けコーティングはやはり有った方がいいかなと。まぁ、まだ買わないかもしれませんけど。
2009-02-03 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

えやとん

Author:えやとん
水彩画とカメラを趣味とします都内在住の私。このブログは、HP内に貼り付けている、らんちゅう育成日記です。

カウンター

ブログ内検索

管理用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。